人気ブログランキング |

12月25日  鶏口牛後

「これ主人の名刺なんですけど、面白いんですよ」
唐突にご主人の名刺を出した女性がいた。
・・面白いと言ったって、ギャグが書かれてる訳じゃないだろに・・・
と内心思った。
ご主人の名刺を他人に見せて何をしたいんじゃ?
「このマーク、まぁるくて地球みたいでしょう?」だそうな。
こちらはどうアクションをしたらいいのか?
他の人達は
「凄いところにお勤めなのねぇ」と口々に反応をしている。
アクションを起こしてあげるところは、そうかぁ、そこなのか。
大人なのねぇ、みんな。
誰もまぁるいマークには触れない。
子供の私の反応は・・・・
「え?地球のマーク?ご主人、地球防衛軍にお勤めなの?」
であった。

ご主人の名刺を見せていいところに勤めてるのよぉ~と自慢したいのだろうが。
自分の夫の名刺を見せる女性がいる・・そんなシチュエーション自体が大嫌いだ。
MIKANの夫は東証1部上場企業に勤めている。
一応名刺を持っているらしいが、妻である私は知っているからそれをもらう必要がない。
ましてや、本人の承諾なしに他人に見せようとは思わない。
名刺を出すなら、自分の名刺を出しなさい、女性達よ。
この世の中に、妻の名刺を見せる男性がいるだろうか?
女性達よ、自分で自分の価値を男性以下に下げてることに気が付かないのか?

MIKANはやっぱりひねくれているから、勤め先が地球防衛軍だろうが大手企業だろうが、
雇われている限りたいしたことはないと思っている。
そんなの自慢にならないじゃないか。
仕事に上下の区別は全くないが、私的に尊敬する人は自分で事業をやっている人だ。
工場経営や、お店の社長、凄いではないか、定年すらないのだ。
それなら、最高に自慢出来る。
「鶏口牛後」
大きな牛の尾になるより、小さくとも鶏の頭になる。素晴らしいことだ!
そして、MIKANはもっとひねくれているから、いや生意気だから。
鶏口牛後をなし得た人が夫だとしても、尊敬はしても自慢はしない。
だって、自分じゃないのだから。
自分じゃない夫を自慢するなんて、自分が惨めだもの。
女性が惨めだもの。(まだ、そんな時代なのかな?)

と、エラソ~に言っているMIKANは、根本的になまけものだから、
鶏の尾にもなれないけどね。だめジャン!
(ところで鶏に尾はあるのか?)

女性達よ。
そろそろ、「誰々さんの奥さん」「誰々ちゃんのお母さん」と呼ばれるのをやめないか?
あなたの名前で呼んでもらおうよ!

d0012611_22194471.jpg

by keshi-gomu | 2008-12-25 21:44 | MIKANさんの目がテン!

12月22日 忘年会

昨日、コーラス部の忘年会に行って来ました。
練習に・・と言わないところが、MIKANらしきところ?
もう、一年が終了するのですね。
今年はあんまり練習に出られなかったから、道程も新鮮に感じられます。
そうは言っても、色々あった一年です。
合宿は花火大会もしましたね。
とげぬき地蔵様のそばで練習もしましたっけ。
2年目の合唱祭で、自分の落ち着きに驚きもしました。
色々が楽しい・・それが生きてるってことですかね。
オーバーなっ。

忘年会は、その楽しさを確認する場でした。
年を忘れたいなんて、いやなこともないコーラス部ですものね。
優しいみんなの心が伝わりあって素敵な時間を過ごせました。
みんなの和の中にいるとほっとするのは何ででしょうか?

さてさて、来年はどういう年なのか?
すすきのの秋が楽しみに誓い合った仲間達でした。
ん?訳わからん?

私にとって素晴らしい出会い。それだけは事実です。
d0012611_2351497.jpg

by keshi-gomu | 2008-12-22 23:57 | 芸術シアター

12月6日 ドラマのロケ地

とうとう12月になり、はまっているドラマたちも佳境に入ってきた。
もうどのドラマも最終回近しなのである。

今が一番面白いところかもしれない。

最終回が近づいてくるとどこで撮影しているかを分かるように写してくる。
OLにっぽんは幕張の公園横で撮影していた。
この間は会社の窓の後ろにイオンと東京ガスのビルが映っていた。
と言うことは?NTT?

ガネーシャぞうさんのドラマも同じ場所みたい。
七瀬ふたたびも幕張の道を走っていたっけ。

今、幕張ビル群はドラマ撮影のメッカか?

さすがに篤姫はロケに来ないけどね。
d0012611_22414129.jpg

夜の海浜幕張駅前です。

by keshi-gomu | 2008-12-06 23:18 | 週刊テレビ批評

12月2日 行列のできる法律相談所

先日、お友達がTVに出ました。
日本テレビの「行列ができる法律相談所」です。

カンボジアのこども達のために学校を建てようというものです。

彼女は、素直に貢献したいと絵を購入していました。

すごいねぇ、100万円とか200万円とか・・・みんな。
中には商売に利用出来そうな人もいたけれど、根本は慈善の心ですよね皆さん。

彼女も100万円くらい出していたみたい。
商売もやっていないから、きっとお家に飾るんでしょうね。

彼女の素直な心持ちに感激です。

d0012611_215427.jpg

by keshi-gomu | 2008-12-02 21:05 | MIKANの部屋