11月17日 母の死

13日に母が亡くなりました。
一昨日、昨日と、通夜告別式を済ませました。
現実なはずの目の前を過ぎていく現象が、まるで夢の中にいるようで…

母はおよそ5年前にガンにかかりました。
それから今まで、手術や抗癌剤治療を続けてまいりました。
その副作用のため数回の入院も余儀なくされましたが、その度に辛さにうち勝ち退院してきた母です。
3週間前には東京の信濃町に診察を受けに行ったばかりでした。
次の予約も入ったままです。
ですから今回の突然の入院も、まさか眠ったままの状態で退院するなどとは思ってもいませんでした。
我慢強い母でした。

花の好きな母でした。
ははの手に掛かると、枯れかけた植木鉢の植物がつぼみをつけます。
「花もね、愛情を持って育てれば微笑んでくれるものよ」
母の言葉です。
優しい母でした。

『千の風になって』と言う曲が大好きな母でした。
夜になると、心が落ち着くと言っては何回もCDをかけて聞いていました。
今、きっと母は千の風になって、あの大きな空を吹き渡ってくれることと思います。

棺の中の母は美しく、ただそこに眠っているようでした。
今にもふと目を開けて起きあがってくるような…
私は花入れもそこそこに、掌で母の頬を暖めていました。
悲しいけれど冷たい。
でも彼女の頬には弾力がありました。
やわらかい頬でした。

皆さんの前で主人が言いました。
「立派な義母でした。私は尊敬してます」


励まして頂いた皆様にこのようなご報告になってしまいました。
お優しい皆様のお心をその都度母に伝えて参りました。
母は嬉しそうに微笑んで「お礼を言ってね」と申しておりました。
   
   皆様、
      ご心配をお掛け致しました、
      そしてありがとうございました。


d0012611_1882126.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2007-11-17 18:08 | MIKANの部屋

11月9日 病室の夜

d0012611_18324744.jpg

昨日は主人が泊まったので、今日は私が泊まっている。
母の隣の簡易ベッド。
数日前の夜中、電話で呼び出されて以来付きっきりの日々が続いているのだ。
酸素を強引に吸わされて寝ている姿が信じられない。
2週間前には、車椅子ではあっても、東京の信濃町の病院まで行っていたのに。
あまりの急激な変化についていけない私。
いや、あまりの急激な変化を信じられない、受け入れられない私がいる。
歩けなくなって、座れなくなって、起き上がっれなくなって…
そんな変化が何日かの間に起こった。
その先にも変化があるとは。
寝たきりになっても、最初は食べたり飲んだりも出来ていた。
箸は勿論、吸い飲みすら持てなくなって…
今は、ただ点滴と酸素だけ。
苦しいの?
眉間にシワがよるとこちらの方が見ていて苦しくなってしまう。
[PR]

by keshi-gomu | 2007-11-10 18:32

11月7日 冬のはずです

11月になって1週間が経ちました。
今は、秋なの?いや、もう冬ですよね。
明日は立冬ですもの。

うちの庭に植わっている菊が、塀の隙間から顔を出して、道路で花を咲かせています。
ああ、塀から首を出してるな・・とは思っていたのですがほおっておいたら、そのまま咲いてしまいました。
生命力の強い菊です。
d0012611_21365959.jpg

いや、図々しい菊です。

場所は変わって、朝方、近くの川のほとりに行きました。
そこで発見。
d0012611_21383420.jpg

どう見ても・・・
桜!
ですよね。
寒桜?
それにしても早い感じです。
[PR]

by keshi-gomu | 2007-11-07 21:40 | 自然百景

11月3日 食欲の…

母が入院前には、なかなか食べてくれなくて。
彼女の献立を考えるのが大変だった。
好き嫌いもあるが、何を食べても内蔵が辛くなるためだったらしかった。
今は病院食と薬。
食事も治療の一環のつもりで食べているようだ。
私は、ケーキだ、プリンだと、好きそうな物を運ぶぐらい。
今日は何を作ろうと献立に悩んでいた日々すら懐かしい。
元気で食べられることの幸せをかみしめて、私一人今日も食べ歩き。
…って、MIKANはダイエットだろ~。

d0012611_2131279.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2007-11-03 15:24 | 今日のデキゴト

11月1日 今日は母の誕生日

今年何度目の救急車だろう?
ホスピス探しではなく、やはりホスピタルに入院と相成った。
数日前の台風の凄い中、母は救急隊員さんたちによっ て運び出されて行った。
「この間は、元気になって歩けるようになって退院したのよね。今回はなんの入院?どうなればいいの?」
なんの入院たって、元気になるための入院以外あるのか?
と、思いながら…
ああ、そうか、彼女は、ここがホスピスだと思っているのか…
実際ホスピス探しを始めようとしていた心を見透かされたようだ。
点滴、薬、注射…食欲不振の体に薬だけは確実に入っていく。
つらそうだ。
見ているこちらもつらくなる。
「元気になりゃいいのよ」
声にならない声で母に叫んだ。
[PR]

by keshi-gomu | 2007-11-02 13:19