人気ブログランキング |

<   2011年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

7月31日 YouTube 削除が、早っ!

『ほぼ日刊イトイ新聞』  http://www.1101.com/home.html
をご存じだろうか?

コピーライターの先駆者 糸井重里 が作るホームページである。

MIKANと同じ頃にホームページを始めたので、昔からよく拝見しているのだ。
『”ほぼ”日刊』と題名をつけているが、日記の更新は1日も休んだことがないらしい。
愛犬や、奥さん(=別名人間のお母さん)も登場(後ろ姿や手など)し、なかなか楽しいサイトである。(チナミニ、奥さんは樋口可南子)
ちょいと最近は、売り物が多くなりすぎている傾向だが・・こだわり商品と言うことでその売れ行きもよいようだ。

まぁ、そのサイトの説明はこれくらいにして。
その『ほぼ日刊イトイ新聞』を今日も読みに行って驚いた。
7月31日と書いてあるのだから、今日アップされたものだと思う。
内容は下記のようだ。

----------------------
・東京大学先端科学研究センター教授の児玉龍彦さんが、
 衆議院厚生労働委員会で、
 「放射線の健康への影響」という題で、
 「参考人説明」をしたときの記録動画が、
 どうして多くの人のこころによく届くのか。
 これからのさまざまな問題を考えるときに、
 とても重要なヒントがあると思います。
          (中 略)
この児玉さんのように感情を揺さぶることが目的でなかったことが、
 見ている人や、会場の人たちの感情を揺さぶったのです。
 見て、知って、ほんとうによかったと思っています。
-----------------------

内容に驚いたのではない。
その先である。
「そうか、糸井重里がこのように美化している児玉龍彦と言う人が何かを述べている動画があるのかぁ」とリンクされているその文字「参考人説明」をクリックした。

すると、そこはYouTubeであった。
http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo
しかし、動画とやらが見つからない。
その画面は真っ暗で、「この動画は、YouTube の利用規約に違反していたため削除されました。」との文字があるだけだ。
何の名目で違反になったのかは分からないが・・・今日、削除されたってことだよね。
私が見に行ったのは、今7月31日15時。

糸井重里の文章は今日書いたもの(たぶんね)。
日記を書いている時点では動画は動いていたのだ。
動画が削除されるギリギリ前にリンクしたのだろうか?

YouTube の削除がいつになく早くないかい?
わいせつな動画だって削除まで時間かかってるよねぇ。
なんだか、『衆議院厚生労働委員会』とか『放射線の健康への影響』とかの文字を見ると、どこかの大きな圧力が削除を早めたって気がしてならないが・・・

本当に、日本は自由の国なんだよね?
戦争中のあからさま人民抑制ではなく、現代日本は見えない力の人民抑制をされているのじゃないのか?

by keshi-gomu | 2011-07-31 15:10 | 今日のデキゴト

7月30日 若者よ、高岡蒼甫が画面から消される時はマスコミの腐敗が証明される時だ

私は、世の中で言われる「韓流が好きだろうと思われる年齢の女性」である。
ただ全ての女性を、「この位の年齢=韓流ファン」とは決めつけないで欲しい。
私は、韓流スターの名前すら分からないほどの韓国音痴である。
さらにこの間は、「次の海外旅行は竹島に行って日の丸を掲げてこよう」と80%本気の戯言を言った。

まっすぐな高岡蒼甫に悪いので正直に言えば、
韓流ドラマのうち、『チャングム』と『イサン』と言う作品は面白くて見た。
作品が面白いと思えば、韓流ドラマもみる人間である。(なんだよぉ)
高岡蒼甫だって反日でもなくとも、作品が気に入って『パッチギ』に出たのだと思うが。

今、俳優高岡蒼甫の言った言葉でマスコミが揺さぶられているとのことだ。
良いことだと思うよ。
若者のまっすぐな思想が若者達の心に響いているのだから。

高岡蒼甫の言っているとおりだと私も思う。
言い回しがストレートだし、ずるいおべんちゃらも言えないから叩かれるけど、今どきの言葉で言えば、彼の思想はぶれちゃいない。

この『自由の国日本』で、マスコミは若者から『言論の自由』を取り上げようとするのか?
いいや、マスコミは「腐敗しきった自分たちの都合の良さ」を批判された取り繕いをしているのだ。

若者達の間で、8月8日の「フジテレビの日」に同局の番組を見ない運動が、Twitter上で広まっているとのこと。
良いではないか、若者達が自分たちで思って行動して何が悪いのだ?

それを「8月8日、みんなフジテレビみろ!」と「自国主義はアホ」と茂木健一郎が言い出したとか。
昔から人をアホと言うヤツがアホだと教わらなかったかのかい?
茂木健一郎よ、いい大人が。
大体それを言うなら、
なにが「8月8日はフジテレビの日」だっ!ふざけるな。
マスコミの奢っている体質をさらけ出しているのがありありだ。
そして、これまた奢っている茂木健一郎がマスコミに媚びているのも、見ていて恥ずかしい。

他人に向かって「見ろ」とは、何だ!
テレビなんか、こっちが選んで見てやっているんだ!
マスコミよ、視聴者に胸を張れる恥ずかしくない立派な放送をしろ!

もう一つ。
妻の女優宮崎あおいを気遣って「家の妻は自分と一緒の思想ではありません」と言っているとのこと。
偉いと思うな、高岡蒼甫は。
そりゃそうだ、夫婦だからって考えが全く同じわけはない。
思想が違うからって夫婦としておかしいってわけでもない。
(たぶんそのうち低レベルのマスコミはそう言い出すと思うけどね)
どこの家だって、全く同じ考えを持ってるなんて夫婦ありえないって。
(低レベルのゴシップネタを書いてる記者の家でもね)
マスコミは、わざと「宮崎あおいの夫高岡蒼甫」って書きたいのだよね。
それを分かってて、高岡蒼甫はきちんと妻のことをいたわった。
偉いと思うわ、やっぱり。

宮崎あおいも踊らされるなよ、マスコミなんぞに。・・と言いたい。
女性の立場からも主張したい。
夫は夫、妻は妻。お互い人格を持った1人の人間なのだから。
妻が「夫の仰ることは全てごもっとも」と言わなきゃならない江戸時代じゃないのだ。
江戸時代でも現代でも、夫が「妻の仰ることは全てごもっとも」と言わない考え方と同じだ。
対等の人間同士が、それぞれの考えを持ちながらお互いを尊重して一緒にいる・・それが夫婦だ。
負けるな、高岡蒼甫・宮崎あおい夫婦よ。

韓流ドラマ好きの中年女性を笑ってきた日本男性は、最近韓流アイドルの露出度に鼻の下を伸ばしている。
それは全て「金が儲かるならば・・」と作ってきたマスコミの仕掛けたこと。
さらに、欺いて偏りをみせてる体制それが日本をダメにしていくと、高岡蒼甫はもの申しているのだと思う。

高岡蒼甫が画面やスクリーンから消されたら、マスコミがいかに腐っているかを自分たちの手で証明したことになる。
今真面目に考えている沢山の若者のまっすぐな芽を、自分たちの損得だけでつぶそうとしている大人たち。
「いい加減な大人がいっぱいいる」と、次の世代がため息をつくようなそんな日本にしてもいいのか?

by keshi-gomu | 2011-07-30 23:13 | 週刊テレビ批評

7月28日 よくもまぁ、飽きないのね

コンビニのお弁当棚の中で、大変気に入っている商品がある。

毎日同じ店に飛び込んでは、「緑色のパスタください」と言う私。

子供の買い方である。

これが緑色のパスタ。

d0012611_2144264.jpg

パスタの部分が緑色。ほうれん草を練り込んであるそうだ。

健康にも良さそうでしょ?

さらに、混ぜる具がこれまた緑一色。(いや、少しは黄色系も混ざっているか)

d0012611_216656.jpg

レタスに、ブロッコリーに、パプリカに、ジャガイモに、ナッツも入っている。

これを混ぜ合わせて、サラダパスタとして食べるのだが・・・

かけるソースが私の大好きなバジルソースときている。(ん~、たまらん)

コンビニで買ったパックのパスタで、ちょっとしたイタリアン料理店の気分が味わえるのだ。(大げさじゃないよぉ)

偶然見つけて以来気に入ってしまって、かれこれ4~5ヶ月、毎日食べている。

気に入るとそれだけを攻撃するMIKAN。(親の仇かっ)

セブンさんから表彰されてもよいくらいなのだが・・・まだその連絡はない。

また明日も、同じ店によって「緑色のパスタください」と言っているのだろうな。

     美味しいから、だまされたと思って食べてみて!

by keshi-gomu | 2011-07-28 21:12 | 食いしん坊!乾杯!

7月27日  今日はスイカの日

今日は、スイカの日だそうです。

スイカの縦縞模様が綱みたいだから2(ツー)7(ナナ)の語呂合わせだとか。

それなら単純にマグロ(ツナ)の日だって良いわけで・・

スイカの採れる時期は、毎週、水曜と火曜がスイカの日でいいじゃん。

・・多すぎるか。


平日のお休みも久々です。

今日は、エリザのカットに行ってきました。

別にエリザの日じゃありませんけどね。

暑いからシャンプーして整えてもらおうと思ったら・・・あらまぁ、

柴犬カットになっちゃいました。

ま、ロングヘアーはこの夏苦しそうだから、いいかぁ。

ただね、飼い主と一緒で、衣装でごまかさないと体型がもろに出るタイプなのよ。

がっしりと筋肉?・・いや、脂肪がついているからねぇ。

大してスタイルを気にしていないエリザは、「可愛くなったねぇ」と言われると、
ただひたすら大喜びです。
d0012611_22581785.jpg

by keshi-gomu | 2011-07-27 22:58 | 今日のデキゴト

7月26日 なぁんだ、蝉鳴いているじゃない

朝、仕事に行こうとして、足が痛く動けなかった。
しかたない、今日は病院経由で会社に行こう。
勝手にルート変更。
昼までに会社に行くことにした。

病院に行ったと言えども・・・
「どうですか、その後?」
「今日とても痛くて、動けないんですけれど・・」
「あ、そうですか」
とのやりとりを先生がカルテという題名のメモ用紙に記入するだけなのだが。
その瞬間は治った気になるのだからMIKANも単純な人間である。

テレビでダイエット番組を見ただけで、その瞬間に痩せた気になるMIKANだもの、
さもありなん・・である。
(スナック菓子を頬張りながら番組を見ていて、痩せるわきゃないのにね)

そんなこんなで、そろそろ御膳・・じゃなかった、午前11時。
遅くなったけれど、仕事に向かおうとバスに乗った。
暑い照り返しの時間帯、うっそうとした山道をバスが走る。
ははは、そこまで田舎じゃないかぁ・・・
信号でバスが止まった。
ふと、耳にあの懐かしい鳴き声が響いてきた。

「あ、蝉が鳴いてるじゃないのぉ」

そうなのである。
朝早く黙々と通勤をし、夕方日暮れと共に岐路につく生活を続けていて、蝉のライフスケジュールとすれ違っていただけのようだった。
暑い日中こんもりとした木々の中なら、千葉の街道脇でも、蝉の大群は鳴きわめいているのだった。

「やっぱり、蝉が鳴くと夏って気がするなぁ」
単純MIKANは、千葉の田舎道で子供時代の夏休み気分に浸っていた。

バスは終点海浜幕張駅に到着。
蝉の声も聞こえないただただ照りつけるアスファルトが眩しい。
「さ、午後は仕事だ」
現実に引き戻されるのもあっという間だ。

by keshi-gomu | 2011-07-26 17:15 | 自然百景

7月25日 そう言えば、蝉の声聞かないね

今日、会社の打ち合わせ会議で、男性が言った。

「話は変わるんですけど、今年蝉の声聞きました?」

そういやぁ、蝉の声をまだ聞いていないなぁ・・と言う会話になった。

「先日、蝉の死骸を見ましたよ。鳴く前に死んじゃってるんじゃないの?暑すぎて」と私。

そうしたら、「私も蝉が死んでいるのを見た」との発言が続いた。

暑すぎて木の幹が干上がってるのからかしら?

何か、今年はあるのかな・・・怖いねぇ。

ただ暑すぎて蝉が鳴く根性が出ないだけならいいけど。

東北の地震や、原発事故や、それら辺りが関係していたら・・・って、思わず考えちゃうものね。

「あのうるさい蝉の鳴き声がなければ、日本の夏とは言えないな」と、結論が出た。

ん?何の打ち合わせしてるのだ?

チナミニ、テレビ会議の先沖縄ではいつものように蝉はうるさく鳴いているそうだ。

やっぱり関東以北の異変だろうか?

d0012611_2305561.jpg

by keshi-gomu | 2011-07-25 22:39 | 自然百景

7月24日 蜂の巣でパスタ

今日は、よく寝ました。
なんせ昨日の遅く酔っ払って帰ってきたようでしたからね。

昨日は中学校のクラス会の打ち合わせでした。
幹事7人が揃って、パーティ会場の下見です。
ふふ、下見ですから、色々食べて、色々飲んで来ましたよ。

イタリアンレストランが会場です。
従って、ピザやパスタが充実のもよう。

前菜は、こんな感じで。ムール貝のパスタはこんな感じ。
d0012611_22275964.jpgd0012611_22285115.jpgって、酔っ払っていますねぇ。随分とピントがぼけています。もっと料理があったのに、写そうと思うとみんながもう口に入れてる。みんな飢えているのか?
d0012611_22325066.jpg

こちらは、蜂の巣のパスタです。
本物の蜂の巣ではなく、牛の内臓のこと。
蜂の巣に似ているからそう呼ばれるんですって。
同級生のホテルの料理長が言っているのだから間違いないです。
彼曰く、腸だから下処理が大変なんですって・・
「へぇ~、そうなんだぁ」と言いながら、たくさん食べてきてしまいました。
では、蜂の巣、アップ。
d0012611_22364484.jpg

ピザが出てきたとき、まだカットがされていませんでした。
一人の女性が「カットして」と店長さんに言ったので、思わずMIKANひとこと付け加えてしまいました。
「七等分にねっ」
そりゃないか・・と思い、すぐさま訂正。「冗談ですからね、店長さん」
しかし、です。なにやら厨房で細かなカットをしているようです。
あちゃぁ、プロ根性に火をつけちまったか・・
持ってきてくれたピザは、根性で七等分になっていましたよ。
スンマセン、店長さん。σ(^_^;こういう面倒くさいヤツがいて。
テーブルに運ばれてくるなり、七等分のピザはあっという間にみんなの口へ。
残念ながら、こちらもシャッターチャンスはありませんでした。

クラス会の幹事会、昨日も大変に盛り上がりましたよ。
昔のMIKANを知っている人がいる・・・怖いねぇ。
可愛いMIKAN・・素敵なMIKAN・・・はいなかったか・・

昔、どんな会話をしたかが、鮮明に蘇ってくるんですよ。
不思議なものでその時の天気までも。
学校帰りのかき氷屋さんに行ったっけねぇ~
ん~十年後の顔が、中学生の顔に見えてきました。

え?酔ってたのだろって?
        は~い、酔っていますよ~

by keshi-gomu | 2011-07-24 22:23 | おもいでほろほろ

7月23日 アメリカのお土産

アメリカから買ってきた消しゴム以外の自分用の品をやっと開けた。
一般的目線で言う、自分への土産と言う物だ。

BURBERRYで買ったシャツと、macy’sで買ったボールペンである。
d0012611_133393.jpg

シャネルの隣のこの旗のお店で

思わず一目惚れ買い
したシャツ

シャネルじゃ怖くて衝動買いはできぬ・・


d0012611_1315671.jpg



素敵な袋に入れてくれて

喜んでこのまま日本まで提げてきた






店員さんもやさしかったなぁ。
「この下のサイズの方がいいかしら?」と私が尋ねると、
「ノー! ジャストサイズッ!!」ときっぱりっ。
流石、プロの目・・・!?(試着はしていない、私も私)
チナミニ、このシャツ、大きなサイズなのである。
d0012611_133249.jpg



もう片方は

三越のような百貨店メーシーズで買った

NASAが開発した宇宙で使うボールペン

水の中でも書けるんだって
かっこいいぞ

もうすぐなくなるNASAだから
一般市場でも発売するんだね




え?「だから、土産物の写真を見せろ」ですって?
そうですよねぇ・・・
   それが、これだ。・・・ワン・・ツー・・スリー・・
d0012611_13582020.jpg

もったいぶった割に一番写真が小さいかも。

シャツのボーダーが左右不均衡なのがいい。
なんですって?日本でも売ってるだろって?
ふふ、円高で日本より安いのだ。(負け惜しみか)

ボールペンは2本買った。
1本はσ(^_^;用。
もう一本は・・・・・・?

by keshi-gomu | 2011-07-23 12:50 | おもいでほろほろ

7月22日 車内で人の新聞を見ちゃいけないよね

電車に乗っていた。

座席に着くと、真ん前の席で新聞を読んでいる男性がいた。
色とりどりの紙面だから、スポーツ紙だと思う。

その大きな見出しが私を誘っていた。
「菅直人と刺し違える人材が欲しい」・・・と言う風な見出しが目に入った。
もう居直りとしか思えない首相の座から、菅さんを引き下ろすには誰かが犠牲になるしかないという内容らしい。
『そうだよね、小沢さんの時に刺し違えた鳩山さんのような人物が欲しいってことなのよね、うん、うん』と、読んでもいない内容を勝手に想像しながら対面する男性の新聞を見つめていた。

すると、その男性がそれに気づいたか、私の顔を見た。
そして突然、『ダメ、ダメ』をするように頭を横に数回振った。

『あ、すみません。買っていないのにあなたの新聞の見出しを見てしまいました』
心で謝って、視線を下げた。

男性はまだ頭を横に振りながら、新聞の一面見出しが私に見えないように裏返した。
『はい、はい、もう致しませんから・・・そんなにかたくなに拒否しなくとも・・』
『こっちの席からは、内容どころか、大見出しの1、2個くらいしか読めないのだから少しくらいいいじゃん』
あんまり頭を横に振るのだもの、思わず居直りMIKANになってしまった。

しばらく・・静かな間があって・・・・
(最初から車内は静か。何かが起こっていると思っているのは私だけかも)

『いや、おかしい。あの男性、また頭を横に振っているぞ』
そうなのだ、もうとっくに他のページを読み終えて、新聞を鞄にしまったのに、まだ時折クビを横に振っているのだ。
『そうか、たけしの肩を時々揺らす行動みたいな癖かぁ』
どうやら、私にダメだと言っていたのではないようだ。
きっと癖で間隔をあけて頭を横に振る人だったのだ。

『なんだよぉ~、怒られてたんじゃないのね』

ま、新聞は自分で買って読んだ方が無難であることは確かだ。

by keshi-gomu | 2011-07-22 23:23 | 日本の車窓から

7月21日 サマータイムの過ごし方

我が社でもサマーセールを導入している。
いや、間違えた。
サマータイムを導入している。
てなわけで、本日は朝8時から仕事開始。
労働時間は決まっているのだから、当然終了は5時となる。

「こんなに明るい中、帰ってもいいんだぁ」
辺りがすっかり暗くなってから会社を出るのが当たり前だった私にとっては、なんだか新鮮。
北欧の白夜を味わっている気分になった。

時間がたっぷりあるのだと実感したら、何かしたくなるのがMIKANときている。
何も、さっさと家に帰ってゆっくりしてもいいのにね。
「さあて、どう時間をつぶそうか?」(時間つぶしなのか)

思い立って、美容院に行った。
いつもはせいぜいシャンプーくらいしか時間がとれないが、今日は5時台に店に入れる。
「今日はゆっくりトリミングしてもらおう」・・・って、犬か?私は。
いや、間違えた。
「今日はカットとヘアダイをしてもらおう」・・・早い話が白髪染めでしょ?

朝が早かったせいか、頭をいじられていたら眠くなってきた。
今日は店員さんが持ってきてくれた週刊誌に全く目を通さなかった。
そうとうぐっすりノンレム睡眠に入っていたようだ。

シャンプーが済むと、美容師さんが肩をマッサージしてくれる。
それで、また思い立った。
「そうだ、ここが終わったらリフレナンタラで、マッサージをしてもらおう」

3時間弱の美容院を出て、上の階のリフレナンタラの店に行った。
「肩が凝っているので肩と、右足の膝の半月板損傷しているので足を揉んで下さい」
なんと言う注文だろうか?

最近、足が凝って、むくんで、はって・・・どれが正しい表現だかわからぬが、異常に痛い。
夜も辛くて眠れないほどなのだ。
ぱんぱんにはっているこの右足の辛さを、どうにかしてほしい・・・

つ~か、怖い物見たさだよねぇ、σ(^_^;
足を揉んでもらって、もっと痛めるかもしれないのにねぇ。

「その力じゃ弱いの、そこは痛いの、肩はもういいの・・」だとか、うるさい客である。
足裏の壺・・いや、ツボは痛かった。
これだけ現状酷使しているのかと、実感する痛みだった。
耐えること、1時間弱。
少しは楽になった・・か・・な?

さぁて、そろそろお家に帰るとするかぁ。
そんなこんなの時間つぶしで、結局、帰宅はいつもの9時台だ。
表に出れば、辺りはいつもの暗さになっていた。
そうかぁ、千葉は白夜じゃないのかぁ。
d0012611_2247569.jpg

今日は、土用の丑の日らしいです。
夜は主人と家のそばの店で鰻を食べました。
・・・って、私はお昼も鰻を食べたんですけどね。
「お昼は中国産の小さな鰻だったもん、仕切り直しよ」

by keshi-gomu | 2011-07-21 22:40 | 今日のデキゴト