<   2012年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

11月28日 教習所物語 なんぁだ、営業口かぁ

教習所通いも1か月経過です。
小型自動二輪免許を取るべく、仕事が休みだと通っていました。

今日は、第2段階シュミレーションの時間です。
技能教習はすべて終わったので、このシュミレーションの時間が終われば「みきわめ」そして「卒業検定」です。
さてさて、難関が残っていますね。

この間のシュミレーションは私一人の個人授業状態だったのですが、今日は若いお兄さんと3人の授業でした。
お兄さん方は、勿論大型免許それもマニュアル車の教習を受けているようです。
カッコいいわねぇ~

その間に入って、小型125ccそれもオートマ限定のσ(^_^)
ははは、何かいっしょに授業するの恥ずかしいわさ。

シュミレーションで運転しているのに、お兄さん飛ばしています。
あれが普通なんだろうか?
あたしなんざ、いつもの原付の方が飛ばしてるって感じ。
(あ、いえいえ、30キロ以上は出していませんよ、原付ですから)

路上教習が出来ないからと、シュミレーションで危険回避の体験をするらしいです。
「ぶつかっていいですから」と言われて教習開始です。
お兄さん、す、すごい・・・あのスピードで、あのトラックの脇をすり抜けますかぁ~
対向車をよけて、右折しようとしたら後ろから来たバイクと衝突。
まるで、ゲームをしているようでした。

3人がそれぞれ体験した(運転した)ルートを再生して話し合います。
「ここでは、あの対向車はどうして右折しようとしたんでしょうか、どう思いますか?」と教官。
「右に曲がりたかったからじゃないですか?」と真面目な顔のお兄さん。
ふふふ、若者って素直だねぇ。

どんな時が危ないか、次にどんな場面が待ち受けているか・・・
そうですよね、シュミレーションじゃなかったら、怖くて練習できませんよね。
たらたら運転でどうやら無事に到着してしまった私、まるでいつも真面目みたいに見えますよ。

この間の技能教習でS字バランスや小回り8字の練習をしたとき、教官に言われました。
「MIKANさんは流石原付を乗ってらっしゃるから、バランスがいいですよ」と言われました。
そうなんだぁ・・・と鼻を膨らませていたらさらに「大型二輪免許を取得してみたらどうですか」と言われました。
「いやぁ、私には125ccだっていっぱいいっぱいですから」と半ばマジな、ちょっと謙遜を言ってみました。
「いいえ、MIKANさんなら取れますよ」と言われ、少々『そうかなぁ・・・』と思っていた今日この頃でした。

その今日、シュミレーション教習が終わった最後に、また前回とは異なる教官に言われました。
「MIKANさんは、125ccの上のバイクが乗れると思いますよ、取ってみたらどうですか?」と。

あらら。。。2回ほど。。。同じ事を異なる教官に言われると。。。。
そろそろ終了の教習生に営業しているのかぁ?と思ってきてしまいました。

いえ、もしかしたら、σ(^_^)限定の『もっと教習やらないか営業命令』が出ているんじゃないでしょうか?
あのMIKANならおだてりゃのりそうだし、大型は大変だから教習時間がかかりそうだし・・なんて?
まさかねぇ・・・

MIKANさん、あの若者たちのように素直になりましょうよ。
本当に先生方が褒めてくださってるのかもしれませんよ。・・・・・・???←まだ斜めに見てるの?
[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-28 23:08 | 今日のデキゴト

11月27日 ペコちゃんのチロルチョコ

d0012611_21484454.jpg

どう見ても『ペコちゃん』ですよね。

『ピコちゃん』とか『プコちゃん』とかじゃないですよね。

勿論、『ポコちゃん』じゃないのは分かります。


どう見ても『チロルチョコ』ですよね。

不二家とチロルが企業合併したとか・・・なんて話は聞いていませんよね。

吸収合併・・・チロルだけに、九州合併とか・・・?な、わきゃ、ないですよね。


・・・と言うことは、コラボですか。

チロルチョコが作った『ミルキーの味』。

「不二家のチロルチョコ」なのか、「チロルチョコのミルキー」なのか・・・

チナミニ、ペコちゃんは昭和25年生まれなんですよ。

MIKANより年上だぁ~

ペコちゃんは不滅です。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-27 21:48 | MIKANの部屋

11月26日 『腹16分目』で美容院に行く

会社で仕事をすると普通は休憩(昼休み)をとります。
これは、6時間以上働く人は1時間の休憩をとらなければならない決まりだからです。
10時間以上働いた日には、1時間の休憩の他に30分の休憩をとらなければならないとか。
こんな、変則の勤務が組まれる我が社は、皆シフトがバラバラでなんですよ。
今日のMIKANの勤務は6;30~15:30、微妙に6時間勤務でした。
1時間の休憩をいれてもいいし、6時間までなら休憩なしでもOKだとかで、今日はいっそ休憩なしにしてみました。

休憩なしにしてみたものの、午後3時半までって長いですね。
もう既に午前中から「お腹すいたぁ~」の連続。
友達が見かねて、自分の休憩時に「満足」と言う名のチョコレートを買ってきてくれました。
しかし、それも焼け石に水(?)。
あっと言う間に平らげて、また「お腹すいたぁ~」の独唱状態。
こうして、長い6時間が経過しました。

15:30で退社したのは、今日は美容院に行くつもりだったのです。
4時までにお店に入らなければ、縮毛強制が出来ないと言われたからでした。
と言ってもこのままじゃ、私は「死ぬ」と思ったので、とりあえず美容院に行ってから、
「前の喫茶店で10分位で何か食べてきてもいい?」と断って、ちょいとお腹を満たしに行きました。
しかし、空腹の時間が長いと、(写真のような)こんなモノスゴイことになるのです。
d0012611_2237215.jpg

スパゲティも電子レンジでチンするんだろうから、ちょっとしかないさ・・・・とか。
ピザトーストも薄いパンで作った軽めなんだろうね・・・・・とか。
勝手に思い込んだものだから、「スパゲティナポリタンとピザトーストセットください」と言うことになったのです。

写真の向こう側には誰もいませんよ、一人分のオーダーです。
持ってこられた料理が・・・・・
ナポリタンも大盛りだしぃ~、ピザトーストは厚切りだしぃ~。
やっちまいました。

8分目と8分目として計算しても、16分目は腹に入りましたよ。
・・・って、完食かい?

このまま美容院に行くのですもの・・・そりゃ、爆睡しかないでしょう。
最初から最後まで、夢見心地でした。
美容師さん、ごめんなさい。
d0012611_22462243.jpg

目が覚めて、美しいMIKANが出来上がった時、気がつきました。
美容院のミラーは、クリスマスバージョンになっていたのです。

そんな季節なんですねぇ~
[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-26 22:19 | 今日のデキゴト

11月25日 ドコモは客の話も聞かない

海浜幕張の駅前に大きな男の子のお店があったので、そこでお昼をとりました。
家の近くには店舗がないので、噂で聞いていたこの男の子のお店に入ったのは初めてでした。
ハンバーグが美味しいんですね。
サラダバーにスープバーに、カレーバーにドリンクバー。
色々付いていてお得感がありますが、結局美味しかったなぁ・・と思ったのは、ハンバーグと白いご飯を口に入れていた時でした。
色々なサービスって、どれもいらない感じ。
美味しいメイン料理にライスで充分満足できるお味です。
では、私のいただいたハンバーグの写真を。
d0012611_22144618.jpg

大きなハンバーグでしょう?

今日は、ドコモの携帯を解約してきました。
ドコモ時代2個の携帯を使っていたのですが、1つはiphoneを買ったと同時に解約し、もう一つはこの11月が契約月だったのでここまで残しておきました。
iphoneと両方使おうかなぁ・・とも思ったのですが、久々に携帯を今日引っ張り出してみたら電源すら落ちている。
これではもうドコモ携帯を使いそうにないので、最後の1台も解約することにしました。

「お客様、参考に解約の理由をお聞かせください」とお姉さんに言われ、また前と同じことを言いましたよ。
「私の名前宛に、選ばれたお客様と言う書き出しで『らくらくフォンにしませんか』と言うダイレクトメールが送られてきたからです。私、そんな歳じゃないしぃ。一番はこちらの個人情報を自分の会社の宣伝に利用する、簡単にダイレクトメールを送ってくる。こんな手法のドコモさんが急に嫌になりました。それが理由です」
聞かなきゃいいのにねぇ・・・理由なんて。
理由を言わすのも一種の脅しかしらねぇ・・・・

久々に、携帯を1個しか持っていないσ(^_^)。
しかし使ってますよ、24時間。
眠っている間も手に握っているって・・・・これはこれで・・・どうなんでしょうか?
MIKANにiphoneは、今や、子供に玩具みたいな関係になっています。
らくらくフォンじゃ、こうはいかないっ!

そうそう、家に帰ってから契約解除の書類を見たら私が言ってもいないことが書かれていましたよ。
d0012611_22525361.jpg

【その他】廃棄依頼移動機無し
(お姉さん、これは3回も聞いていた。「処分なさいますか?」と。3回とも「持ち帰ります」と答えました)

【その他】解約後のお知らせ許可有 ご案内方法 ダイレクトメール
(これは一度も聞かれていない。聞かれてもいないし答えてもいないのに『許可有』ってなんなんだろう?)

★それどころか私の解除理由を説明したよね、ドコモのダイレクトメールが気に入らないって!!!
[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-25 22:45 | 今日のデキゴト

11月24日 教習所物語 主婦はいないがお年寄りはいる

珍しくこの3連休を世間並に休んでいるMIKANです。
いつもなら家で寝ているところですが、行かねばならない場所が出来てしまったため、今日も出かけて行きました。

教習所通いもそろそろ1か月になろうとしています。
ふと気がついたのですが、ここの教習所って、高校生と大学生ばっかりなんですよ。
高校3年になれば、免許を取れるし、学生のうちに取ってしまえば後から楽ですものね。

私は仕事柄、基本土日祭日が休みなのですが、平日の休みも案外多く取れるのです。
平日の昼間教習所に通えば、てっきり主婦の方がいるものだと思っていたのですけれど・・・
この1か月、まったく主婦らしき、若い女性も、そこそこ中年の女性も、全くお目にかかりません。
学科教習もあるのですから、主婦がいるかどうか、そろそろ分かってきましたよ。

ここの教習所は、高校生と大学生とMIKANだけだ!

そして、125ccバイクを習っているのも・・・MIKANだけだ!
ははは、バイクを習っている男の子達はもっと大型にチャレンジしているしぃ~
ま、それはいいとして・・・

主婦の方々が皆が皆、若いうちに免許を取ってしまってるとも思えないし。
会社の近くにもの教習所がるのですが、そこから朝、毎日のように大量の仮免練習車が出てきます。
そしてその車の中を覗くと、運転席は主婦の人ばかりですよ。
主婦がいっぱいいる教習所もあるのに・・・

平日すら、主婦層がいないって、どんな教習所なんだろうか?
口コミで嫌がられているの?
なんだか、ちょっと不安になってきました。

だから、学科教習はまるで学校状態。
きゃぴきゃぴのミニスカート女子高校生はいるし。
先輩後輩の上下関係がはっきりしている男子高校生と卒業生先輩の会話は飛び交うし。
やっぱ、私だけ異質だよねぇ~

と思っていたら、今日は大量の老人軍団がいました。
そう今は、高齢者(70歳以上)の免許書き換えには、教習所で講習を受けなければならないそうです。

教官曰く、「高齢者教習の車がコースを走る時は、君たちが気をつけて」だそうです。
一時停止は止まらない、信号は守らない、他の車の前に斜めに急に飛び出していく・・・
そんな、運転が当たり前なのが高齢者だそうです。
教わりに来ているのではなく、どちらかと言えば高齢者の方がえばっていて言うことを聞かないとか。
怖いですねぇ。

どおりで、路上でも老人の運転は怖いですよ。
原付で走っている私の前に、急に車線変更をしてくるオジイサン。
普通は私のバイクも速度を変えずに走れるくらいの余裕を持ってで車線変更をしてくれる車がほとんどですよね。
しかし、オジイサンとなると、私のバイクを止めさせて私の前に突然入ってくるんですよ。
まるで車が横に動くと思っているかのように。
ウインカーも出さずに、行動も突然だしね。

「君たちの方が、よっぽど運転が上手、40年50年運転しているって言ってもねぇ・・」
「高齢者教習の車に同乗するのが怖い」と教官に言わしめてしまうほどの老人モンスター。
教官がビビるほどの高齢者教習の実態を知りました。

高齢者・・・恐るべし・・・・です。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-24 22:48 | 今日のデキゴト

11月24日 千葉県北西部で地震

この数日、ここ千葉では震度3の地震が続いています。

そして今日、夕方驚きましたねぇ。

下から突き上げるような大きな地震がやってきました。

**********千葉県北西部震源の地震、東京などで震度4**********

 24日午後5時59分頃、千葉県北西部を震源とする地震があり、東京都千代田区や新宿区、渋谷区、横浜市などで震度4を観測した。
 気象庁によると、震源の深さは約80キロ、マグニチュードは4・9と推定される。
JR各社によると、地震の影響で東海道新幹線の東京―小田原間や、東北、上越、長野新幹線の東京―大宮間が一時運転を見合わせたが、午後6時10分までに運転を再開した。山手線も安全確認で約20分間、運転を見合わせた結果、約2万人に影響が出た。

 その他の主な各地の震度は次の通り。
 ▽震度4 東京都中央区、世田谷区、足立区、練馬区、町田市、神奈川県川崎市、相模原市、大和市
 ▽震度3 千葉市、さいたま市、水戸市、栃木県佐野市

                     **********2012年11月24日20時09分 読売新聞**********


大きかったですよ、教習所の2階にいたのですが、教習所がつぶれるかと思いました。(あ、そういう意味じゃなくて)

大きな音がして何かが落っこちたような・・・・

縦揺れの割に長くかんじましたよ。

え、上のニュース、おかしくないですか?千葉県北西部地震なんですよねぇ?

千葉県北西部地震と言うのに、千葉市は震度3?

震度4は、東京都に神奈川県って・・・

千葉市の震度計って、感度悪いんじゃないのぉ~?壊れているんじゃないのぉ~?

そうツッコミたくなる強い揺れでした。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-24 22:13 | 今日のデキゴト

11月23日 教習所物語 小型二輪技能教習は今日も大雨

朝から雨が降っていた。
「午後から技能教習があるんだけどなぁ」恨めし気に空を見上げた。
どんよりした厚い雲が、雨合羽を持って行くようにと促していた。

昼頃少し雨が上がった合間に、教習所へ向かった。
「この合間に教習が終わってしまえばいいのだけれど」
願えば願うほど天はそうは甘くないとつぶやいていた。

プロテクターをつけて、さて授業開始かと思った途端に、天から威勢よく落ちてきた。
配車カードを見ると、先日の大雨の時の教官の名前が印字されている。
「あらら、この間の教官だわ。また雨の教習だと、嫌がられるだろうなぁ」
思わず自分の採点に響かないかと、セコイことを考えてしまった。

教官がやってきたら、雨脚は一層強くなってきた。

案の定、私の顔を見るなり、「今日も雨ですね」と言った。
心の中で、『あたしが降らしてる訳じゃないんだから…』と思ったが、これから教習が始まるのだからと、つい
「雨の中を申し訳ありません。よろしくお願いします」とセコイお調子口を発してしまった。

「今日は危険予知と回避ね、僕の後ろについて来て」
いきなり雨に濡れた砂利の中に突っ込んで行った。
危険予知どころか、危険に突っ込んでんじゃん・・・・
バイクのタイヤが空回りして全く進まない。
いや、進まないどころか、なんだかだんだんのめり込んでいくようだ。

足を付きながらやっと通り抜けた後ろで、教官が砂利に滑って横に乗り上げていた。
見て見ぬふりをする方がいいのか・・・と思うより先に振り返ってしまったσ(^_^)。
「ま、実際にはこういう危ない砂利道は通らない方がいいよね」と教官。
・・・って、オチかい?

それから、小回りの8の字。
円2つの内側を使って8の字に走る。
小回りすると言うことは、随分と難しいと分かった。
最初出来が悪くて、パイロンを倒してしまったから・・・
そこから8の字延々走行が始まった。

1回。2回・・・・10回・・・・足もつかずにパイロンも倒さずに回ることができた。
しかし、お許しが出ない。
『こいつぁ、ちょっとでもドジると回数が増えそうだなぁ』そう思いながら続けた。
数えるのではなかったと、後で反省をした。
15回・・・19回、20回・・・25回・・・・
『えぇ?まだぁ?まるで猿回しだなぁ・・』とも言えず。
27回、28回・・・29回・・・・30回・・・連続・・・・
「はい、じゃ、一周走ってきて」
わぉ~、連続できたのだから少しゃ褒めてくれても・・・(甘いか)

コースを順番通りに走って直線コースに出た時だった。
教官がバイクを急に接近させて寄ってきた。
『わぉ~』思わず急停車。
何も言わずに去っていく教官。
なんだ?なんだ?危険予知と回避・・・って、実践かよ?

手招きをされて一度バイク置き場へ戻る。
そこで教本を見ながら交差点での危険を説明された。
「右折車の脇をすり抜けたバイクが対向車とぶつかった時、どっちが悪いと思う?」
「バイクでしょう」
「そうなんだよね、本来は左の車が優先だけど、すり抜けたバイクに過失があるんだ」
交差点での色々な説明をしてくれた後、思わず教官が言った。
「間違いちゃったよ、今日は砂利道の訓練はしなくて良かったんだった」

『遊んでんのかぁ~~い』と言いたいところ「難しかったです」と私。
ああ、ストレスたまるわ。

天は嬉しそうに大粒の雨を盛んに落としてくれている。
それを見上げて、やっぱり教官が言った。
「雨女ですね」
「・・・・」
そりゃ、あなたに教えていただく教習は2回とも大雨だったけど・・・
「僕は晴れ男なんですよ」だって。

「僕は、もうギブアップだから、残り時間走ってきてください」
嬉しいじゃないか、雨の中走ってやろうじゃないか、雨女なんだろうからねぇ。

教習が終わって事務所カウンターに次の予約を取りに行った。
事務の女性に「今、〇〇教官に雨女って言われましたよ」と思わずブー垂れてみた。
すると女性は「〇〇さんに、雨男って言ってやればいいのよ」と返してきた。
「そうね、2度とも雨って、どっちが雨男か雨女か分からないわよね」と私。
「私は晴れ女なんですよ」と、聞いてもないのに事務の女性が言った。
「へぇ~」としか言えなかった。

だって、事務所には他にも事務員さんが沢山いるのに・・・
『この間の予約も、今日の予約も、両方とも時間を決めたのは貴女じゃないのぉ。お姉さん、本当は貴女が雨女なんじゃないのぉ~?』
とは、言えなかったからである。
d0012611_2346667.jpg

ま、温かいコーヒーでも如何?
[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-23 23:38 | 今日のデキゴト

11月22日 『実験刑事トトリ』をレギュラー番組にして欲しい

久々に次回が楽しみなドラマを見つけた。

NHK『実験刑事トトリ』である。

だが、折角見つけたのにたった5話で終わりだと言う。

あの三上博史と高橋光臣のコンビは、民放の有名処刑事コンビに引けを取らない最高の"相棒"だと思うのだが。

5話で終わりにするには、あまりにもいい出来のドラマである。

NHKなのだから、ワンクールと言わず半年、いや、1年連続ドラマに仕立てて欲しいぞ。

高橋光臣の先輩刑事が、年上の三上博史演じる後輩刑事の教育担当。

教育しているはずの先輩が後輩に刺激を受けて自分自身も少しずつ成長している。

「梅ちゃん先生」で変り者松岡を演じた高橋光臣が、普通の人間役にもどった様でいてそうでもない。

先輩刑事の醸し出す少しずれている鈍感さが、どこか松岡を思い出させてくれて面白い。

普通の人間だが、ただの凡人とは言い難い、磨けば光る何かを秘めているような期待すらしてしまうのは、私が高橋光臣のファンになりかけているからかな。

完全犯罪を見事に見抜く三上博史も、松岡以上の変り者に描かれている割には、その芯にあるものは情だったり心のキビを見抜く目だったりと、案外常識人に見えるのは私だけなんだろうか。

そうそう、カーネーションであまりにも芝居が下手だよねぇ・・と思ってしまった夏木マリがゲストで登場していた回があった。

見出した途端思わず思った「こうじゃなきゃいけない、これこそ夏木マリだ」と。

夏木マリが光る素敵な芝居をしていたよ。

結局、「カーネーション」では女優夏木マリを使いこなせなかったのだと再び納得した。

『実験刑事トトリ』は久々のNHKヒット作となりそうだ。(視聴率の話ではなく、作品の出来としてね)

どの回も完全犯罪を見抜くトトリのあの小気味よさ。

先輩刑事とのやり取りがコミカルでそれでいてウエットで。

1話ごと、見終ると実に満足感が得られるドラマ作りは、それこそ完全犯罪としか言いようがない。

「いいねぇ」と言われる内に終わりたいと思うのだろうが、「高橋光臣を使える役者にする」という"実験放送"も成功していそうだから、せめて新春あたりからレギュラー化してくれないかね?

あ、「栗山千明を目立つ役者にする」という"実験放送"も兼ねていたみたいだけど・・・・

こっちは、「あさイチ」で言われなければ分からなかった。

テレビinテレビの中で、扮装して歌っている可愛い子が栗山千明だと言うことが。

警察署内の婦人警官役にしなかったところが、これまた凝った"実験放送"だったのだね。
d0012611_22105118.jpg

このパスタも実験なのかな?

栗ときのこのクリームパスタ。秋の素材で美味しそうだけど・・・・

パスタ全体が甘いのよ。

栗の甘露煮使ってないかぁ?
[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-22 23:15 | 週刊テレビ批評

11月20日 教習所物語 ゲームセンターじゃないのよ

小型自動二輪の教習は、路上に出ることがない。

そりゃそうだ、後ろに教官を乗せて走ることもできないしね。

教習所内のコースで技能講習を受けるが、それでは路上の実際の怖さが分からないから・・・と。

シュミレーション教習が用意されています。

「なぁ~んだ、ゲームセンターみたいじゃん」なんて高を括っていたら・・・これが案外怖いのよ。

最初の時間は、・・・悪夢だった。

ものすごい力を入れてもバイクが動かない、ハンドルが重かった。

その割にはバイクが左右にクルクル回って・・・すぐに画面で転倒してしまう。

あの有名なフレンドパークの出前デリゲームみたいに自分が転びそうで・・・怖かったぁ。

どう考えていても機械が壊れていたとしか思えないほど、酷い運転でした。

おかしいなぁと仰って、教官が一度乗ってみたのです。そうしたら、転倒したのよねぇ・・・

と言うことで、教官が一度システムの電源を切って入れ直していました。

その後はまぁまぁスムーズに動かせるようになりましたけど。

そうそう、あのシュミレーションの画面を一度落として立ち上げ直したとき、一瞬だけど画面に映し出されたのは「windows」の文字。

そうなんだぁ、あのシュミレーションもパソコンソフト1つで映し出されていたのは大型画面だったんですね。

Windowsのバージョンいくつなんだろうか。

2回目のシュミレーションは、ものすごく慎重に運転しました。

ここで、一時停止、止まるんだよねぇ・・・・

おっと、消防署の前の斜めの白線には入ってはいけないよねぇ・・・・それには引っかからないぞ。

あの女の子は道路を横断しそうだ・・・徐行しておこう・・・

とか、路上運転、仮免運転が出来ないバイク用の練習シュミレーションでした。

雨の日のマンホールは滑るよ・・・なんて、今更教わらなくとも。

この前の実技教習の日は大雨でしたもの、一本橋は滑りましたよぉ~(でも落ちてはいない)

しかし、このシュミレーションの時間が案外楽しくて・・・また乗りたいなぁ。

ゲーセンにハマる子供みたいです。

ははは、教官に聞かれたら叱られそうですね。

d0012611_22483394.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-20 22:33 | 今日のデキゴト

11月18日 教習所物語 応急救護は大変

今朝も1時限目のの9時には教習所にいた。

会社にだってそんなに早く行かないのに・・・

朝から3時間の「応急救護処置教習」が入っている。

事故があった時に居合わせたら、救急車がやってくるまで応急処置をしようと言う練習だ。

心肺蘇生法と人工呼吸、AEDの使い方を習った。

ダミー人形を使っての練習だが、なかなかうまくはいかないものだ。

「肋骨は折れても仕方がないです。力を込めて胸を押してください」

人形だから言えるのよねぇ・・・と心の声が聞こえたか・・・

「今度は本当の人間で試してみましょう。流石に心肺蘇生法はできないですから、声掛けをして意識確認と気道確保の練習を。すごく難しいですよ」と先生。

先生の言われる通り、怪我人役の生徒が横になって、その人の気道確保をしてみるのだが・・・・

頭を持ち上げて顎を引くだけが、なかなか難しい。

頭って思っているよりも重いのねぇ。

その時、男の子のペアから声がした「痛ぇ」。

気道確保で人形のように扱われ、頭のてっぺんを床にゴリっとすられたようである。

目の前の人間の胸を押して心肺蘇生をすると考えるととても勇気がいることである。

実際には、血が出ていたりと悲惨な状況下にあるだろうし・・・

本当の場面では手が出せそうもない・・・それを痛感した3時間だった。

9時に始まった学科教習は、夕方6時にやっと終わり。

まるで会社にいる日みたいだった。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-11-19 00:14