12月29日 ウイリィー、何歳?

12月29日、今日はウイリィーの誕生日である。
幾つになったの?

・・・ちょうど1年前のことになるが、年末の掃除をしていた時の事。
引き出しにしまっておいた血統書がでてきた。
「どれどれ」と、開いて楽しんでいた。
お父さんにお母さんの名前、兄弟は何匹とか・・やはり最後には誕生日の項目に目がいく。
「エリザは2001年4月6日生まれねぇ、もういい年じゃん。ウイリィーは、・・・っと・・・1992年12月29日。もうすごい年じゃん。」
「・・・ん?・・・あれ?・・・1992年?」
「やだぁ、HPに1996年って書いてたじゃないのぉ~。」
ウイリィーの年齢詐称をしてしまった。
HPを作る時、平成4年が1996年だと思っていたらしい。
あらら、4歳も若くサバ読んでしまっていた。
と言うわけで、去年の暮れ、突然HPを縮小してしまったのである。
なんだか、皆さんに悪くなってしまって・・・

それから、また一年が過ぎた。
今日は、ウイリィーの誕生日である。

ウイリアム、愛称ウイリィー。
平成4年12月29日生まれ、シェットランドシープドッグ、オス。
飼い主同様、ノウテンキでボーっとした性格。
年齢、本日で満14歳。
いつまでも長生きしておくれ。

d0012611_2123161.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2006-12-29 21:23 | どうぶつ奇想案外!

12月27日 年の瀬の?ハテナ2題

私の住んでいる千葉の片田舎では、年末警戒パトロールなるものを実施しています。
自治会のおじいさん方が、夜な夜な拍子木を手に歩き回って下さってます。
とっても有意義で、素晴らしいことだと思うの・・・ですが・・・
これって、『防犯や火の用心』で町内の人々に意識付けするのが目的なんだろう・・と思うのですけれど・・

おじいさん方!
歩き回るのにも、タバコを吸うのは必要ですか?
出発点のテントに吸殻入れを常備してまでタバコを吸いたいですか?
火の用心を訴えているその美しい時間帯くらい禁煙できませんか?
なんか矛盾を感じるのは、私だけでしょうか?
そうじゃなくても乾燥している冬の道、テント設置の空き地は枯れ草の上です。
年末警戒パトロール中くらいは禁煙しましょうよ。
偉そう~に・・・って感じ!
形だけやっとけ・・・って感じ!
に、見えますよ~。
これって、千葉の片田舎だからでしょうか?

最近、救急車のサイレンの音がよく聞こえてきます。
と、言う事は、この年末に、急病になられたり事故があったりと大変なことが多く起こってるってことなんですよね。
早く病院に行かなきゃ・・・と、焦るサイレンの音なんです。

なのに、道行く車の人たち!
この頃、自分の車くらいは先に行っても大丈夫だろ・・・って思ってるのか・・
救急車のサイレンが鳴っても、車が脇に避けて止まることをしませんね。
モラルが悪くなってませんか?
救急車に道を譲りましょうよ。
サイレンの音がしたら、すぐに止まって救急車を優先させる、それがマナーだし人としての基本じゃありませんか?
これって、千葉の片田舎だからでしょうか?

なんだか悲しくなる年の瀬です。

d0012611_0504444.jpg

写真はお友達から頂いた鮭です。美味しそう・・・
[PR]

by keshi-gomu | 2006-12-28 00:08 | MIKANさんの目がテン!

12月26日 炊飯機が壊れた

炊飯機が壊れた。

またぁ・・・・?

そう、確か・・・・
過去のブログに同じ題名で書いた記憶がある。
思わず、このブログの過去の記録をたどってみた。

あった!!
2005年4月17日「炊飯機が壊れた」とある。
え~?1年半で壊れるのぉ~?

電化製品は突然壊れる物である。
分かっちゃいるが、炊飯機は我が家にとって必需品なので無いと困るのである。
液晶画面が何だか分け分からない表示になってしまって。
いつもの時間の半分で炊きあがったチャイムが鳴り。
保温にしておいたら、1時間余りでお米の周りが石焼きビビンバになっていた。
オーイ、我が家の炊飯機よ、ヤケ起こしてるんじゃないのぉ~?

ったくぅ、年末に炊飯機にストライキ起こされても困るっちゅーねん。
ハンガーストライキか?

てなわけで、我が家にニューフェイス登場。
早速、電気屋さんに行ってきたのだ。
こと食べることに関しては、行動が早いMIKAN家なのである。
今度の炊飯機は出来上がったら、音楽が鳴って知らせてくれる。
音楽ねぇ・・・ま、音声よりいいか。
「あなたご飯が炊き上がりましたわよー」なんて、炊飯機に言われても気持ちが悪いしね。

今度は何年もつのだろう?
我が家の炊飯ってそんなにこき使われてるのだろうか?
[PR]

by keshi-gomu | 2006-12-26 22:32 | 食いしん坊!乾杯!

12月25日 クリスマス当日

毎年、今頃は年賀状作りで追われている。
20日までと思いつつ、あっという間に25日になり、
「まだ元旦に着くかしら?」と
不安になりながらクリスマスも過ぎていく。
そんな年賀状パニックが今年は無い。
今年はお休みなのである。

「年賀状はお休みにします」のハガキを11月中旬に皆様に送ってしまったので、今することがないのである。
本屋さんの棚に渦高く積み上げられた『年賀状作りの本』のたぐいも一度も手にせずにここまできたし。
この年末はイノシシの絵が描けずに終わるようだ。

その代わりと言ったら何だが、このところ、中学や高校時代の友達を始め皆さんから、沢山の励ましの返事を頂いている。
あの心のこもった気持ちが何よりうれしい。
離れていても、私の周りには優しい友達が沢山いるんだと確信した年の暮れだ。
みんな、ありがとうね。

d0012611_2151548.jpg

写真は黒猫さんから頂いたクリスマスカードです。

ちなみにこれを今パスタやさんで書いている。
隣に若いOL二人で食事中。
1人のお嬢さんが言った。
「昨日ね、彼にどこか行こうっていったらね、出てこないのよ。『俺の中ではもうクリスマスは終わった』って言ってね」
「いつ終わったの?」
「12月2日の点灯式だって」
「それって会社の仕事だったじゃない」
会社の同僚らしい、みんなで会社のイルミネーション点灯式をしたのだろう。

・・・お嬢さん、酷なことを言うようですが・・・
あなた、ふられてますからっ。
その人、彼じゃないかもしれませんよ。
来年に向けて新しい彼を捜しましょっ。
今日はクリスマスです、女2人でパスタするのもいいけれど。
来年の24日はここで新しい彼とパスタしていて下さいね。
・・・余計なことではありますが、ふと思った私です・・・
[PR]

by keshi-gomu | 2006-12-25 22:03 | 今日のデキゴト

12月24日 今年もクリスマスイブ

毎日のイルミネーション点灯係を母が行なっている。
その線の差込の数が多いとかで、4時ごろがら始めないと暮れるまでに間に合わないと言っていた。
そして何かあると携帯に電話がかかってくるのがこのところの日課だ。
先日も、5時頃携帯が鳴ったので、何事ぞ、と思ったら、
「庭で電気をつけてたら、近所の子供達が来て手伝ってくれたの。おばさん、クマの電気はここにあるよ、とかね。みんな可愛のよ。」
と、くる。
こちらはまだ仕事中で残業しそうなのに、やけに幸せムードでのびやかで羨ましい限りだ。
「よかったじゃない」
温度差のある受話器の向こうに、それしか言えない私も冷たい人間で。

そんなこんなのイルミネーション期間も早1ヶ月。
あと2日で終わろうとしている。
昨日と今日は土日なので、点灯係りは私。
なんだ、3分もかからないじゃないの。
母は、面倒だ、と愚痴ってる割に、時間かけて楽しんでるんじゃないかと思ったりもした。

昨日、エリザをつれて夕方の散歩に出かけた時。
家から出たところで、どこかのお母さんと娘さんらしき二人組みとすれ違った。
お母さんは自転車を押して、娘さんは中学か高校かの制服を着ていた。
『見かけない人たちだな、この道は抜け道じゃないのにな。友達のお家へでも行くのかしら』そう思いながら、すれ違って散歩に出かけた。
曲がり角でふと振り返ると我が家の前に立ち止まって我が家を見ている。
『イルミネーションを見てるのね。でもすぐにそのまま向こうに歩いていくんだろうな』
とエリザと曲がった道を歩き出した。
すると後ろからさっきの親子が私の後ろを歩いてくる。
『?』
『うちを通り過ぎてどこかに行くんじゃなかったの?』
そう、時間的に、我が家が目的でやって来たらしいのだ。
わざわざ入り組んだ道に入ってまで見に来てくれたらしいのだ。
ありゃりゃ、我が家のイルミネーションはちょこっと近所で有名になってきちゃったか?
嬉しいやら、こそばゆいやら・・・

母曰く、この間も車で来て「見せて下さい」って見て下さったご夫婦がいたと言う。
我が家のイルミネーションは子供ワンダーランドチックだから珍しいかな。

明日はクリスマス当日。
母よ、あと一日、イルミネーション点灯係を頼んます。

メリークリスマス!☆!
[PR]

by keshi-gomu | 2006-12-24 20:16 | MIKANの部屋

12月20日 年の暮れの満員電車

朝の東京駅。
乗り込んだ山手線の車内、アナウンスが轟いた。
「後続の電車が遅れております。この電車は時間調整のため、2分少々停車します」
朝の忙しい時間、車内は静かだが、内心・・・
『しまった、今日も電車は不調か・・・』
一様に思っているに違いない。
「お待たせ致しました。発車します。ドアが閉まります」
再び、アナウンスが響く。
「この電車は2分遅れで、東京駅を発車しました。皆様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません」

ようやく走り出した山手線は、あっという間に次の有楽町駅に到着する。
ホームに電車が着くと同時に、今度は駅のアナウンスが鳴り響いた。
「ドアが閉まります。」
・・・て、今、ドア開いたばかりじゃない!
「この電車は少々遅れております。お身体、お荷物、強く引いてください」
・・・って、オイ!そっちが前の駅で時間調整してたんじゃないの?
それに、
おまけだけど、「お身体強く引く」って、どう言う日本語よ!
・・・と、これは車内の人々の気持ちを代弁したもの。
たぶん、みんながそう思ったろうと察して。

こうして、朝の満員電車は、私の目的駅へと到着したのだった。

朝の出来事もすっかり忘れかけていた夕方。
帰りの総武快速に乗り込んだ途端だった。
また、聞いた事のあるフレーズでアナウンスが響いてきた。
「少々、発車遅れます。ご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ち下さい」
・・・ありゃりゃ、また始まりましたか。
朝の乗客と違って、帰りの客は厳しい厳しい。
あらゆる所でブーイングの嵐。
「遅れるのかよぉー」
一日の仕事疲れで、皆早く家に帰りたいのだ。
ま、この時期、早く飲みに行きたいかたがたもいらっしゃったかも。

「準備が整い次第発車します。ご乗車の上、お待ち下さい」
開いたドアのまま、電車が止まっているので、ドンドンと客が乗ってくる。
いつもなら乗り遅れているはずの人々が・・・混む、混む、ドット、・・・うううぅ暑い。
「準備が整い次第~」のコメントが2,3度続くと
流石に
「何の準備だよ!」
「心の準備かぁ?」
突っ込む、突っ込む、乗客たち。

朝に夕に、遅れる電車。
ポイント故障に、ドア故障、架線故障、お客様誘導に、急病人、忘れ物点検・・・
線路に人が立ち入り・・・昨日は線路に置石発見。
どんな理由でも仕方がないが・・・
どうぞ、人身事故だけは起こりませんように。
ただただ祈る、年の暮れです。
[PR]

by keshi-gomu | 2006-12-20 23:54 | 日本の車窓から

12月19日 机の上の境界線

「この線から出るなよな!」
教室の机の上に鉛筆で引かれた線を指差して、隣の席の男子が言った。
「出てないじゃないの!たー君こそ、飛び出してるじゃない、ほら!」
「空中はいいんだもんねぇー」
下唇を突き出して、なんだか得意そうな笑みを浮かべてる。
わざと線ぎりぎりに教科書を立てかけ、ご丁寧に上に定規を寝かせて空中侵略なるものをしているのだ。

子供っぽい会話。勿論、小学生時代のワンシーンである。

小学校の教室には、ある日突然机上に境界線が現れる。
ほぼ互角の広さの領土間に出現した、国境にも似た境界線。
そこを一番多く行き交ってしまうのが、我が愛すべき消しゴムなのである。
間違って、消しゴムが転がって行ってしまおうものなら、
「線から出たから、俺のものだからな」なんて言ってくる。
隣接する敵国は、どうも横暴な憲法を抱えてるようだ。

そんな隣国の暴君は、また、よくこんな事を言ってきた。
「MIKAN!消しゴム貸してくれよぉー」
「また、持ってこなかったの?」
「忘れた」
「はい、消しゴム。あ、表の紙ケース外さないでよ」
しまった。こう言う事は言わない方が懸命なのだ。
案の定、次の瞬間、紙ケースは外され、私の消しゴムのいとおしい真っ白な部分は、あの泥やら鉛筆のススやらで汚れた黒々とした男子の指に握られていた。
「だからケース外さないでって言ったじゃん!それなら返してよっ!」
5本の指を力強く開いて、掌を突き出した私。
「あ、MIKAN、線から出たぁー!出るなよなー」
こうして、また国境上の争いが始まるのであった。

あれ?確か、空中はいいはずじゃなかったか?
[PR]

by keshi-gomu | 2006-12-19 22:52 | おもいでほろほろ

12月17日 忘年会

昨日は忘年会。
朝から、それだけのために家を出た。
一応主婦の肩書きを持つ私は、
「この年末に、土曜日を1日つぶして遊びにいくのかぁ。」と思ってもみたが。
「そんな台詞、私だけには似合わないさ」と、すぐに否定。
「忘年、忘年!」と、結局朝早くから、夜遅くまで、しっかり忘年してきましたとさ。

新宿のホテルでフランス料理の円卓盛り料理(?)。
みんなでターンテーブル上の皿を回してワイワイ。
クイズにビンゴに定番の盛り上がり。
シャンパンで乾杯のちょっとオシャレ(?)な忘年会である。

シャンパンにビール、ワインと飲んでいった私は気が付いてみればすっかりチャンポン状態だ。
このまま、飲んでいて大丈夫なんだろか?
と思いつつも気が付いたら、2次会のカラオケボックスではウーロン割を飲んでいた。
こりゃ、今夜は地球が回りそうだ。(地球は昔から回ってるぞ!)

騒ぎ足りないと言う仲間に誘われ、仕方なく(本当かぁ)渋々(嘘っぽい)カラオケ2次会に突入した。
渋々ついていったはずが、第一番にマイクを握っていた私。
いやいや、物事、若いもの順さ!
カラオケはメンバーによって、選曲が難しいものだ。
ハチキレる歌を選ぶか、しっとり静かで行くのか、おじさんが多けりゃ演歌だし。
昨日は中途半端な年代で、仕方ないので、最後にピンクレディを2人で盛り上がって踊った。
万人ウケする曲かな・・・と思って。
盛上げ隊は苦労するなぁ。

テナワケデ・・・
本日は、身体中が痛い。歌いすぎかぁ?踊りすぎかぁ?
年を忘れるってことは、なかなか体力のいるものである。
[PR]

by keshi-gomu | 2006-12-17 15:30 | 食いしん坊!乾杯!

12月3日 もう幾つ寝るとクリスマス

とうとう12月の始動である。
今月はあっという間に過ぎていくんだろうなぁ・・・

今日は朝からクリスマスの飾り付け。
イルミネーションの点火も本日始動と言うことで。

毎年毎年、きちんとしまっていないものだから、クリスマスライトのコードが絡まって引っ掛かって・・・
先ず絡まりを解さなきゃならない、それも赤青緑・・の電球を割らないよう慎重に。
これが非常に手間がかかるのである。
そこにウイリィーと言う邪魔者がやってくる。
決まってそばで何かに足を引っかけては倒すわ壊すわ。

そんなドタバタ状態の中、それでも1日がかりでどうやら点火までこぎつけた。
我が家の庭の月桂樹の木は、一年に一度クリスマスツリーに変身する。
もみの木じゃないけれど、これはこれでおつなもので。

クリスマスの時期って、何回迎えても楽しいなぁ。


d0012611_2111529.jpg

d0012611_2114169.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2006-12-03 19:28 | 今日のデキゴト