人気ブログランキング |

<   2012年 01月 ( 51 )   > この月の画像一覧

1月31日  会社の引き出しにビスコ入っていませんか?

***グリコ、今期の「ビスコ」出荷額が45億円に 80年目で過去最高**
 江崎グリコは31日、発売80年目を迎えた主力商品のクリームサンドビスケット「ビスコ」の出荷額が、2011年度に前年度比40%増の45億円と過去最高になる見通しだと発表した。
 ビスコは1933年2月に発売したロングセラー商品。健康を意識した小麦胚芽入りや食べきりミニパックを販売するなど、子どもに加えて若い女性やお年寄りにファンを広げてきた成果が出た。
 数年ぶりに流したテレビCMの効果や、防災意識の高まりで長期保存できる「ビスコ保存缶」の出荷額が10年度の7倍以上で推移していることも好調の要因。これまでの最高は08年度の約38億円だった。
*******************MSN 産経2012.1.31***


会社のデスクの引き出しにお菓子が入っている人、手を挙げて!!

女性の引き出しは、随分の確率で入っているんじゃないかしら?

え?MIKANと違うって?

そうかなぁ?うちの会社ではデスクの上にもたくさんのっかっていますよ。

同僚からお土産にもらった『郷土の菓子』に・・・
この時期からはずせない花粉症にも効く『のど飴』が数種類・・・
疲れた時には『癒しのチョコレート』・・・
お食事後の『歯磨きガム』に・・・

そして、朝食抜きの日の午前中と残業の夜に強い『われらがビスコ』なんですよ。

『ビスコ』を子供の時に食べなかった私。
会社に行くようになって、コンビにで時々買うようになりました。
グリコもさるもの。
小腹がすいた時用にと、『ビスコ』の小さいバージョンを売り出していたのです。

そんなこんなで、『飴』と『ビスコ』は大人ウケしている商品です。

震災もあったし、保存食としてももってこいなんでしょうね。
本来の子供の栄養菓子から、目的は離れていったのは確かだけれど。

『ビスコ』は永遠なんです。

by keshi-gomu | 2012-01-31 23:02 | 食いしん坊!乾杯!

1月30日  千葉県を愛する人が少ないらしい

*****千葉県人口、初の減少…液状化などで転出増?*****

 千葉県は30日、今年1月1日現在の県内推計人口を発表した。
 昨年同時点より1万693人少ない620万6334人となり、統計資料で比較できる1961年以降で初めて人口が前年を下回った。死亡数が出生数を上回る自然減に加え、東日本大震災により液状化被害が出たり高い放射線量が測定されたりして、県外に転出した人が多かったためとみられる。
 昨年1年間の千葉県内の死亡数は5万1817人。出生数を523人上回り、初めて自然減となった。転出入者は、転出者が17万8424人で、転入者を1万1418人上回る転出超過となった。

 浦安市では「液状化があった地域で単身世帯が流出した。転入は少なく、ワンルームマンションの空き部屋が目立つ」(浦安商工会議所)という。震災前に計画されていた大型マンション建設が、需要が見込めないなどの理由で延期されたままの空き地もある。

**********(2012年1月30日 読売新聞)*******


笑っちゃいけないけど、笑っちゃいますね。

千葉県を見捨てられちゃった感じですか。

東北の地域、福島県は特に、自分の意思でなく転出を余儀なくされている人が多い中・・

こちらでは、どんどん千葉を見限って・・・ですか。

千葉県には、この土地を愛するって人が少ないんですね。

そうかもしれません、みんな東京都民だと思っているのでしょう、特に浦安は。

俗に言う、千葉都民なんです。

『千葉都民』とは、千葉に住んでいて東京都内で仕事をする人・・なだけじゃないんですよ。
心は、自分は東京都民。
夜、休むためのベットがたまたま千葉に置いてあるって思って生活している人なんです。
そして、そう言う人がとっても多い。

そう言うMIKANすら、ず~と気持ちは東京人でしたもの。

学校は全て東京だったし、勤めも最近まで東京に通っていた、遊ぶところは勿論東京都内。

ここんところですかね、横着になってあまり千葉県から出なくなったのは。

まだまだ地震が多い千葉県だし・・
放射線もバカにならないし・・
埋め立て地が多いから液状化は必須だし・・
財政は最悪な県だし・・
振り込め詐欺もひったくりもワースト1だし・・

逃げ出したくはなるわなぁ。
d0012611_23192885.jpg

千葉にもスタバはあります・

by keshi-gomu | 2012-01-30 23:05 | 今日のデキゴト

1月30日  山田太一脚本『ふぞろいのキルト』って感じだ

山田太一脚本の『キルトの家』を見た。

どこか浮世離れしているね、相変わらず。

天才脚本家として名高いのだから、見ている人にとってはそこがいいのか・・・

私はそこがとっつきにくい。
あの台詞がどうも、爪でガラスをこすっているみたいにキィ~ンと耳に痛い。

松坂恵子の会話一つとってみても、どこか息苦しくなる言い回し。
主人公の若者2人と出会った場面で

「お昼前、あなたが入居したの見たの」
「みんな、ここらの住人。なかよくやってるの」
「少し離れた棟の人もいるけど」

自分たちを紹介するのにこんな会話をする人がいるのか?

それこそ、『ふぞろいの林檎たち』や『岸辺のアルバム』を時代を髣髴とさせる。
その時代は新鮮だったが。
いや、考えてみたら昔は一般の人が言わぬ台詞が飛びまわるから新鮮だったのであって、それが続けば新鮮さは薄れる。
今も昔も独特の言い回しは彼だけだったのだよ、結局。
最初に聞いたときは新鮮で、今となっては飽きてきた・・・と感じるのは私がわがままななだけなのかな。

しかし、山田太一がこの言い回しに固執するのはなぜなんだろう。
まさか、他のイメージの台詞を作れないわけじゃないだろうし。

ああ、そうかぁ。
『ふぞろいの林檎たち』が歳とって『キルトの家』に住みついたと解釈すればいいんだ。

by keshi-gomu | 2012-01-30 22:23 | 週刊テレビ批評

1月29日  貴女の襟足、激落ちくんで美しく

今日の午後2時半には家でブログを書いていました。
午後3時半には会社近くの美容院にいました。
・・・って、MIKANのアリバイ証明みたいじゃないですか。

早い話が、今日の午後美容院に行ってきたってことなんですけどね。

会社帰りじゃいつもシャンプーくらいしかやってもらえません。
今日はカラーリングをと思い立ってしまったわけです。

日曜の美容院は賑やかです。
美容師さんに男性が多いためか、お客さんも男性が多いお店です。
いまどきは男性も床屋さんに行かないんですね。
いや、うちの主人は行っているから・・・
訂正。
いまどきはおしゃれな男性は床屋さんへは行かないんですね。
でしょうか?

色染めをしてもらって染め上がる待ちタイムがあります。
その間に、「爪を磨きましょうか?」と言われました。
汚いがさがさの手で甘爪もがさがさで・・恥ずかしいけど・・磨いてもらいました。(なんだやってもらってるのか)
テカテカにピカピカに・・・いい気分です。

髪の方もブローをしてもらってアイロンがけしてもらって(洗濯物みたい)・・・
きれいになりましたよ。

「どうですか?」と美容師さん鏡を取り出しました。
「この辺もきれいに染まりました」と髪を持ち上げて襟足を見せました。
「きれいね」とは言うが私は目が悪いので良くは見えません。
そんなに良くは見えないならがも・・・なんとなく、バラバラと茶色じゃん?とは思ったのですが・・・
急に美容師さんが「すみません」と言いました。
「首にカラーが飛んだので落とします」だそうです。
近視の私には自分の首元すらよく見えない。(言わなきゃわからないのに)

何で落としたと思います?
そっちの方が驚きでした。
去年の暮れに、会社の人に教えてもらった・・・『激落ちくん』
あの真っ白で四角い硬いスポンジを水に濡らして持ってきました。
そして首元を、キュッキュッキュ。
あらら、お台所の汚れと一緒ですよ、私の首元。
先ほどまでの茶色い点々が見事に落ちました。

うれしいのやらなんなのやら、よう分からん。
分かったことは・・・頑固な汚れに『激落ちくん』ってことでしょうか?
d0012611_2225593.jpg

???って、これ、掃除用具じゃないのかぁ???

by keshi-gomu | 2012-01-29 22:19 | MIKANさんの目がテン!

1月29日  JTBのJは「韓国旅行省日本分局」ってこと?

*****日本海を「東海」と表記、JTB系ガイド本絶版********
 旅行情報誌などを出版しているJTBパブリッシングは27日、同社が発行したガイドブックの地図で、日本海を「東海(日本海)」と表記していたと発表した。
 東海(トンヘ)は韓国政府が主張している呼称。同社は「適切ではなかった」として、このガイドブックを絶版とし、回収する。
 同社によると、このガイドブックは2005年に発行された「JTBキャンブックス 韓国鉄道の旅」。韓国内の鉄道旅行について解説しており、海沿いの鉄道路線地図の一部を韓国鉄道庁(当時)の資料から引用する際、特別な意図なく使用したという。
 インターネット上の一部で話題となり、同社には今月23日から27日までに、「東海が日本政府の公式見解と受け取られてしまう」と電話やメールなどで約20件の抗議が寄せられたという。7000部発行しているが、書店などに残っているものを回収する。
**********2012年1月28日(土)読売新聞*******


『日本海』って、日本から見て『東の海』なのか?

なんだかものすごく恥ずかしい話ですよね。
本を作るにあたって『人のものをパクル』という姿勢が。
そしてそれが恒例のことであるようだし・・・

「もしかしたらJTBは韓国よりの会社で、これは意図的な策略?」とまで思いましたよ。

私なんかは、「JTBと言えば『日本交通公社』よね」と思ってしまうのですが。
「『るるぶ』だとか、日本人相手に国内旅行の本を出してるわよね」とか。
「JTBは『ジャパントラベルビューロー』よね」とかね。
ふと思って、本当にそうなのか調べてみました。すると・・・

1912年3月12日 - 外国人観光客誘客促進を目的として任意団体「ジャパン・ツーリスト・ビューロー(Japan Tourist Bureau、略称:JTB)」が創立。「本会ハ外客ヲ我邦ニ誘致シ且是等外客ノ為メニ諸般の便宜ヲ図ルヲ以テ目的トス」(Wikipedia)

とありました。
始まりは外国人観光客を呼び込む団体だったのですって。
そりゃ、外国よりだわ。
どこかで各国のルートを持っていて、どこかで各国への『いい顔』営業をしてきたのでしょう。
本当に韓国よりじゃないの?

そして一番いけないのが、『Bureau』(局)ってこと。
いつまでもお役所さんなんですよね。
自分たちのやることは正しいと思い込んでいる、その割には手抜きをする。

このニュースで感心をしたのは、インターネットで話題となったこと。
日本人は捨てたものじゃない。
日本はしっかりした一般人に支えられているんだってことです。


Bureau!しっかりしろや!

by keshi-gomu | 2012-01-29 14:26 | MIKANさんの目がテン!

1月29日  ここはどこ?

ここは、どこでしょう?
d0012611_1373815.jpg

ジャングルジムがあり、滑り台がある。

おもちゃもあるし、壁にはお勉強になる『すうじ』の紙が張ってある。

家の近くの幼稚園の一室。

・・・ではないんですよ。

なんだか見覚えのあるいすの並びに、テレビのような物体が・・・

正解は、家の近くのカラオケボックスの一室です。

知りませんでしたね。

カラオケボックスに広い部屋があるのは知っていましたけれど、その中に子供が遊べるようなおもちゃが置いてある部屋があるなんて。

小さな子供を抱えているお母さんたちが集まってストレス発散するのでしょうね。

そんな時間もほしいけど、子供を置いてくるわけにもいかない。

ここなら一挙解決ってわけ?

目の前で、小さな子供たちを何人か遊ばせてそれを見ながら歌を歌う、ぺちゃくちゃお話をする。

好いかもしれませんね。

子供たちがその時間を、どう記憶に残すか・・・がちょいと心配ではありますが。

ま、公園で集まって「ナントカ談義」をするのが室内に入ったってことでしょうけどね。

現代のお母さんたちって幸せですね。

隣の部屋が空いていたので覗き込んだMIKANのカルチャーショックでした。

by keshi-gomu | 2012-01-29 13:36 | 今日のデキゴト

1月28日  榛名湖ワカサギ釣りができない?放射性物質検査もできない?

*****榛名湖ワカサギ氷上釣り見送り**********
 群馬県の榛名湖漁業協同組合は28日、今年の氷上ワカサギ釣りを解禁しないと発表した。解禁の前提となる魚の放射性物質検査が不漁でできなかったため。漁業組合は、8月下旬から20回以上漁をしたが、検査に必要なワカサギ200グラム(約100匹分)が一度も採取できなかったという。不漁の原因は分かっていない。野口正博組合長(63)は「15年以上組合長をやってきて、このような状況は初めて」と話している。
***********2012年1月28日(土)共同通信*****


榛名湖のワカサギ釣りができないのは、放射性物質検査の結果じゃないようだ。

その検査に必要量のワカサギが採取できないからだと言う。

放射性物質検査をして「榛名湖は安全です」と宣言したかったところだったろうに。

「安全でした」と言えなかったわけである。

「安全ではないのか」との不安も残るわけだ。


なんだ、検査以前の問題か?釣りにならんと言うことらしい。

いや、そこで「そうなんだね」と納得して終わっても大丈夫なのだろうか?

ワカサギが減った理由を調べないでいいのだろうか?

「このような状況は初めて」と話している組合長の談も載せているし。

流石に、放射性物質が原因だろうなんて短絡的な結果を言う人はいないだろうが・・・

今の世の中、科学も進歩しているのだもの。

どこか研究機関に頼むなりして、しっかりと原因を追究してみるべきなんじゃないですかね、榛名湖漁業協同組合さん。

未来の食の安全のために、榛名湖ワカサギの名誉のために。
d0012611_1217537.jpg

by keshi-gomu | 2012-01-28 23:00 | 今日のデキゴト

1月28日  映画『マイ・バック・ページ』

DVDを4巻で1000円の声に刺激され借りてきた『マイ・バック・ページ』。

「1週間あるんだもの」なんて呑気に構えていたら、7泊8日と言う期間は、あっという間でこの3巻目にしてgive upとなりました。

『マイ・バック・ページ』は、確か去年作成された映画です。

週刊誌の記者になった若きジャーナリスト『妻夫木聡』の目を通じて1968年から1972年あたりの時代を描いた映画でした。

赤邦軍リーダーと名乗る活動家『松山ケンイチ』とのやり取りが軸。

ん~、なんとなく言いたいことは分かるけど、この『妻夫木聡』と『松山ケンイチ』を使い切れていない感じの映画です。

両役者とも、若さあふれる人間を熱演しているところは、流石ですが、二人を起用してそれを感じさせただけで終わっている作品だと思います。

NHKの大河ドラマ役者を連れてきたかっただけなの?

それならNHKの使い方の方がまだ上手だった。

スクープを取りたい熱血の若きジャーナリストだけとしか感じられない『妻夫木聡』なんてつまらない。

『松山ケンイチ』に、活動家になりきれない葛藤の末殺人犯とされていく人物を描かせるだけなんて、それこそ『デスノート』や『銭ゲバ』くらいしかできない役者として配役しているのでしょう。

俳優の起用ミスと演出の下手さが前面に出すぎて内容を殺している感じです。

「最後のシーンがどこだったの?」「あれ?私、寝ちゃったの?」何度も何度も巻き戻して見てみましたがなんだか分からずに終わってしまいました。

映画のつまらなさもさることながら、DVDはおまけで借りてきてはいけませんね。

見たいものを借りてこなきゃ。

結局全然開きもしないで返却してしまった映画1巻が・・・気になって、気になって・・・

そのうちまた借りてくるんでしょうかね。

◎タヤ商法に引っかかっているMIKANです。

『あがた森魚』かぁ。
d0012611_20371931.jpg

by keshi-gomu | 2012-01-28 20:28 | 芸術シアター

1月27日  嬉しいことがあった日は

社内で嬉しいことがありました。

帰りがけにお友達が、待っていてくれ喫茶店に誘ってくれました。

コーヒーで乾杯するために待っていてくれたのです。

祝ってもらえました。

その心がとっても嬉しい、やさしい気持ちです。

レアチーズケーキもひんやりと美味しかったですよ。

帰り道は寒いけれど、ぽかぽかの優しさが暖かかった週末でした。
d0012611_0142727.jpg

by keshi-gomu | 2012-01-27 23:33 | 今日のデキゴト

1月26日  手塚治虫が『神様』なのは納得できるが

手塚治虫の『ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~ 』と言う漫画を買ってきました。

私の子供のころは手塚治虫全盛期。

『鉄腕アトム』から始まって、『ジャングル大帝』『リボンの騎士』など楽しかったなぁ。

MIKANは、『ワンダースリー』と『火の鳥』が大好き。

どちらも何度もループのように読み続けましたよ。

アニメもよかったしね。

そう言えば、途中から手塚治虫モノが少なくなった感じでしたね。

誰に負けたのかな?星飛雄馬?伊達直人?

手塚漫画は単調な一本線で描かれている感じがしますものね、劇画タッチには程遠い。

そこから、『ブラックジャック』引っ提げて復活した、その頃の仕事場の思い出漫画です。

今一番売れているそうですよ。

男性にとっては、今では有名な漫画家さんたちやら裏方の様子がみられて、感動するそうです。

しかし・・・私はどうも・・・この本では、手塚治虫が小さく見えました。

あんな顏をしていましたっけ?

『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造じゃないんだから。

本の中で『神様』と呼んでいる割には、扱いが軽くない?

『偉人』扱いしてくださいよ、『異人』扱いじゃなく・・・

医学博士だったのですよ、すごい人です。

もっと大物だったと思うのですがね~。

死んでしまうと、伝説になる・・・語り伝え方によって、人物像も変わりますね。
d0012611_21305665.jpg

by keshi-gomu | 2012-01-26 21:31 | 今日のデキゴト