人気ブログランキング |

5月30日 木村拓哉のドラマ

初夏になって、TBSの春のドラマが1つ始まった。
よーい、どん!
で一斉に始まった春のドラマスタートラインに並ばなかったのは何故なのだろ?
後出しジャンケンみたいなもの?
キムタクがドラマの中で言ってたよ。
「後出しはダメだよ」って。

脳科学者が事件を解決していく。
脳科学で・・・・いやぁ・・・
ここ2回ほど見ているけど、科学的解決には思えない。
結局は主人公科学者が現場に出向いて行って、
犯人にカマかけて言葉巧みに白状させているだけな感じなのだが。
大体、脳科学でどこまで話を引っ張れるのかとも思うけど。

木村拓哉を使って、不動の刑事ドラマを作りたいのでしょうね、TBSとしては。
あの、『古畑任三郎』のような、木村拓哉の代名詞になりそうな刑事ドラマを。

今や週刊誌はバッシングの嵐。
男性が木村拓哉を書くと、ここまでこき下ろすかって感じになるのは、これまた何故?
悪口を嬉しそうに書いている男性ライター。
それまた、その紙面をよく言ったと褒める男性評論家なる人。

ま、ともあれ視聴率がいいのは結果論としてよかったね。

ドラマの感想。
木村拓哉に真っ向勝負を挑んでいる市川海老蔵と、
自分を押し殺しても精一杯芝居している水嶋ヒロが目立ちすぎだ!
その2人よりは、肩の力をふっと抜いてるが、香川照之の役者魂もいいなぁと思う。
あの1話の市川海老蔵と香川照之のにらみ合いは迫力があってどちらもかっこよかった。
もしかして、みんな主役なのかもね。

一流役者の勝負の場を木村拓哉が作ってくれてるのかもしれない。
d0012611_21364264.jpg

水嶋ヒロだけは・・ちょっと起用をまずったんじゃない?
あれだけコミカル演技もできたら・・・第2のキムタクになっちゃいそう。
もしかすると、主役の座を脅かすかも!

by keshi-gomu | 2009-05-30 21:13 | 週刊テレビ批評

5月17日 ちょっとそこまで

ちょっとそこまで、足を伸ばして海を見てきました。
ここのところ暑くなってきたけど、まだ泳ぐには早いようですからね。

房総の旅?
ま、近場で深呼吸です。
d0012611_21502251.jpg


美味しい海の幸も食べてきました。
d0012611_21524440.jpg

d0012611_21531298.jpg


お休みがお休みらしい充実した2日間でした。

・・・・って、え~、これで今日のブログ終わり?
          ・・・・・・・スンマセン、ちょっと疲れました。

by keshi-gomu | 2009-05-17 21:46 | 自然百景

5月9日 週刊文春の記者はおバカキャラ?

ちょっと前に買った週刊文春を今頃読んだ。
4月23日号とある。

DAIGOの事を書いた記事を読んで驚いた。
記者はDAIGOのことを”おバカキャラ”と言う言葉の連発で見下している。

書き出しはこうだ。

・・・・・抜粋・・・・・・
「ジーミソ(三十路)卒業して、ハンパない三十一歳になるぞー!ありがとうぃっしゅ!嬉しうぃっしゅ!」
今月八日、自らの誕生日にイベントでそう歓喜の声をあげたのは、DAIGO(31)。
ジーミソ卒業するのは、四十歳になるときだゾ、っていうツッコミはさておき、彼の三十一歳には”たしかにィ、ハンパない”サプライズがあるとか。
・・・・・続く・・・・・・

この書き出しは読者を掴もうと太字になっている。
彼女がいるのではとの内容なのだが、どう取り繕った文章を書いても、記者の心の根本に見下した感が随所に現れていて読んでいて気分が悪くなる。

文春の記者さん、ツッコミ入れてもいいかねぇ!

ジーミソ卒業するのは、四十歳になるときじゃないゾ!
DAIGOの言っているように、三十一歳になるときだゾ!
『三十路=三十歳』なのだから!


三十路って30のことだからね。
30代のことじゃないからね、文春の記者さん。
わざと書いたなんて事は、記者には許されないことである。
伝えることを職業にしている者は、後生の人々に間違いを植え付けてはならないのだ。
週刊誌の記者は実際が”おバカキャラ”でも、”おリコウキャラ”を演じなさい!
d0012611_23363990.jpg

by keshi-gomu | 2009-05-09 23:37 | MIKANさんの目がテン!

5月7日  消しゴムがおまけだぁ!

朝、JRのコンビニに寄りました。
いつものようにペットボトルのお茶を買い。
これが、今日の仕事中の摂取水分。
いつものように、チョコを買い。
これが、今日の仕事中の摂取養分。
(これは不要か・・・)

毎朝のお決まりコースの棚の前。
今日は、チョコの前でぱたっと立ち止まりました。
「え~?消しゴムのおまけ?」
d0012611_0243793.jpg

明治のお菓子を買うと1個消しゴムがついてくる。
箱には、『横浜の楽しいなかまたち』と書いてあります。
ここは千葉だけど・・・ま、固いことは言いっこなし。

見ればどれもこれも、持っている物ばかりだけれど。
嬉しいじゃないですか。
思わず明治のお菓子を2個買いましたよ。
どれにしよう、チャーハン消しかな?
私にとってはそっちがメイン。
とってもウキウキした気分の一日が過ごせました。

帰りにもう一度、明治のお菓子を2個買ったのは言うまでもありません。

by keshi-gomu | 2009-05-07 23:18 | やっぱり消しが好き

5月4日 ゴーストが見える

テレビドラマの新しいシーズンが始まった。
なんで3ヶ月毎に新ドラマなのか・・・
もう少し長く見たいものもあるのにねぇ。
とは言え、大河ドラマのように「1年あるぞ~」とアグラをかれても、中だるみになるが。

今のところ、私めは、
『アタシんちの男子』 『婚カツ!』 『アイシテル』 『 ザ・クイズショウ 』
あたりにはまっている。
今回は、フジテレビが多いかな?

あと、変わったところで、
NHKの『ゴーストフレンズ』も面白い。
最初は、中学生日記か?と思ったけど、ゴーストが見えるなんて奇抜な発想だ。
なんの漫画が原作だろう・・
と思っていたある日の深夜、洋画のようなドラマを見て驚いた。

え~?
こっちもゴースト?
ゴーストが見えるって話?
あれ?あれ?

『ゴースト~天国からのささやき』
こちらはちょっとリアルだけれど、ん~次が見たくなるのは何故だろ?

今、ゴースト流行なのかな?
d0012611_0533317.jpg

by keshi-gomu | 2009-05-04 00:37 | 週刊テレビ批評