人気ブログランキング |

6月22日 飲み会

ジメジメ梅雨を吹き飛ばすように、昨日は飲み会が行われた。
いつもなかなか話し込めない人とも話せて、楽しいひとときだった。
今回は圧倒的に女性が多かったので、出席した男性は女性に囲まれてとても幸せそうだ。
そう、こんなに美女ばっかりで。

パスタやピザのイタリア系料理。
ビールを初めとしたドリンク飲み放題・・・
それをみんなで食べ尽くしたわ、飲み干したわ。

それでも足りないかと、いつものように2次会に突入。
ジメジメ梅雨は吹っ飛んで行きましたとさ。

by keshi-gomu | 2006-06-22 22:12 | 食いしん坊!乾杯!

6月17日 

「やっぱり私は包丁を持っちゃいけないってことよね」
包帯の指を主人の目の前にぬぅ~と突き出して言った。
あたかも水戸黄門の印籠のように・・・・
 
     
        色気のない台詞だ!!

・・・・・と、昨日の日記を読み返して思う。 

せめて、
「指切りがし辛くなったわね」
くらい言えないものか・・・・・・・(ん?似合わない?)

まさか、
「貴方が噛んだ小指が痛い♪」
とは言えないが・・・・・(ん?誰?ウイリィー?)

  ちなみに、「貴方が噛んだ~♪」は、私の生まれるずーっと前に流行った歌だそうです。
おばーちゃんに聞いた話・・・

なんて呑気なことを書いてるが、1日経って重要なことに気がついた。
小指が使えないって、非常に不便だ!!・・・ってこと。
なんたって、PCが使いづらいやねぇ。
左の小指くらいってタカをくくっていたけれど、キーボードは打ちづらい。
薬指に代走してもらっているが、どうも薬指は暴走する癖があるようだ。
ついつい1列ずれてしまって。
気がつくと・・・・

 dwかktwきtsっrxなんtw・・・・

なんて字を打っている。・・・うぅ・・・時間がかかるぞぉ・・・

あ、いえいえ、更新をサボろうと言うための口実ではありません。

by keshi-gomu | 2006-06-17 20:28 | 今日のデキゴト

6月16日 痛ぁ~い☆

お腹も空いてきたことだから、
「さて夕飯の準備でもしようかな・・・」といつになく真面目な気持ちでキッチンに立って、早5分。

ギャ~~~~~~~~~~~~!!

私の美しいだみ声が、家中に響き渡った。

わぁ~、野菜と一緒に自分の指切っちゃったよぉ~~~~~~!!

そんなに飢えていたのか・・・
いくらうまそうだからと言ったって、流石に我が指は「豚足」代わりににはならんだろうに・・・
(今どこからか、「似てるからいいんじゃないの」の声が微かに聞こえる)
左の小指を爪の上からばっさり切ってしまった。
な、なんで、小指がそこにあったのぉ?
ははは・・・カラオケマイクじゃないんだからね、野菜切るのに小指立ててどうするんじゃ。

「包丁で小指切っちゃたぁ~」と言った私に、
「どっちの指?右手?左手?」と聞く主人。
(そこが重要問題か?)
「包丁握ってる右手の指が切れるかぁー!!」とツッコミ入れてる私。
(おいおい、夫婦漫才やってる場合じゃないだろ。) 

慌てて、病院に電話をした。
時間はもう9時を過ぎている。
診察時間はとっくに終わっているのに先生が見下さるとのこと。
早速病院に飛んでいった。
先生、私の指をちょっと見るなり「大丈夫だと思いますよ」と一言。
それって、喜んでいいのか?
大騒ぎをして病院に先生を呼び付けておいて・・・
もっと大怪我じゃなきゃ悪かったんじゃないか?
と心の中でつぶやいた。

「抗生物質の薬を今飲んで下さい」と1錠薬を手渡された。
看護士さんがすぐに紙コップに水を入れて渡してくれた。
優しいなぁ・・・・・。
キレイな模様つきの紙コップだ。
見れば、持たされた紙コップの水の底には2重丸の模様がついて、脇には目盛りがふってあった。
ありゃぁ、これって・・・?
この間「糖尿病の検査もしておきましょう」って先生がおっしゃった時にも手渡された紙コップだよねぇ。
ま、新品だからいいんだけれど。
微妙にお水に味がある気がしたのは・・・気のせい、気のせい。

指を消毒して貰って包帯を巻いて貰う。
あ~ぁ、怪我人の一丁出来上がりだ。
d0012611_1934730.jpg


「やっぱり私は包丁を持っちゃいけないってことよね」
包帯の指を主人の目の前にぬぅ~と突き出して言った。
あたかも水戸黄門の印籠のように・・・・

by keshi-gomu | 2006-06-16 23:09 | MIKANさんの目がテン!

6月13日 NHKのサッカー放送

今朝の世の中は、やけに静まり返っていた感がする。
電車やホームの人々の何故か力のないこと。
まるで会話にサッカーを持ち出す事がタブーかのように・・・

みんなが張り合いのない寝不足状態のようだ。

昨夜のワールドカップ「日本対オーストラリアの試合」に見入ってしまった私達。
溜息とともに、力尽きて倒れこむように眠りについた12時過ぎ。
きっと日本中が悪夢にうなされた夜を過ごしたに違いない。

先制点の1点が、なんとなく不安だった後半の39分。
「あぁ~、同点になっちゃたぁ~」
しかたないか、引き分けで。諦めて寝ようかな・・・
なんて思いは甘かった。
あれよ、あれよの、逆転試合。
結果はなんと、3対1で負け・・なんてぇ~!
やっぱり、悪い夢としか思えないぞ。
眠りの浅い夜だった。

ま、試合はどう転がるか分らないから、終わっちゃったもの仕方ないしね。
次に期待を・・・・・

話は少し変わって。
あの試合のNHKの放送がなんだかつまらなかったのは試合運びだけじゃないような気がする。
アナウンサーの表現が、イマイチ古い感じがしたのだが・・・
一世代昔の口調なんだなぁ。
まるで昔の大学ラグビーの試合でも放送しているような、年上の者が若輩者を一段上から眺めているようなアナウンスに聞こえた。
試合中ずーっと選手の名前を並べるだけで、全て表現は体言どめ。
バサッ、バサッっと切り捨ててていく口調では、こちらに感動が伝わってこないのだ。
なにか、見ている私達がワクワクするような心のこもったアナウンスをして欲しかったな。
アナウンサーも時代と共に進化して欲しい。
スポーツも選手が汗水たらしてグラウンドに描くエンターテーメントなのだから。
全身で頑張っている選手をもっと尊敬して素晴らしく放送して欲しい。

(他の国の試合での若いアナウンサーの方がよっぽど盛り上げていたっけ)

by keshi-gomu | 2006-06-13 23:43 | 今日のデキゴト

6月5日 月遅れの五月晴れ?

5月の間が雨の日々だったので、てっきりもう梅雨明けかと思っていたら、まだ今日は6月が始まったばかりだった。
これから本格的に梅雨の時期に突入なのだろうか?
いやだなぁ・・・あのジメジメ感は。

そう、梅雨明けかと勘違いするほど傘を持たない日々が多くなり。
最近では、雨ではない週末が珍しく続いている。
思わず、週末ガーデニングを余儀なくされた私。
先月の恵みの雨で、すっかり庭の木々が伸びてしまったからだ。
新緑を通り越して、うっそうとした我が家の庭はあわや熱帯雨林のジャングル化し始めていた。

しかたないと、のこぎりを肩に高枝切りばさみとジャンボ庭バサミを両手に、ジャングルの伐採に出かけた。
思いっきり伸びてくれた藤を退治し、銀杏の木を2本切り倒した。
そして我が家の木々は私に戦いを挑んでくるものばかりで、薔薇しかり、ボケしかり、果てはミカンに至るまで。
彼らの棘が夏服の私の柔肌を傷つけていく・・・
おのれぇ~、ミカン、ボケー!

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿・・・と言うが、そのことわざを実行する私。
天に向かって気持ちよさ気な桜の枝を伸びすぎだろうとバサバサと切り落とし。
たわわに実をつけた梅の木は、実がもったいなくて小枝すら落とせなかった。
途中から、梅の実集め大会と路線変更をしてしまったガーデニングは、夕暮れには5袋もの梅の実を収穫して終えた。
採ってしまった梅の実は思わず梅酒2瓶を作ってみたが、まだ半分残ってる。
しかし、どうもいい香りがしないなぁ。
だいたい、家の庭の梅って、食べられるのかぁ?

と言うわけで、週の初めは腕が痛い。
筋肉痛で脇腹も痛い。
運動不足がたたって、その痛みはなかなかとれないときてるし・・・
こうして筋肉痛が和らぐ頃には、またガーデニングの週末がやってくる。

d0012611_21472539.jpg

by keshi-gomu | 2006-06-05 21:47 | 自然百景