人気ブログランキング |

<   2011年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

2月28日 チュニジアの『ジャスミン革命』

msn.産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110220/mds11022021090015-n1.htm
中東諸国に飛び火 「ジャスミン革命」とは?
2011.2.20 21:07
 【ジャスミン革命】 チュニジアで23年間続いた強権的なベンアリ政権を崩壊させた民衆蜂起による政変。チュニジアを代表する花ジャスミンにちなみ、インターネット上で呼ばれ始めた。中部で昨年12月中旬、失業中の若者が焼身自殺を図ったことをきっかけに、政府批判のデモが各地で発生。今年1月14日、退陣要求デモの拡大を受けてベンアリ大統領が亡命、強権体制は幕を下ろした。その後、反政府デモはエジプトやイエメンなど他の中東諸国に飛び火した。(共同)

中国でNHKニュース中断 民主化集会封じ込めのシーンで画面真っ暗
2011.2.27 20:51
 中国で27日夜、NHK海外放送がニュース番組の途中で中断された。中国でチュニジアの「ジャスミン革命」に倣った民主化集会の呼び掛けがあったことを伝えた部分で、民主化機運の高まりを警戒する中国当局による措置とみられる。集会予定場所の北京の繁華街で散水車が水をまく場面が映し出された瞬間、画面が真っ暗になった。同放送は21日のニュース番組の途中でも、20日の集会開催の動きを伝えた部分で中断されている。(共同)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とあった。
世界では、民主化運動が大きく広まり革命へと進む現実がある。
世界が刻々と変わるそのまっただ中にいる我々。
日本国内にいると実感がわきにくいが、同じ時代を生きる人間として大きく世界に目を向ける必要もあると思う。
チュニジアの『ジャスミン革命』が中国にも変革を及ぼすのだろうか。
ニュースを読むと、今や世界の中国が未だこういう状態なのかと改めて思い知らされる。
中国で革命が起きたら『ジャスミン茶革命』か・・なんて言うとひんしゅくものだが。
チュニジアの『ジャスミン革命』と言う美しい勝利のネーミングを中国に移行されたくないと思うMIKANは、やっぱり焦点がずれているのか。

by keshi-gomu | 2011-02-28 00:25 | MIKANさんの目がテン!

2月27日 武将消しゴム

武将消しゴムです。
d0012611_22511537.jpg

大河ドラマも戦国武将だし・・って、あんまり関係ないか。

珍しい消しゴムさんでしょう。
d0012611_22514978.jpg

消しゴムを買ったらイワコーさんにもらいました。

買った消しゴムより先におまけUPですか、MIKANさん。


  あ、そうです、そうです、イワコーさん。
  そろそろひな祭りですから、ひな人形消しゴムなんて作って下さいな。
  十二単のお姫様の消しゴムが欲しいです。
  お願いします。

by keshi-gomu | 2011-02-27 22:52 | やっぱり消しが好き

2月27日 入試問題をネットに投稿って、クイズミリオネアのライフラインかっ

(2011年2月27日01時51分 読売新聞)
京大入試の試験中、問題をネット掲示板に投稿
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110226-OYT1T00670.htm
「京都大学(京都市)で25、26日に行われた入試(2次試験)で、数学と英語の問題の一部が、試験時間中にインターネットの掲示板に正解を求める書き込みとともに投稿され、実際に答えも寄せられていたことがわかった」とあった。

既にカンニングがどうのこうのというレベルの話ではない。
この種の人間は、こう言う行為をする自分に酔っているのだ。
自称『他の人間とは異なる閃きを持ちそれを巧みにやってのけるセンスを持つ人間』くらいのつもりでいるのだろう。

だが、それは間違っている。
他の人間はそれができないのではない。そんなことやらないのだ。

このニュースを読んで、最近の人々の車の運転の荒さを思い出した。
追い抜き禁止車線ですら脇から猛スピードで追い抜き割り込む車。
2車線を右や左に車線蛇行変更しながら少しでも前へと出て行こうとする車。
この種の運転者たちも、同じように自分に酔っているふうにしか思えない。
『ほら、俺って、私って、反射神経がいいのさ。鈍くさい運転している奴らは抜くに限るさ』と聞こえるようだ。

だが、それは間違っている。
他の車の運転者は鈍くさいのではない。そんなくだらないことやらないのだ。

なぜ普通の受験者と同じように素直に試験を受けられないのか。
なぜ普通の運転者と同じように安全運転をできないのか。

これって、過去の日本が普通じゃないものを褒め過ぎてきた副産物じゃないだろうか?
前記の『子供は褒めて育てろ』の話じゃないが・・
ちょっと器用に物事を済ませる子供を褒める傾向が強く、時間がかかるが着実に成し遂げる子供を鈍くさい扱いする日本の風潮ではないか?
毎日を着実に勤め上げて定年を迎えようと頑張る父親こそが大いなる偉業だと、母親は子供に伝えているだろうか?

そしてさらに、マスコミがそれを煽る。

そう言えば・・
入試問題をネットに投稿って、みのもんたのクイズミリオネアのライフラインみたいだ。
わからなければ、電話をして誰かに聞けってか?
ライフラインの「テレフォン」じゃなくて「オーディエンス」を使ってみればよかったのに。

by keshi-gomu | 2011-02-27 19:00 | MIKANさんの目がテン!

2月27日 「僕、ほめられると伸びるタイプなんです」

と、言う若者がいるが、こういう類いが伸びたためしがない。

あたかもジョークで言っています風で、
内心は、叱られる、怒られるのを恐れて前もって自分にバリアを張っているのだ。
誰だって叱られたり怒られたりするのはいやなものだ。

例えば、若者が新聞会社に勤めているとして、
「おお、君は綺麗に鉛筆が削れたね」なんて上司に言われる事はあり得ない。
ママじゃないんだから。
それどころか、
「その鉛筆もって、取材集めに行ってこい」と怒鳴られるのがおちだ。
昔の西田敏行ばりに、
「今、行こうと思っていたのにぃ~」くらい言い返せたら大物だが。

一時期流行った『子供は褒めて育てろ』教育論がこういう若者を作り出したのだろう。
子供は褒めて育てるのはいいとは思う。
だが、いいと言われる教育論が出回ると、世の中はなぜかそれ一辺倒になってしまう。
そしてその結果、
「僕、ほめられると伸びるタイプなんです」と言い放つ若者を誕生させる。

しかし、知っているだろうか?
その若者たちの大好きなタレントを。
少し前は、『細木数子』。今は、『マツコデラックス』。

なんだ、怒られたいんじゃん!(あれは叱りではないよ)
d0012611_9282437.jpg

写真は、半熟卵バーガーデラックスです。

by keshi-gomu | 2011-02-27 09:17 | MIKANの部屋

2月26日 相葉君のバーテンダー

今期のテレビドラマには期待度が低い感じであるが。

それでもこれだけはと思うドラマをみつけた。

毎週金曜の夜になると必ずチャンネルを合わせるのがテレビ朝日の「バーテンダー」だ。

嵐の相葉雅紀が主役のドラマである。

http://www.tv-asahi.co.jp/bartender/

「相葉君じゃ芝居は下手そうだし、どうせ自で台詞言ってるだけでしょ」と思っていたのだけれど、これがどうして、なかなか魅せてくれるのだ。

ひょうひょうといつもの相葉雅紀な感じなのだが、陰すら見え隠れする大人のバーテンダーに見まごうばかりの相葉雅紀でもあるのだ。

これは、彼一人の演技力というより、貫地谷しほりとの絡みで醸し出している雰囲気がいいのかもしれない。

ベテラン俳優陣が脇を締め、重厚なドラマにすら感じる。

毎週金曜日になると見逃してはならぬと思うのだから、MIKANにとっての今期のヒットだ。


そう言えば、最近バーに行かなくなったのが寂しいねぇ。

独身時代は美しくカクテルを味わったものだけど・・・

最近カクテルと聞くとこれを思い出すようじゃねぇ・・・

d0012611_243984.jpg

by keshi-gomu | 2011-02-26 02:02 | 週刊テレビ批評

2月25日 ファミレスで平日ランチしました

今日は久々の平日の休日です。

いつも行けない所に行けるとばかりに「どこへ行こう」と考えてみたら、市役所へ行く用事を思いつきました。
少々、強引に思いついた用事で特に今日でなくともいいのですが、平日休みのメリットを使いたくて意気揚々と市役所へ出かけたのです。
仕事のあるときは、「あれもできないこれもできない」とじれるものですが、
実際に休みになると「あれ?何かしておくことあったっけ?」と用事を探すくらいなのですから、案外切羽詰まった用事というものは少ないものなのかもしれません。
市役所へ着いて、証明書1枚を発行してもらったら、ものの数分でもう用は済んでしまいました。
あっけない感じです。

平日休みのメリットをさらに探して、次に思いついたのはファミレスの平日ランチでした。
それなら仕事のある日でもできそうだと思われがちですが、
職場周辺からファミレスが撤退してしまったので事実上毎日のランチではかなわぬものとなっているのです。(大げさね)

午後12時半。
ファミレスはさぞかし仕事途中の人で混んでいるのだろうと思って行ったら、作業着姿の人も背広姿の人も全くいませんでした。
それどころか、ここは女性しか入れないのかと思うほど見渡す限り女性ばかり。
赤ちゃんを抱いている女性2人組、
それより10歳くらいは年上だろうと思える女性2、3人組が多数。
(私を含む↑以上の年齢で↓以下の年齢層はいません)
杖をついていらっしゃる方など年配の女性2人組も多数。
そうなのです、住宅街の平日ランチのお客様は専業主婦がほとんどなのです。

ママたちは、それぞれの年代でそれぞれの子育ての話。
大ママたちは、医者の話で盛り上がっていました。

MIKANと背中合わせの真後ろのお母さんの言葉が今でも衝撃的に残っています。
話題は携帯電話から・・
「お姉ちゃんには、家事を手伝ってもらっているから携帯持たせているの」
・・そうなんだ、お姉ちゃんは携帯でいろいろ指示をだされるんだぁ・・
と思っていたら、しばらくして
そのお母さんが唐突に言い放ちました。
「私ね、一生、子供よりきれいな女でいるつもりなのよ」
なにか凄いですね。
娘が思春期に入って女性らしくなってきて急に思ったのでしょうか?
それとも、母親ってもともと、娘に敵対心でもあるものなのでしょうか?

あちらでは若いお母さんたちが、赤ちゃんを抱き上げて、
「こういう仕草する時って、かわいいよねぇ」と娘の自慢をしています。
若いお母さんも、娘が大きくなってきたら同じ気持ちを抱くのかもしれませんね。


そんなこんなの女性だらけの会話飛び交うファミレスで。
ただただ黙々と食べ続ける客が一人。
今日のチョイスはこれにしましたよ。(そろそろダイエットしなきゃ医者の話になっちゃうよ)
d0012611_1939930.jpg

by keshi-gomu | 2011-02-25 19:39 | 今日のデキゴト

2月24日 春や春・・・

春や春、春南方のローマンス・・・ってね。

サイレント映画の弁士が言っていた名せりふです。

ご存知の方は少ないのでしょうね。

流石に、MIKANもサイレント映画全盛期にはまだ産まれちゃおりやせんが。


2月24日、何とか言っても、もう春なんですね。

「気が付けばもう5時なんだぁ。日が長くなったねぇ」との会話が飛び出すこの頃。

夕方5時頃って、ちょっと前まで『日暮れ~』っだたのに、最近は明るくなりました。

今、家の外では、にやぁ~にやぁ~とお賑やかなこと。

春や春、ニャン全壊のローマンスですし。


5日前の写真です。
d0012611_23105562.jpg

近くの桜です。
河津桜と言う種類らしいので、吉野桜よりは早めに咲きますが・・
今朝見ると
d0012611_23122282.jpg

蕾は、開いていましたさ。

やっぱり春は訪れているようです。

by keshi-gomu | 2011-02-24 23:13 | 今日のデキゴト

2月23日 ドンマイ

ドン小西の妹、ドン真衣ではありません。(そんな人いません)

「ドンマイ!」とは、スポーツなどで仲間にかける言葉です。

起源は、英語のDon't mindからきていると言われていますが、完全に和製英語ですよね。

「気にするな」の時に使うのだと、むか~し、昔に友達に教わりました。

中学校の時、球技大会などがありまして、MIKANはバレーボールをやっていました。

勿論、スポーツ音痴のMIKANのことですから、みんなに助けられバレーの練習をやったものです。

レシーブを取れなくても「ドンマイ」、サーブがコートからはみ出しても「ドンマイ」。

仲間がいつも声をかけてくれます。

それでもMIKANは、放課後近くの河原で遅くまでウルトラCレシーブの猛特訓をしたり、

早朝グランドで竜巻サーブの秘密特訓に励んだりと、

熱血スポ根漫画なみに根性見せてましたよ。

あの仲間どうし、声をかけあう「ドンマイ」は今でも耳に残る青春の響きです。

この「ドンマイ」って言う言葉は、いつの頃から始まった言葉かは分かりませんが、

仲間から「気にするな」言われたその瞬間に嫌なことなんて忘れちゃうものです。


学生時代は終わったけれど、大人だって毎日いろいろありますよね。

今日、ちょっと嫌なことがあったあなたに・・・ドンマイ!!

d0012611_22183786.jpg

by keshi-gomu | 2011-02-23 22:11 | 今日のデキゴト

2月23日 雛人形のCMが減ったね

また、CMの話?

お正月を過ぎると毎年のようにお雛様のCMがいっぱいだった頃がちょっと懐かしい。

人形は顔が命・・・芸能人は歯が命・・ってね。流行ったなぁ。

お正月どころじゃなく、立春も過ぎ、もう2月も後半だというのに、あんまり目立った雛人形のCMがない気がするのはMIKANの気のせい?

みんな、雛飾りにあんまり興味がなくなったのかなぁ?

写真は、うさぎさんのお雛様。
d0012611_0182090.jpg

今年の干支ですからね。
d0012611_0172337.jpg

折り紙で我慢しちゃいますか。

by keshi-gomu | 2011-02-23 00:21 | 週刊テレビ批評

2月22日 suicaのCMで思うこと

最近、MIKANはCMが気になるのか・・・

suicaのCMで思ったことがある。
若い女の子がコンビニのレジでお財布から小銭を出そうとして、後ろに長い列ができるというあのCMである。

suicaCM制作者側としては、
「suicaがあると、ほぉら、こんなに便利ですよ」と言いたいだけなのだろう。
d0012611_2319228.jpg

ただふと思う。
後ろに列ができるのは、その女の子のせいじゃない。
列をつくらせないように、レジをもう一つ開けるなどの店の配慮が必要なのだ。
レジ前で時間がかかったらあんなに恥ずかしいんだぁ・・と。
視聴者に不安をつのらせsuicaを買わせようとするのは、生命保険の商法と一緒だ。

またふと思う。
後ろに列ができてどこが悪いのだ?
前の人の清算を待つという当たり前のことがどうしてじれるのだ?
そんな人間が多くなったとすれば、それもこうやってCMなどで煽るからだ。

それがエスカレートしてきている現在、ご老人の所作動作が遅いと急かす現象まで現れている。
そんな日本でいいのか?
君だって年取るとスピードは遅くなるのだよ。
ご老人のそれをゆっくり待っても何十分とかかるわけじゃない。

suicaCMではそこを突かれては問題だとばかり、suicaを年配の女性に持たせている。
かっこよくレジ清算が済むとばかりうたっているが・・
あれは余計に年配の人間に向って「suicaを持てよ!」と悪態ついている風に感じる。

じゃあ、ゆっくりとレジをしてもいいんだよねとお思いのあなた。

例えば「今日のコンビニでの買い物を全て1円玉で払おうじゃないの」と机の上の『10万円が貯まる貯金缶』を開けてレジに持ってきたとする。
店員さんはそれを数えなければならないから、後ろに列ができるどころの騒ぎじゃない。
こういう場合は、店側は「困ります」と拒否してもいいのだ。

法律では、一度の清算で使える硬貨は20枚までと決められている。

かと言って、小さな子供が1円玉の袋を抱えて来て
「これでお母さんにプレゼント買いたいの」なんて言われたら、店員さんも一生懸命数えてくれるだろうけどね。

by keshi-gomu | 2011-02-22 23:30 | 週刊テレビ批評