<   2012年 06月 ( 50 )   > この月の画像一覧

6月30日  USBメモリーを2度さし直すのは私だけじゃなかったのね

**********さようなら、あのイライラ...「表裏を気にせず挿せるUSBメモリー」が発売**********

なぜこれほどにときめいてしまうのか!
USBメモリーの「あるある」といえば、挿す方向を間違えてしまい、なかなかコネクタに入らないこと。ひっくり返してもなぜか入らなかったり、ついにはどちらが正しいかわからなくなってしまったり...挿しにくいところにコネクタがある場合など、イライラ指数はうなぎのぼり。
ついにそんな悩みを葬り去るガジェットが登場しましたのでご紹介します。バッファローが発表した表裏を気にせず使えるUSBコネクターを採用の「どっちもUSBメモリー」こと「RUF2-KR」シリーズです。
ヒミツはこの差込口。通常、接触部分は片側が樹脂で埋められているものですが、RUF2-KRシリーズはその部分の間隔を上下均等にしたことで、表裏どちらでもコネクタ部分に合うのだとか。
容量は4GB、8GB、16GB、32GBの4種類。ホワイト、ブラックの2色があり、計8商品のラインアップとなっています。OSはWindows、Macともに対応。プレスリリースによると発売は7月中旬となっていますが、Amazonの発売予定日は7月14日となっていました。予約注文も可能です。
また、価格は4GBで980円、8GBで1479円(どちらもAmazon調べ・2012年6月28日現在)と、同容量のUSBメモリーと照らし合わせるとやや割高な印象はありますが、何よりもこの機能性にこそお金を払うに見合う価値があるといえるでしょう。

                         **********2012年6月28日  exciteニュース**********


私だけの特技だと思っていました。

USBメモリーを差し込むと、絶対に一度では入らないこと。

裏返してみたりしますよぉ~

最初から確認すればいいのに、「そうよ、この合わせ目が下よ」とかね。

一度失敗してから、メモリーの口を途中で見るんですよ。

それでも合わないとそのうち力づくで入れようとする・・・・そりゃ、ムリだって。

そこに朗報ですか、いいですねぇ、「裏表を気にしないでいい」とは。

980円や1479円なら安い方ですよね・・・買っちゃおうかなぁ~

USBメモリーだけでなく、USB差し込み用の色々な外付け配線も裏表なしにしてくださいな。

会社のPCなんて差込口が確認しにくい所にあるのよ~、ハブもないしねぇ。

d0012611_21525267.gif←あ、これはハブではありません。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-30 21:51 | 今日のデキゴト

6月30日  お腹が空いたのでちょっくら休憩

今日はお出かけをしました。
いつも寄る、この煉瓦のお店でお寿司を食べることにしました。
d0012611_21124731.jpg

カウンターには誰も座っていません。
独り占めだねぇ~
「先ずは、小肌」
d0012611_21133225.jpg

「鯵と鰯も美味しそう」
d0012611_21171885.jpg

「赤貝の紐ありますか?じゃ、それとゲソね。タレつけて」
d0012611_2128094.jpg

「マグロの中トロと、平目の縁側」
「おすすめは何ですか?・・・じゃ、その甘海老と生蛸」
d0012611_2120725.jpg

「マグロの大トロと、美味しかったから平目の縁側お願い」
d0012611_2121837.jpg

「中トロも脂のってますね。この大トロはまた味がいい」
・・・・中略・・・・     ←え?中略なの?
「最後に〆のイクラとウニの軍艦」
d0012611_21215923.jpg

「食べた、食べたぁ」

そうそう、食べすぎです・・・食べすぎだから場所を変えて千疋屋へ。
デザートをいただきました。
d0012611_21234344.jpg

鼻の穴の下に水平チョップの右手を置いて・・・・たくさん食べすぎて、ここまでいっぱいです。
ストレス溜まっていませんかぁ?

ごちそうさまでした( ^^) _旦~~
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-30 21:25 | 食いしん坊!乾杯!

6月30日  大学病院の整形外科に冷たい仕打ち

これだけ足の痛みが長引いたりするのは、何か変?

もしや、何か重大な疾病が隠れているのでは・・・と心配になってきました。

家の近くの整形外科にはかかっていますが、もう一度事故当時から鎖骨骨折の治るまで1年半診てもらった大学病院の整形外科で検査をしてもらおうと、そして内科的にも調べてもらおうと出かけて行きました。

ところがです。

大学病院の整形外科に、「完全予約制になったから診察はできない」と門前払いを食らいました。

1回でも予約がなくなったら、初診扱いだそうです。

他の病院の「紹介状を持ってこい」だって。

「この大学病院で最初に診てもらった同じ疾患なんですよ。分かってるだろうからもう一度診てください」って言ってるのに・・・・、新たな他の怪我を診てくれと言ってるのじゃないのに・・・なんか変なのぉ~?

家の近くの病院で紹介状を書いてくれとは言えませんよ。

「アナタの診たてじゃ心もとないから大学病院に行きたいんですよねぇ~」と言ってるようで。

なんだよぉ~、大学病院って医者が病人を拒否して帰すんだよねぇ。

この病院の整形のお医者さん、仕事したくないんじゃないのぉ~?




同じ病院内の内科では診察してもらえました。

足が腫れてむくんで痛いのは、どこか内臓に隠れた問題があるのではないかと心配にもなったからです。

それを診てもらうと・・・

血液検査と尿検査と先生の触診をやってもらって、「内科的には何の問題もないですよ」との回答でした。

腎臓的にも、泌尿器科的にも、糖尿病的にも、心臓疾患的にも、肝臓的にも、血液検査でも肝臓も、糖尿も、コレステロールも、白血球的にも、赤血球的にも、値は全て大丈夫だそうです。

どこか内臓が炎症を持っている結果ではないとのことです。

そこで内科の先生に、整形外科への「紹介状を書いてくれませんか」とお願いしてみました。

すると快く書いてくださいましたよ。

内容は、「内科的には何の問題もないので、この足の痛みは整形外科範疇のものと思われる」と。

そして、パソコン通信で「診てやってください」とお願いもしてくれました。

親切ですよねぇ。


それを持って、整形外科にもう一度行きましたよ・・・そうしたら・・・「ダメだったら、ダメ」だって。

もう一度出直してこいとのことでした。

そうじゃなくたって、こっちっとら、モルモット覚悟で行っているのに・・・・(サオリと言う名じゃないけれど)

きっと、外科も整形外科を選ぶお医者さんは、性格が"ドライ"なんですね。

「ま、ここに来る患者はすぐには死にゃしないだろう」って思ってるんでしょうね。

「患者の痛みは僕には感じないし」・・・ってか?

はいはい、勉強になりました、先生。

政治家や有名人、あなたの大学有名OBが来ても絶対に同じ扱いをするんでしょうねぇ・・・・ね、先生?
d0012611_20472544.jpg

大学病院正面入り口のたいさんぼくの木です。
長いですねぇ、ここでこの花を見るのも・・・
MIKANはこの大学病院に、生まれた時から通っているのです。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-30 20:35 | 今日のデキゴト

6月29日  気分が高揚する『リーガルハイ』

『はつ恋』が”大人のドラマ”で嬉しいといったその口が渇かない間に、『リーガルハイ』は面白かったと書く私か。

どう甘く見ても『リーガルハイ』は大人のドラマとは言い難い。

しいて言えば”子供じみた大人のドラマ”だ。

子供じみた大人のMIKANがピッタリはまるドラマと言うことだ。

ランナーズハイは経験したことがないし、法律の仕事はましてだが、弁護をしている自分に酔っている状態をも含めて『ハイ』と表現したのは面白い題名だったと思う。

堺雅人を初めとして、朝ドラ主人公気質の新垣結衣に至るまで『ハイ』なのである。

まぁ、最初に生瀬勝久の顔が見えた段階で、こりゃ中途半端な喜劇じゃないとは思ったけれど・・・・

サナエさん⇒サオリさんの死で復讐劇にまでなった生瀬と堺。

お~い、最後のオチは、これかい?  サナエさん⇒サオリさんの瞳が美しすぎるだろっ!

   ※ちまきママさんのご指摘により、訂正。「サナエさん」ではなく「サオリさん」です。

最初の数話は、案外リアルで重い弁護士ドラマな気もしたが・・・犬神家モドキあたりから面白演出が濃くなってきたね。

洋画のパロディ版のように、過去のドラマを知っていなければ笑えない場面も多々あって、若い視聴者に理解させるのには辛いものがあるのではないだろか。

若い視聴者だけに媚びないとこも痛快だが。(失礼)

最終話。
1年後と言う設定ながら、堺雅人と新垣結衣の会話は「夢のシーンなのか?」と思うほど、じれったかった時間だった。

皮膚の下がかゆい時のようで、その痒いところに手が届かないじれったさに視聴者をやきもきさせたのも、演出らしいが・・・・ああ、気持ち悪かった。

あのいつもの、「よくセリフを覚えたよねぇ」とか「よく2人の口喧嘩が丁々発止いくものだ」と感心させられるのがこのドラマの醍醐味である。

そのセリフバトルを含めて『ハイ』なんだろうけどね。


このドラマのもう一つの見どころはパロディである。

パロディと言えば、水戸黄門の助さん格さん達のご出演ヒットパレードが見ものだった。

大和田伸也、伊吹吾郎、横内正演、山田純大、東幹久・・・・と。

確か里見浩太朗だって、黄門様を演じる前は助さんだった気がするけどね。

そしてパロディだよ・・って分かるように音楽が「人生楽ありゃ苦もあるさぁ~」のイントロ部分が助さん格さん達が登場するときに流れる。

ご親切なのか、「分かってくれよ」と言うたたみかけなのか・・・

そうそう、里見浩太朗は結局・・・

里見浩太朗演じる服部が一体何者なんだと言う、不思議さを残して終わったのが気になる。

これは、もしや次シリーズがあるのかも。

私のそばにも1人、「これから火曜日の夜を何を楽しみに生きて行こう・・・」と嘆いていた人物がいた。

気分が高揚した『ハイ』な気持ちは、視聴者の心に残って煤ぶっているようだ・・・・
d0012611_1821852.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-29 17:24 | 週刊テレビ批評

6月28日  素麺はじめました

d0012611_11514964.jpg

素麺の季節になりました。

よく行く近くの和食ファミレスでもすっかり夏メニューに衣替えです。

鰻ご飯に牛肉素麺。

素麺はさっぱり何もトッピングがない方がいいのかも・・・なんて贅沢を言ってます。

夏の天ぷらにお刺身。

これで、ビールを飲まずに帰ってきたσ(^_^)でした。

まあ、珍しい。



これからが夏本番ですね。

暑さに負けずに頑張りましょう。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-28 11:51 | 食いしん坊!乾杯!

6月28日  隠語?

洋服を買ったら、こんな『タグ』がついていました。
d0012611_22335417.jpg

『ATTENTION』とあるから、「注意したまえ」と言うのだろうか。

カッコつけて、アテーションプリーズと昔のテレビドラマみたいな始まりのタグ。

新品の物は一応読みますよね。

だけど、今回のこの文章・・・・全く意味が分からないのですが?

「ファッション性を重視している」ってことは分かりますよ。

次の『杢調カラー』って何?

・・・モクチョウって読むのはわかるけど・・・家具色?

私が知らないだけなのでしょうか?それともアパレル業界用語?隠語?

そこまでは、実際に製品を手にしているのだから・・・「杢調カラーってこんな色なのね」と勝手に想像しましたが。

次がもっと分からない。『ネップ』ってなんでしょう?

『ネップが見られることがある』のだから、あんまりいい現象じゃなさそうです。

色ムラでしょうか?糸ヨレ?ヒキツリ…色々想像してしまいましたよ。

消費者に理解できないタグって意味があるのでしょうか?

そして、最後に『この下札は大切に保管して下さい」ってありますが・・・ムリっ!

商品から外してしまうのに、この下札(タグ)だけ取っておいてもどの洋服の分だか分からなくなっちゃうのが落ちです。

どういう考えでつけているのでしょう?

なんだか、どれも分からない用語だらけ。隠語の羅列だし、業界側の考えだけ押付けてる感じです。

大体、『下札』って・・・読めない!

『下げ札』って書いてよ。・・・サゲフダでしょう?

あたしゃ、アパレル業界の業界人じゃないんだからぁ~


  ※そうそう、JRの隠語で・・・
    「線路に人が立ち入りました」と言ったら酔っぱらいが落っこちたとか自殺志願者やじゃないそうです。
    これは、「痴漢」のことなんですって。
    隠語って奥深い(?)ですねぇ。
    あたしゃ、鉄道業界人でもありません。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-28 00:02 | 【童話】カラスの王様

6月27日  『はつ恋』・・・言葉はいつも心を表しているとは限らない

『はつ恋』・・・そう来ましたか・・・

展開が面白い。

スーパードクター恋人三島、伊原剛志が、懺悔にも似た16年前の自分の心を打ち明けた。

ドリ、木村佳乃もその時の自分の心を打ち明けようとする。

だが、心の底奥深くにある一部分を隠して・・・つい夫への感謝を口にしてしまう。

夫への気持ち、子供と3人の幸せを守りたい気持ちも嘘ではないのだろう。

しかし、そうは思いつつも三島の所に出向いてしまう緑。

離れるのが辛い緑の気持ちとその口から出る自分の言葉とのギャップ。

それを見ていて、涙する緑を救いたいがために、三島は別れることを決意する。


2人がバスを待つ背景の海辺も、語り合う山間のレストランも、すべて日本そのものの現実なのに・・・

恋する気持ちがパリの田舎を思わせるほどに美しく輝いていた。

こんな演出も・・・やってくれますねぇ・・・・・



携帯でも・・・

「出会った日から 君を想わなかった日は 1日もない。 さよなら 三島」

とメールを送ってくれた三島に対し、携帯を握りしめ振り切るのが辛い緑の思いなのに・・・

返した言葉は・・・

「ありがとう さよなら ドリ」

文字にすると冷たいよね、強い心の女性に見えるよね。

発してしまった言葉、書いた文字は現象として力強く前進してしまう。

本当の心は、裏腹なのに。強い思いを押し消しているのに・・・

ああ、過去の自分の思い出も重なって・・・・泣けてしまった私だった。




大竹まことの失語症患者は物語の伏線である。

今回は「言葉・・ダメだね。言葉・・ダメかね」とつないでる。

なんだか、ニクイ構成じゃないか。

再開から1年が経ち、今度は三島が失語症患者として緑の前に現れた。

・・・・そう来ましたか・・・・



昔の映画、『心の旅路』(この映画では恋人は記憶喪失だった)のような流れになってきた。

大人のドラマを得た気がして、今ちょっと嬉しいMIKANである。
d0012611_22251185.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-27 21:58 | 【童話】カラスの王様

6月26日  鞄を買いました

今日のこと、会社で「MIKANはいつもと同じバッグを持っていたから、昨日の写真持ってるわよ」と噂されたようです。

「残念でした、偶然に今日鞄を替えたのでしたぁ~。ところが、写真は持ってるけどね」

365日(今年はオリンピックイヤーだから366日か?)MIKANはバッグインバッグなので、何を持っているのか分からないのでしょうね。

つーか、バッグインバッグの中身も、ほとんど毎日同じですけど。



昨日の会社帰り、何の気なしに店を見ていて、バッグちゅうか、鞄ちゅうか・・そんなもんを買ったところだったのです。

「夏だから、これでいいやぁ・・・」と。

安い鞄を買っちまいました。
d0012611_212618.jpg

写真で見てもお分かりのように、

あらゆるところにファスナーがついている、あらゆるところにポケットがついているのです。

数えてみたら10個ほどのポケット。内側にはポケットインポケットもあります。

そんな、子供の時持っていた「何か所も開く多面式筆箱」みたいな感覚で・・・・嬉しくなって買ってしまいました。

夜寝る前にバッグの中身を入れ替えました。

「え~と、家の鍵はここでしょ」
「このポケットはsuica専用で」
「このポケットは携帯用に作られてるよね」
「隣は化粧品かな」
「会社の社員カードは一番手前がいいね」
「バイクのキーはここ」
「広いチャックにはもちろん財布」

秘密の場所に宝物を隠しているような・・・ワクワクする身支度です。

あまりに綺麗に納まって、MIKANのバッグとは思えません。

これで完璧・・・・そう思って1夜が明けました。


朝のことです。 さて会社にご出勤と、家の鍵を閉めようとしました。

あらら。。。もう、家の鍵がどこにあるのか分かりません。

このチャック、あのポケット・・・1つ1つ見ていくのに、全て当てが外れます。

「あれぇ~?こんなところに入れたっけ?」

今、全て見たはずなのに、またバイクのキーを端から探し始めるσ(^_^)。

なんなんでしょうか?自分で自分の性格を分かっていないようです。

いくら、突拍子もない性格してるからって、昨日の夜に考えた自分の考えが分からないなんてねぇ。

MIKANの思考回路はどうも直列配線されてはいないようですよ。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-26 21:02 | 今日のデキゴト

6月25日  MIKANは絶滅危惧種じゃありません    

**********ガラパゴスの「ひとりぼっちの」ゾウガメ死ぬ**********

 【リオデジャネイロ=浜砂雅一】南米エクアドル・ガラパゴス諸島のピンタ島で唯一生き残ったゾウガメとして知られる「ロンサム・ジョージ」(ひとりぼっちのジョージ)が24日早朝、サンタクルス島の保護施設内で死んでいるのが確認された。
 ガラパゴス国立公園局が同日、発表した。推定年齢約100歳のオスだった。同公園局は今後、死因などを調べる。
 ガラパゴス諸島には島ごとに異なるゾウガメの亜種がおり、ダーウィンが進化論を着想するヒントになった。ジョージは、亜種の一つピンタゾウガメの最後の1頭だった。子孫を残そうと1993年から近縁種との交配が試みられたが失敗。ジョージの死により、ピンタゾウガメは絶滅した。

                    ************2012年6月25日 読売新聞***********


日本の鴇みたいですね。

最後の雄1羽になって、日本の鴇が絶滅していったのを思い出します。

「ひとりぼっちのジョージ」・・・・映画のタイトルみたいにカッコいいけど、最後のひとりぼっちは寂しいです。

推定年齢100歳、100年生きたジョージはその100年をどう見てきたのでしょう。

ガラパゴス諸島から出ていないのだから、文明と接しているわけではないけど・・・

「今年の夏は異常に暑いなぁ」「昔の空の色と変わってきたなぁ」なんて100年の変化を色々感じて生きてきたのかな?

ピンタゾウガメはこれで絶滅だと言います。

こうやって、地球上の生命は新種が登場してみたり、長い年月で消えていく種があったりと、繰り返してきたのでしょうね。

長い地球の歴史の中には、現代の生物学者ですら知らない、一度生まれてひっそり繁栄して絶滅した種があるのかもしれません。

ピンタゾウガメ絶滅、これは自然淘汰?

弱い遺伝子は消えていくのでしょうか・・・・


私事で申し訳ありませんが・・・

私の祖父・祖母からするとMIKANは唯一の内孫でした。
(チナミニ、内孫とは・・・祖父母から見て「自分の息子の子供=自分と同じ苗字になる孫」)
(ハンシテ、外孫とは・・・祖父母からみて「自分の娘の子供=自分と異なる苗字になる孫」)

MIKANには子供がいないので、祖父祖母・父母・MIKANで遺伝子は途切れます。

MIKAN家の純粋種は私の死によって絶滅することになるのです。

これも自然淘汰なのでしょうか?

弱い遺伝子は消えていく・・・?

ははは・・・じょうだんじゃねぇ!この素晴らしい遺伝子を残してやらないんじゃ!

しかし、ふと思うこともあるんですよ。

しくじったなぁ、MIKANは男に生まれてくればよかったと。

男なら、きっとこの遺伝子・・・地球上のあらゆる所にいっぱいバラマイテいるだろうからねぇ~^m^


そうです。

「ひとりぼっちのジョージ」も雄でしたよ。

もしかして・・そのうち新種のピンタゾウガメが生れてくるかも・・・

地球上の長い歴史には、何が起こるか分からないですからねぇ。

     
   ※そうそう、余談だが・・・
    会うたびに人の顏を見ては
    「私は『種の保存』を実行したからねぇ、あんたたちは実行してないねぇ」と言い放つ友がいる。
    彼女にとってのジョークヒット作とみえる。
    毎回言われると、『あんたはそのためだけに生まれてきたのか?』と聞き返したくもなるのだが・・・
    ま、彼女にとってのこのジョークは、「あそこの空き地に囲いができたね」「へ~」の小話マクラみたいな挨拶らしい。
    ふと、そのジョークとやらを思い出した。
d0012611_2331986.jpg

写真は、ガラパゴス諸島で捕まえた「ピンタゾウガメ」です。・・・・なんてわきゃないですよね。
写真は、日本料理屋さんで写した「すっぽん」です。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-25 22:39 | 自然百景

6月24日  緊急時、救急隊員が泥棒だったら・・・

********** つい手が…救急隊員、駆けつけた家で3万円盗む**********
 救急出動した男性宅で現金を盗んだとして、京都府警下鴨署は24日、京都市左京消防署岩倉消防出張所の救急隊副隊長・向井嘉浩容疑者(51)(大阪市旭区)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。
 発表では、24日午前6過ぎ、同市左京区内の男性(85)が自宅で転倒して119番。同僚2人と男性宅に出動した向井容疑者は同6時30分頃、救急搬送する際、男性のかばんの中にあった財布から3万円を盗んだ疑い。向井容疑者は「金が見えたので、つい手が出た」と供述している。
男性の家族が様子を目撃し、転倒状況の確認に来ていた下鴨署員が逮捕した。
京都市消防局総務部の荒木俊晴部長は「事実関係を確認し、厳正に処分する」とコメントしている。
                         ***********2012年6月24日 読売新聞**********


救急隊員が泥棒だなんて誰も考えないですよね。

あきれた話です。それも副隊長じゃないですかぁ。

緊急時って、案外防犯に関しては盲点かもしれません。

みんな、現実に目の前に発生した病人、怪我人の様態の方がが優先になるからです。

2年前のことでした。
MIKANもバイク事故に遭ってしまって救急車に乗ったことがありました。
その時、バイクから投げ出されて車道に横たわった私は、全く動くことができませんでした。
勿論、救急車を呼んでくれた人、心配げに周りで見守る人、警察官、そして救急隊員の人、全ての人が私の体の無事を考えてくれていました。

すぐに救急車にのせられて私はどこかに連れて行かれるようです。
「名前を言えますか?」「どう言う具合にぶつかりましたか?」「頭を打ちましたか?」「気分は悪いですか?」・・・・遠くに「よかったね、意識はあるようだね」の見物人の声を交えても、全て私の体の心配の声ばかりでした。
今考えると優しいい嬉しい声ばかりなんです。

そう、見物人感想のように、意識があってよかったのですが。
こういう状況下、意識があっても自分の考えなんて通らないんです、ましてや意識のない状態だったら・・・

このシャワーのように浴びせかけられる質問に答えながら、私も質問し続けるのですが、怪我人は「言われるまま、されるままにしろ」とばかり・・・私の要求は1つも通らないのです。
警官が「車道にバイクが横たわってると危ないから歩道に避けるよ」と言ったのに対し、私は「バイクの座席や後ろの荷台は損傷しているのですか?」との質問には答えてくれません。
「バイクの座席開いていませんか?」
何度聞いても、警官他、答えてくれる人はいません。
それどころか、警官は事故の調査書をさっさと作ってしまえばそれでいい・・くらいで、自分の方の質問ばかりしてきます。
それを阻止して救急隊の人が「今は怪我が先です」とこちらは「血圧は?」「吐き気は?」心配の質問を迫ってきます。
どちらも仕事だし、救急隊員は私の体の心配で嬉しいんですけど・・・・私の主張も通してよぉ~。

警官が野次馬の後ろにバイクを置いたと聞いたので、「鍵は取ってくれたのですか?」と叫んでも無視。
だれも答えてくれません。
もう、皆の全ての質問に答えるのやめました。
「バイクの座席は壊れていませんか?」あらためてそれを3回怒鳴りました。
やっと警官が「座席は閉まってるよ」とやっと答えてくれました。
「鍵は取ってくれたのですか?」これも、聞いてくる質問を無視して言い続けたらやっと・・「ついてるよ」と。
「危ないじゃないですか鍵つけたままのバイクを歩道に置き去りにできますか」
「じゃぁ、後で鍵とっとくよ」
「今、ください。座席を開けて私のハンドバックを私に渡してください。そしてバイクハンドルロックと鍵をかけて私に鍵を手渡してください」
どれもこれも2、3回怒鳴るようにしてやっと答えてくれました。
救急車の中で動けない私。自分で出来れば歩いて行って全部自分でするって!

たぶん、可愛くない怪我人だっただろうけど、個人情報がいっぱい入った現金が少々入ったハンドバックをバイクに入れたまま、ご丁寧に鍵をつけて歩道に置かれてごらんなさいよ。
鍵がついていなくたって、ちょいと力のある悪い人はバイクごと持ってっちゃうっていうの。
意識があったから、可愛げのないMIKANだったから、バイクとハンドバックがなくなるのを阻止できたと思っています。
その時の私だって防犯対象は、見物人の後ろにいるかもしれない火事場泥棒を想像してのことでした。
流石に救急隊員さんには絶大の信頼をしていましたよ。
実際に救急隊員さんが一番親切に親身になってくれた方でしたからね。

盲点なんですよ。
救急隊員が来るような状況下では、病人、怪我人は、普通の1人の人間として扱ってもらえません。
既に、病院の救急処置室にいる患者の扱いになってしまうのです。
本当に自分の意識がもうろうとして、もうこの場の誰にでもと自分の体を託す状況になることもあるでしょう。

そんな時に、救急隊員すら信じられないなんてことになったら・・・
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-24 20:00