<   2011年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

9月29日 黒い白バイもあるんですね

ASAHIの缶コーヒーの続きです。

てっきり警察官が乗るバイクって、白い色だけかと思っていました。

黒バイと言うものもあるそうです。
d0012611_214011.jpg

パレードなどの護衛なんかに出動するのでしょうか・・

勝手に想像で言ってます。


ところで、このミニカーは、後輪をこすると走る仕組みになっているのです。

パトカーはよく走って面白かったのですが・・・

バイクは机の上に立たせて走らせるのがむずかしい。

なんたって、2輪ですからね、安定感に欠けるのです。

モトクロスみたいな走り方になっちゃいますよ。

白バイがモトクロス走り(ウイリィ?)するっていうのも、ある意味面白いですけど。

へぇ~、白バイにも『HONDA』って書いてあるんですね。
d0012611_21205632.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-29 21:09 | 今日のデキゴト

9月28日  ポリスに「THE」がついてます

ASAHIコーヒー飲料『特製カフェオレ』に 『THE POLOCE』がついています。

パトカーやら白バイやらのミニカーです。

後輪をこするとその反動で走り出します。

子ども達憧れの『働く車』の代表ですね。

子どもはパトカーを見ると「乗りたいなぁ」と思うのでしょうが・・・

大人はパトカーを見ると「乗りたくないなぁ」と思うのですよ。

子どもたちよ、きっと君らもそうなるのかな?

今日はなんでどの車もゆっくりと走っているのだろうと思ったら、4,5台前にパトカーが挟まってた・・なんてことも、世の中にはあるのです。

不思議だね、大人たちよ。

d0012611_21453321.jpg


全12種、写真はNo6の高速パトカー。

拘束パトカーでも校則パトカーでもないよ、ましてや光速パトカーな訳はない。

しかし、どうして栃木県警察なんだろう?

昔のパトカーなのかしらん?

屋根の上に栃木の文字がないね。
[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-28 21:49 | 今日のデキゴト

9月27日  テイクオフな朝に

d0012611_231533.jpg

朝から甘いものを採っている余裕。
余裕?いいえ、疲れているのです。
MIKANの機体が金属疲労起こしているのですよね、きっと。
夜な夜なガソリンを入れすぎたためか、胃が痛くてたまりません。
それなのに、朝から甘いケーキに苦いコーヒーですか?
機体整備の方法、間違っていますか^_^;
さ、テイクオフです。
ケーキはテイクアウトじゃありません。
機内食です。
[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-27 02:03 | MIKANの部屋

9月25日 手帳がお目見え、そんな季節です

本屋さんに行くと、来年の手帳を売っていました。

「もう売り出しているのねぇ、でもこれに愛着あるものなぁ」・・と自分の手帳を開くと、

「おお、なんと残ってるページの方が少なくなっているのだ」・・と実感しました。

そんな時季なんですね。

すぐにのせられるMIKANは、早速購入してしまいました。
d0012611_20531139.jpg

結局去年と同じ形を選ぶのは、冒険出来ないA型気質だからでしょうかね。

それでも、ブルーからエンジのような色にちょっとだけ冒険してみましたよ。

気がついたのですが、今のうちに買うのは、綺麗な手帳が選べますね。

年の暮れ迫ってから、この売り場に行くと、売り物の手帳が色々な人のアカにまみれているんだろうなぁ・・と思わせてくれるような並べ方になっています・・
・・なんとなく、雑然と。

手帳を買う時って、みんな、あれでもない・・これでもない・・と色々開いて見ますから、『手帳会社から直⇒私の手元』にっていう感じがしにくいんです。

しかし、今のうちなら売り場は、店員さんが重ねたまま綺麗に揃っている感じでした。

『手帳会社から直』感がありました。


写真におまけのように印鑑が写っています。

何の繋がりが・・・って、お思いですよねぇ。

繋がりありませ~ん。

会社で印鑑の蓋をなくしてしまったのです。

蓋がなくなって、身も蓋もなくなったら困るので、も1つ買っておきました。

そうだぁ、蓋を外しても、身から離れない蓋があればいいのだよねぇ。

そんな印鑑を誰か開発してぇ・・・

え?印鑑の名前が見えないって?

そりゃ、写す必要はないでしょう。

勿論、「MIKAN」と刻印されているのですから。
[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-25 21:14 | 今日のデキゴト

9月25日  昨日はクラス会の打合せでした

今、東京のホテルにいます。
・・って、昨日の幹事会の友達にバレタら怒られるぞぉ~
昨日は中学校のクラス会の準備で幹事が集まりました。

d0012611_0365223.jpg

会場はいろいろな種類のワインが飲めるイタリアンレストランです。
ああでもない、こうでもないと言いながら、ワインを飲み料理を食べ・・
d0012611_038680.jpg

白のスパークリングワインを写したつもりだったのですが、泡が上手にヒットしません、
実際は、透明な液体の中に小さな泡が美しくのぼっていく姿が芸術だったのですよ。
写真では線のように全て繋がってしまってますね。
d0012611_0421319.jpg

ミモザサラダに、
d0012611_043449.jpg

マルゲリータピザ。
このあたりまでは、私もあまり酔っていないので写真を撮れているのです。
ところがここから、パタリと写していない。
飲むのに夢中、話に夢中、食べ物は出てくるなり皆ですぐに平らげていました。
途中から写真のことすら忘れていました。

中学校時代がついこの間終わったかのように錯覚するほど、皆が変わっていません
いえいえ、流石に見た目が変わっていないと言うのには無理がありますけどね。
性格というか・・精神年齢というか・・・
会うたびに思うけれど、基本変わりようがないのかもしれません。
d0012611_185570.jpg

甘いデザートの頃になると、冷静になってまた写真を写してる?
d0012611_192792.jpg

いやぁ、甘いものが出てきたら、話の内容も甘い話になってきてね・・
中学時代のボーイフレンドガールフレンドの話題・・
d0012611_110856.jpg

あれ?写真がぶれてる?動揺かぁ?
動揺することなんて・・なぁんにもぉ・・
酔っ払った勢いで書くブログは危なそうなのでこの辺でやめときましょう。
[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-25 00:25 | 食いしん坊!乾杯!

9月24日 役立たない物をまた買っちゃった

今日はお出かけ。

早めに出てぶらぶらしてるこんな時間も久しぶりです。

楽しい時間・・・っちゃぁ、楽しい時間なんだけれど。

ただ、MIKANのこういう時間は、決まって役立たない物を買っちゃう時間なんですよね。
d0012611_1615411.jpg


ほらね、今日も購入しちゃいましたよ、これ。

どう考えても毎日は使わないでしょうね。

あ、スニーカーじゃありませんよ、バッグです。
d0012611_16182975.jpg

あまり物も入らないし、使い勝手が悪いよお~

だけど、こういう役立たない物が好きなんですよねぇ。

(困ったもんだ)
[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-24 16:24 | 今日のデキゴト

9月23日 バイオレットフィズ

d0012611_17385063.jpg

久々にバイオレットフィズを飲みました。

20歳頃、初めてお酒を飲んだ時に彼に勧められたカクテルです。

あ、漢字を間違えました。『彼に勧められ』ではなく『父に勧められ』でした。

父が「バイオレットフィズをつくってやって」と言うと、カウンター奥の色々な瓶が並ぶ別世界で、バーテンダーさんが夢のコラボレーションを調合します。
出てきたカクテルが美しい紫色の『バイオレットフィズ』でした。
美しく輝く・・・紫色が甘く・・・ほんのり香る・・・

私はその時から、このバイオレットフィズが大好きです。

昔は、どこでも飲めたカクテルですが、最近では扱っているお店をほとんど見かけません。
まぁ、居酒屋では無理ですね。
本格的なバーで、オーダーすればですが・・・それでも望む味はなかなか・・・

バイオレットフィズは、リキュールをベースに、クレーム・ド・ヴァイオレットというニオイスミレやバラなどで香りつけされているリキュールとレモンと砂糖を合わせ、ソーダで満たしたカクテルです。

見た目が紫色の大人カクテルなので強そうな感じですが、どちらかと言えばアルコール度数は低く『色気あるサイダー』みたいな飲み物です。
だから父も、飲み始めた娘が覚えるカクテル名として安心だと思ったのでしょう。

でも望む味がなかなか・・・と言うのは、
私が最初に飲んだバイオレットフィズは、リキュールベースではないのです。
ジンベースだったのです。
確かバイオレットフィズはジンベースのカクテルだったはずです。
ジンベースのバイオレットフィズはキレがあってとても大人の味。これがたまらない。

ついつい、メニューに『カクテル』の文字があると店員さんに聞いてしまいます。
(最近メニューのカクテル欄にはバイオレットフィズの文字は滅多にありません)
「バイオレットフィズできますか?」と。
今回飲んだのは、完全に甘い炭酸飲料でした。

そうそう、知っていますか?
『フィズ』とは英語で、ソーダ水の泡のはじける「シュワァー」という音を表す擬音語だと言うことを。

すなわち、「バイオレットフィズください」と言ったら、「紫色のシュワァーください」って言ってるみたいなものなんですね。
[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-23 18:44 | 食いしん坊!乾杯!

9月22日 今の運動会では徒競走に順位はつけないらしい

お子さんを持たれている友人が運動会の話をしてくれた。
「今、徒競走で順位をつけないんですよ」
「ここぞ・・で、頑張ろうという子どもがかわいそうだよねぇ」と私。
(スンマセン、年上の人間に礼儀で敬語を使ってくださる方に偉そうに答えてる私です)
「テレビCMで学芸会の桃太郎が何人もみたいじゃないの。1位が何人もじゃ」
「あの学芸会の主役が何人も・・・って、現実ですからね」
「わぉ~、そうなんだぁ」

子どもがいないから運動会へは行かなくなって久しい。
ま、行ったとしても、孫の勇姿をを見に行く年かぁ・・・・(って、誰だそこでうなずいているのは?)
今の運動会って変貌しているんだなぁと、興味深く聞いていた。

しかし、徒競走などは1位2位3位と順位をつけてくれるから、子ども達はそこを目指して頑張って走るんだと思うけどなぁ。

また、走ることに優れている子どもにとっては徒競走やリレーが晴れの舞台。
クラスの仲間は、それを分かっていてその子が目立つように心から応援したもんだった。

親もそれなりに頑張っている我が子を見て「去年よりまた逞しくなった」等と目を潤ませていたものだ。

色々あるじゃない、運動会という舞台では・・・
いつも最下位のH君が、練習では日々走るタイムが段々と上がっていて、もしかして今年は入賞できるかもしれないと本人もクラス仲間も密かに思っていた。
ところが・・本番。気負ったか、走り出して数メートルで転倒。
結果は、いつもの最下位。
・・・しかし、
転倒し、入賞の夢は破れたのに、そこからも全速力で走るH君。
その速さは練習時以上だったのを仲間は分かった。
先生はゴールでH君を受け止め無言でその努力を讃えた。
そして、親は我が子の懸命さと成長を誇っていた。
(実話)

こんなドラマが現実にあっても、世の中は結果だけしか見ないんだね。
結果だけしか見ないから、「1位2位3位と順位をつけるのはいけないことだ」なんて暴論が飛び出すのだ。

うちの子が1位になれない運動会なんて・・・
うちの子が主役になれない学芸会なんて・・・
そんなことを思う親は、自分の子どもの本質を見極められない親なんだよ。

σ(^_^;なんかいつも最下位をうろちょろだったけど。
それでも懸命に走る私に、みんなが応援してくれていたのを走りながら嬉しく思ってた。
頑張ることが重要なんだと先生も教えていたしねぇ。
うちの親も褒めてくれてたぞ。
「偉い!前を走るみんなの塊にずーっと離れて、MIKAN一人目立ってた」と。
「MIKANだけ写真に写しておいたから。こうやって見るとトップを走ってるようにに見えるよ」だって。
「うん。でもさ、この写真の周りの人達、みんな私を見てないね。前の方を真剣に見てるよ」
「ははは、そうかぁ、やっぱりトップには見えないかぁ。前の塊が熾烈な争いだったものなぁ」
「大丈夫大丈夫、その代わり私が1位取っておいてあげたから」と母。
そうなのだ、PTA徒競走に母が急遽駆り出され、それもハイヒールでダントツトップでテープを切っていた。
自分の子どもの本質を見極めている優しい両親である。
(実話)

そう言えば、小学校で体育の時、走るタイムを計らされたっけ。
MIKANは、速かったぞぉ~。
今でも覚えてる、小学校5年生の時で、『13秒台』だった。スゴイでしょ?

・・・え?・・何?・・・『100m13秒台』だったのか?・・・って?
いえいえ、違いますよ。
『50m13秒台』だったのですよ。
スゴイでしょ?(^_-)
[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-22 23:37 | おもいでほろほろ

9月21日 化粧品のファンデーションを入れ替えました

化粧品のファンデーションを入れ替えました。

入れ替えて、入れ替えて、結局、同じ化粧品会社の、同じシリーズの、同じ色を、何年も使っています。

冒険を出来ないわけじゃないのですが。

冒険したつもりでも、せいぜい化粧品会社K社から、ライバル化粧品会社S社に変わるくらいの冒険でしょうしね、私の場合。

思い切って会社を換えた・・つもりでも、色合いになれば結局『明るいオークル系』。

いつものようにこのファンデーションを入れ替えることで落ち着くわけです。
d0012611_2171681.jpg

なんだか、鞄の中身公開!みたいになってるけど・・・(醜いものをごめんなさい)

コンパクトにまっさらなファンデーションが収まると気持ちがいいですね。

男性の方には、分からない気持ちかな?

さ、これで、明日からまた厚塗りが出来ます。

鏡のついた物を写真に撮るのは、難しいです。

思わず鏡に、美しい自分の顔が映ってしまったり、携帯を持つ太い指が映ったりと・・・

鏡に自分が映らないようにと、角度を変えてシャッターを押しました。(少々暗いねぇ)


そうそう、ファンデーションの話に戻って。

ファンデーションって、どこまで使えるの?

最後の方になってくると、化粧のつきが悪くなるのは気のせいでしょうか?

それでもケチなMIKANは、ココまで使いました。(またまた醜いものをごめんなさい)
d0012611_21134688.jpg

ケチだねぇ~

こうやって入れ替える度に、このぐらい残ったファンデーションのレフィルがたまっていくのです。

これ以上使わないのに・・・入れ替えたら忘れるのに・・・

ケチだねぇ~
[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-21 21:20 | MIKANさんの目がテン!

9月20日 今日はバスの日です。

今日は、バスの日です。

知っていました?

朝、停留場でバスを待っていたら、ワイシャツのお兄さんが一人一人に何かを配っていました。

「いつもご乗車ありがとうございます。今日はバスの日です。よろしければティッシュをどうぞ」

・・・だそうです。
d0012611_21462915.jpg

へぇ~、バスの日にはティッシュが配られるんですね。

早速バスの座席で写真を写してみましたよ。

なんたって、バスの日ですから。


そうそう、朝起きたら、私の携帯のロボットマスコットがこんなこと言ってましたよ。
d0012611_21541052.jpg

なんたって、今日はバスの日ですよねぇ。
[PR]

by keshi-gomu | 2011-09-20 21:54 | MIKANの部屋