人気ブログランキング |

11月30日 電車内編み物はやめて!

黒猫さんのブログで、電車内化粧の話が載っていた。
他人の前での化粧がみっともないこととは思わない女の子達。
彼女たちの他人は、例えば学校や会社の中で出会う人々。
そこへ行くまでに化粧を整える。
電車の中の人々はそれより一段下がって、景色の一部のようだ。
我々は、畑のキャベツか?
ただし、畑のキャベツもいろいてね。
「人前での化粧はなんて娼婦じゃないんだから・・品がないことなんだよ。」
とたしなめてくれる優しいキャベツばかりじゃない。
「しょうがないなぁ」
と親の目を持って諦めてくれるキャベツばかりじゃない。
スキのある彼女を嫌らしい目つきで見つめるキャベツもいるからね。
電車の中などにいる時の方が、よっぽどきちんとしていないと。

偶然私も、電車内で気が付いたことをブログに書こうと思っていた。
いつも黒猫さんと同じ時期に同じようなことを思う私である。

最近増えてきた、電車内での編み物の話である。
「女性っぽいでしょう?私、編み物しているのよ」
なんて、考えで電車内編み物をしているのではないだろうが・・・
「この電車に乗っている時間がもったいないから」
と、編み物をしているにしても・・・・

止めてほしい!!

見ている方が、ヒヤヒヤしてたまらない。
かぎ針や編み棒はあれは凶器である。
電車やバス内で編み物は刑法で罰せられたとの実例もあったという。
動いている中で、かぎ針や編み棒がそばの人に刺さらないとは限らない。
揺れたり、急停止したり、子供が走ってきたり、自分の持っているかぎ針が人を刺す凶器になると思わないか?
特にかぎ針は、尖った先が簡単に刺さる。
その刺さったかぎ針をを抜こうとすると何倍もの肉をもぎ取り大きな穴になって抜かねばならない。
あまりに鈍感過ぎる人間が増えるのが悲しい。
周りで、ヒヤヒヤして見ているものがいることを知っていて欲しい。
電車やバス内での編み物は止めて欲しい!


d0012611_2322299.jpg

by keshi-gomu | 2008-11-30 23:03 | 日本の車窓から

11月29日 オレンジジュース?醤油うこと!

パソコンの前に置いて写真を・・・
d0012611_2392293.jpg

醤油・・・

みたいな・・・

オレンジジュースです。

d0012611_23102561.jpg


ご丁寧に「醤油ではありません」と書いてあります。

セブンイレブンに置いてありました。

味は?・・・・ん~・・・

ご自分で確かめてください。

by keshi-gomu | 2008-11-29 23:12 | 今日のデキゴト

11月24日 堺雅人とパナソニックのCM

堺雅人 薬師丸ひろ子 主演のドラマを視ました。

「あるがままの君でいて」

篤姫の視聴率を1人で稼いだような堺雅人をもう一度見たいと
きっと多くの人が見たのではないでしょうか。

内容もそれを見込んだかのように堺雅人の一人舞台状態。

普通なら可哀相なヒロイン薬師丸ひろ子にスタッフも力を注ぐところでしょうが・・・
あのアイドル薬師丸ひろ子が、ちょっと控えたようなドラマづくりになっていました。

とってもよかったです。感動的で。
やはり堺雅人は上手なんだなぁ、
薬師丸ひろ子の控えめな感じが逆に光っていたなぁ
・・・と思いました。

ただ残念なのは、パナソニックのCMが入りすぎです。

折角盛り上がって感動的になったところで、ブツッと切る。
そこにパナソニックのCM。それも入れすぎ。

感動がその先の感動に広がっていかないのです。
ドラマの抑揚を、大きなものにする前に切断しています。
素麺茹でる時の差し水状態みたい。

誰もがパナソニックだけが提供のドラマだって分かってるのですから、
押しつけるように、そんなにCM詰め込まないで。
全てが違うCMならともかくも、同じCMの繰り返しだし。
企業が焦ってるように見えます。
もっと、おっとりと構えて、見ている人にこれでもかって言うほどの感動をあたえてから、
CMに入れば、企業のゆとりが見えてきます。
こんな素敵な家庭の愛を育てる場所はパナソニック製品が演出していける・・
と、視聴者は素直に心に刻むことでしょう。

チナミニ、薬師丸が火事の炎を連想して怖がるコンロの火。
その後の、IHコンロのCMはわざとでしょうか。

d0012611_23244190.jpg

by keshi-gomu | 2008-11-24 23:24 | 週刊テレビ批評

11月23日 誰だ!誰だ!誰だ~?

誰だ!

d0012611_15421084.jpg


誰だ!

d0012611_15424930.jpg


誰だ~?

ビルの谷間に忍び寄る~

d0012611_15443152.jpg


師走を迎える幕張

by keshi-gomu | 2008-11-23 15:48 | 日本の車窓から

11月21日 インフルエンザの予防注射

会社でインフルエンザの予防注射を受けてきました。
インフルエンザの注射自体、生まれて初めての経験。
痛そうだし・・注射したらインフルエンザになっちゃいそうだし・・・
なんて、子供みたいに単純に怖がっていました。

会社で受けるのは、何だか学校時代を思い出します。
行列を作って、受付、問診、注射・・・へと流れ作業。
ワイワイ、ガヤガヤと子供時代よりうるさいかも。

怖いから受けたくない気持ち十分の私は、問診でひっかかることを少々期待しています。
「今日の体調は・・」
とお医者さんに聞かれて、即
「このところ咳が出てて、ちょっと胸が苦しいんですけど・・」
と私。
「あ、そうなの咳が出てるの~。じゃ、大丈夫だね」
って、問題外らしい。
あちゃぁ~。

仕方ない、覚悟を決めるか。

今度は注射待ちの列に並びました。

後ろで、次の人の問診の声が聞こえます。
「今日は、妊娠してませんね?」
だって。
あら、なんで私には聞かないのよぉ~、聞いて欲しかったなぁ・・
と思って、振り向きました。

そこには向き合って会話をしている男性が2人。
先生の聞いている相手は、なんと男性だったのです。
「今日は、妊娠してませんね?」
の質問に目を丸くしながらも素直に答えてる男性。
「はい」

場内大爆笑。
先生、受け狙ってるでしょ。

なんだかんだと言いながら、いつの間にかに私の番です。
とうとう注射器の前に来てしまいました。
「ちょっと痛いですよぉ~」
と言われて、覚悟をしたら、
「はい、少々押さえてくださいね」
え?もう終わり?
痛くもなんともないのです。

上手じゃん!
思わず心の中で喝采です。

その後、10分くらい経って、先程まで出ていた咳が止まったのです。
嬉しくなって、同僚に
「注射したら、咳がとまったわ」
と言ったら、
「そんなわけはないでしょ。風邪薬じゃないんだから」
と言われました。

・・・そうか、やっぱり。
ただただ、単純なMIKANだってこってす!
d0012611_1751749.jpg

by keshi-gomu | 2008-11-21 22:26 | 今日のデキゴト

11月15日 ドラマにはまる

この頃、暇が出来たのか・・・

ドラマ漬けの毎日である。

今はまっている大好きなドラマをあげてみると。

1位 『夢をかなえるゾウ』日本テレビ木曜11:58
2位 『流星の絆』TBS金曜10:00
3位 『篤姫』NHK日曜8:00
4位 『OLにっぽん』日本テレビ水曜10:00
5位 『七瀬ふたたび』NHK木曜8:00
6位 『SCANDAL』TBS日曜9:00
7位 『スクラップティーチャー』日本テレビ土曜9:00

と言うところだろうか。

多分、ひねくれ者のMIKANだから、世間の流れには充分逆らっているだろうけど。
このドラマ達は第1回目から今のところ全部見てるのだぁ。

そう言えば、フジテレビが一つも入ってない。
月9もイマイチ線の細い俳優陣だし・・・
風のガーデンも最初だけ見ていたっけ・・
チームバチスタの栄光は映画の印象が強すぎて・・
セレブと貧乏太郎は上地雄輔を週2回見ても混乱する・・

TBSのブラッディ・マンデイあたりはイケメン君達で人気なんだろうと思うけど・・
三浦春馬は、引きつけるものがあるから見たいのだけど・・・
あたしゃ内容が少々怖いです。

イケメンと言えば、オー!マイ・ガール!!
速水もこみち・・・・ん~

ま、秋の夜長・・・いや、冬の夜長・・・
やっぱり、二宮和也と寺島進かぁ。
いやいや、忘れちゃならない古田新太か・・・ってね。

d0012611_1915452.jpg

by keshi-gomu | 2008-11-15 19:15 | 週刊テレビ批評

11月14日 違うのよ!

朝のバス停で列を作って待っていた。

今朝は、少々後ろの方か。

私の数人後ろに中年の女性がいた。

そこで列は終わっている。

そこに足早にもう1人女性がやって来た。

やってくるなり、最後尾の女性に話しかけた。

友達か。

「違うのよ!あの時電話が掛かってきてね・・・」

とうとうと話し始めた。

どうやら、数日前ドタキャンをしたらしい。

しかし、朝顔を見るなり、話し始めの言葉が

「違うのよ!」とは、面白い。

彼女の中では、ドタキャンのその瞬間から今朝の出会いの時まで

時間がつながっていたのだろう。

バスの中では、最後までその日の状況を語り合っていた。

唐突に「違うのよ!」から話し始める女性って案外と見かけるものだ。

中年女性特有のちょっと無邪気な口癖だと思う。
d0012611_1974858.jpg

by keshi-gomu | 2008-11-14 19:16 | MIKANの部屋

11月2日 日本テレビアナウンサーへの手紙

『アナウンサーコンチェルト』と言う文化祭を拝見しました。
ハードな仕事の合間に練習をして大変だったのはわかります。
ただ、このコンチェルトは自分たち側日本テレビ側がやりたくて始めたことですよね、演目も自分たちテレビ局側で選んだことですよね。
なのに、思い上がっていませんか?
阪神淡路大震災の被災者を上から目線で見下しています。
最後に森アナウンサーが発した言葉が皆さんの本心なんでしょうね。
「やり終えた時に亡くなった方のお姉さんに、ありがとうってもらえるか、よくやったと言ってもらいたい」
そう、この『ありがとう』と『よくやった』を期待していることにあなた方の本心が凝縮されていますよ。
「ありがとう」と言えるのは、その被災者のお姉さんが企画をして頼んだ場合成り立つ言葉ではありませんか。
今回は日本テレビが「あなたのことを取り上げてあげるから、ただで見に来てごらん」・・・姿勢ですよね。
本来なら、「あなたと亡くなった妹さんのことを題材にさせていただきます。ありがとうございます」とアナウンサー側が言うべきことではないのですか。
「よくやった」と被災者に求めるのですか?
舞台をよくやったと言って欲しかったら、自分のお母さんに言ってもらいなさい。
どこかに伝えてあげる・・と言う上から目線姿勢があるのでしょう。
最後に「『ありがとう』」と言ってもらえました。」と結んでいましたが、テレビの一番ずるいやり方ですね。
本人の生の声は一切入っていないで自分側の都合のいい言葉をアナウンサーに言わせて終了すること。
本当に本人が言っていたかかどうかも定かでないし、言っていたとしても流さなきゃ分からない。
本人の声ならその微妙なニュアンスも伝わりますから、都合が悪くなるかもしれない。

ご自分達が言って入らしたでしょ。
「ことばは武器にもなるのです」
取り上げられた被災者本人達はきっと色々なことに耐えてこられたから、些細な言葉は流してしまう心の大きさが出来ていることでしょう。
ただそのやりとりを見せつけられている我々にも心があります。
ことばは我々の心を傷つける武器にもなるのです。

d0012611_15553689.jpg

by keshi-gomu | 2008-11-02 16:04 | MIKANさんの目がテン!