人気ブログランキング |

カテゴリ:MIKANの部屋( 170 )

2月18日 お誕生日おめでとう

もうすぐ、春がやってくる(^_-)-☆
d0012611_22245991.jpg

by keshi-gomu | 2013-02-18 22:25 | MIKANの部屋

1月10日 『ほぼ日のカレンダー』を買った

d0012611_22571117.jpg

『ほぼ日のカレンダー』が我が家にやって来た。

宅急便の猫さんが"犬"を運んできた。

毎年買おうかなぁと思っては、そのたびにやめてきた『ほぼ日のカレンダー』。

我が家に可愛いワンコがいるのに、なぜに人様のお家のワンコをカレンダー使いするのか・・・と。

浮気心のような気がして、エリザに合わす顔がない・・・と。

毎年思ってはみても、どうも買うまでいかなかった。

では、今年はなぜ買ったのか?

ただただ、単純にカレンダーが少ないからである。

最近、企業のカレンダーが少ないねぇ。(経費削減・・カレンダー削減)

化粧品会社のカレンダーがなくなって・・・つーかもらい損ねたのかもしれない。

洋服屋さんのカレンダーをもらったと思ったら、字が小さくて使い物にならない。

使える卓上モノって、案外と少ないのだ。

この『ほぼ日』は、ホワイトボードみたいに使えるとのこと。

とりあえず、会社で使ってみよう。

使い勝手を報告しなきゃね。

エリザのカレンダーは、毎年3月までは作るのよ。

そして、その後作るのに飽きるため、エリザのカレンダーは毎年"春を越せない"のだ。

by keshi-gomu | 2013-01-10 22:57 | MIKANの部屋

1月2日 『初夢』を見ました

初夢を見た。

あれだけ言っていたから、暗示になっているだろう思ったら、茄子も煙草も出てきやしなかった。

富士山麓じゃない、場所は会社だった。

あららぁ、なんと仕事の夢。

それも、仕事のポジションを変えられた夢である。

隣のチームの男性の下で働くように命じられた夢。(ん?願望じゃないかって?違いまんがな)

わぉ~、なんだかリアルで怖いねぇ、「初夢が正夢」なんてシャレにもならないぞ。

夢と言うものは面白いもので、数人はリアル人間なんだけれど、後は俳優だったりする。

俳優相手にリアルな仕事名称をあげて文句言ってたりして。^m^

ところがね、何故か女優は出てこないんだわ。

私の夢の中、σ(^_^)がいちばん美しい。うふっ、白雪姫の継母妃みたいだ。

だって主人公だものぉ~。

そして悲劇の主人公は皆に虐げられて、ヨヨと泣き崩れる・・・・

大丈夫かぁ、今年?
d0012611_18263474.jpg

by keshi-gomu | 2013-01-02 18:22 | MIKANの部屋

1月2日 MIKANの新しい携帯アドレスは・・・

元旦になった途端に、皆にメールしようとして下書きメールを作り出しました。

「あけおめ~」とか書いて、絵文字とかピクチャーとか暮れの内に仕入れておいたからね、それをつけて・・・と。

さて、宛先を入力しようとしたら・・・な、なんと・・・

過去のドコモ携帯から引き継ぎ入れたはずの皆のアドレスが綺麗に消えていたのです。

ドコモ携帯に入っていた住所録の名前が全て入っているから安心していました。

 
ところが、アドレスが全員空白だったのです。

電話番号は分かるけど、正月そうそう電話してもねぇ・・・

スミマセン、この場を借りてMIKANの携帯アドレスを言いますので、皆さんσ(^_^)にメールください。


MIKANの新しい携帯アドレスは、

以前のものと一緒の始まりで、@の前についていた「.」を取りました。

@の後ろは「ezweb.ne.jp」に変わりました。

iphoneだけど、お父さんの会社じゃなくてauです


よろしくねぇ~
d0012611_16284085.jpg

by keshi-gomu | 2013-01-02 16:31 | MIKANの部屋

1月1日 SMAPの大とり

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
拙いブログではございますが、どうぞ今年もごひいきに。
d0012611_444115.jpg

「あけおめ〜」 とか、 「ことよろ〜」 とか、書かなきゃいけないところなんでしょうけど。
どうも書けないんですよねぇ。(書いてないか?)

NHKの紅白歌合戦の大とりがSMAPになって久しいですね。
演歌でもなく、それでいてお年寄りにも分かり易い曲選択と言うと、無難なところなんでしょう。
更に、去年は朝ドラのテーマソングを歌ったし。
そう、朝ドラが始まった頃、なんで急に「梅ちゃん先生」にSMAPなんだ?と思ったのですが…
目的は”これ”だったのですか。
SMAPはもともと国民的な人気だけれど、更にお年寄りにもすぐ分かる「ああ、あのドラマの歌ね」と今年のNHKの顔になっていれば、紅白大とりは堂々と務められますものね。
そろそろ皆さんいいお年になってきたSMAPがどこまで頑張れるか…嵐が吹かなきゃいいですけど。
d0012611_4441456.jpg

                            やっぱり、「ことよろ~」って言ってるよぉ。

by keshi-gomu | 2013-01-01 04:11 | MIKANの部屋

12月31日 一夜飾りに一夜大掃除 良い子はまねをしないでね

大掃除をしないと決めて、だら~としていたら・・・・欲しいものが出てきた。

どこに行ってしまったのだろう?探し出すしかしょうがない。

探し出して見つかったら、部屋の散らかりよう汚れようがさっきより悲惨な状態になった。

しょうがないなぁ・・・と片付けだしたら・・・しまった、大掃除に突入してしまった。

いまさら、窓磨きなどはできないが、とりあえず部屋の中のかたづけだけはすることにした。

手にした本やノートを読みだしたら何時間があっても進まないので、今日は中を気にしないようにした。

大雑把に整頓だけはしてやろうじゃないか・・・

午後は買い物に出かける予定だったのにぃ。

もうすぐおせちが届く時間だし、出られないじゃないかぁ。

いや、昨日雨で買えなかった玄関飾りだけは買ってこなきゃいかん。

あわてて近くのホームセンターに買いに行く。

最近は、テントが建たないのだが、あのお兄さんやお姉さんの正月飾りはなくなったのだろうか?

何十年前だったか、31日大晦日の朝、玄関飾りを飾って親に怒られたものだったが。

今年はそれよりひどい、今まで生きてきた中で最高の一夜飾りだ。

31日の夕方にそれを買いに行ったのは初めてだ。

ここまで横着になっちゃいかんねぇ。

ダイダイを取り付けたらいい香りがした。

裏白も橙もやはり本物がついているものが、気が引き締まっていいものだ。

そして門松を1対、門の所に立てていたら宅急便屋さんがおせちを持ってきた。

これでどうやら正月が迎えられそうだ。

そうそう、この写真の寄せ植えに金粉が施されていて綺麗だったのよ。

正月らしくていいなぁ・・と買ってきたのだが、昨日の大雨で金粉が流れ落ちてしまった。

今年の汚れは今年の内に・・・ったって、金粉は汚れじゃないよぉ~・・・落とさなくてもいいのだよぉ~。

さっぱりした普通の葉牡丹になりましたとさ。

d0012611_22441579.jpg


大掃除でいそがしくて買い物にいっていないから、夕飯は外食にしませう。

   ※・・・ってさぁ、ちょっと部屋を片付けたくらいで「大掃除」ってどうなのよ。MIKANには大ごとなんだね。

by keshi-gomu | 2012-12-31 22:44 | MIKANの部屋

12月28日 同じホテルで2日目の朝食バイキング

忘年会明けの朝のバイキングは
d0012611_23311035.jpg

だとか、
d0012611_2341811.jpg

これくらいが、ちょうどいい腹心地だろうに・・・
結局、昨日と同じ全種目制覇の勢いでプレートを埋めていきました。
(写っていないけど横に昨日と同じメニューの主要プレートが隠れています)

昨日の朝のバイキング料理、美味しくなかったのだよねぇ。
忘年会で飲み過ぎて、こっちとらの体調もすぐれていないしねぇ。
そんな食べられるわけ無いじゃ無ないのねぇ。

・・・と思って、半ばあきらめて朝食を取り始めたのです。
ところが、驚き!!
昨日の朝と同じメニューの味が、今朝はなんと美味しいのです!!
えぇ~?そんなあほなぁ・・・

今日の方がよっぽど体調悪いσ(^_^)
なのに、油もの、肉料理すら美味しく感じるって何?
考えてみれば昨日は、味が油濃かったり、なんだか塩味がたりなかったり、と変な味付けだったのです。
今朝は美味しい。
同じ卵焼きが、きちんと甘い。
スクランブルエッグにも変な油が入っていないし。
煮物もお節料理に入りそうな手のかかった煮方をしています。

あ、そうかぁ。。。。
昨日は、あの赤軍団、韓国中高生が大量にいたんだったっけ。
もしかしたらホテルは、普通の料理を薄めて大量にのばして作ってたとか?(こりゃ、ウガッタ見方か)
いや、少なくともホテルは彼らに合わせて、韓国風、いや子供味に変えていたのかも。
なんとなく合点がいきました。

今までどんな地方のホテルだって、あれほど美味しくないと言い切れる朝食バイキングはありませんでした。
そうなんですよ、原因があったのですよ。
全体が "スポーツをする子供仕様" だったのですね。
勘弁しておくれ、一般客もそれに合わせられていたのか・・・

2日間連泊して良かったです。
美味しい朝食を食べられて。
もう少しで、私の中のこのホテルのランキングが下がるところでした。

そんなこんなで、ふと思いました。
2013年は海浜幕張のホテルの朝食を制覇してみようかと。
と言うことは・・・海浜幕張のホテル全部に泊まるってことですなぁ。

      そんな異空間を楽しむ1年も面白いかもと思っているσ(^_^)
      これでも一応主婦です。(誰にも認められていないけど・・・エリザにも)

by keshi-gomu | 2012-12-28 08:31 | MIKANの部屋

12月23日 ピノッキオの消しゴム

クリスマスにメルヘンチックな消しゴム見っけ・・・です。

ピノッキオの消しゴムです。

木製のピノッキオが表現されていてとても気に入りました。
d0012611_22165780.jpg

2人いるところがいいですね。

双子みたいでしょ。

童話の世界から飛び出したような消しゴムです。
d0012611_22165761.jpg

マッチ売りの少女よりは、暗くならないですよね。

by keshi-gomu | 2012-12-23 22:16 | MIKANの部屋

12月19日 高級料亭も顔負け お友達の公休料亭

今日は、お友達のお家にお呼ばれしました。

公休だというのに私たちのためにお昼を用意して下さったのですよ。

手の込んだ時間のかかる料理を・・・すみませんあっという間に平らげて。

美味しかったぁ。

素敵なお家で至福の時、幸せな午後でした。

写真を撮らさせてもらったのですが、やっぱりブログアップは品がないですものね。

素敵な時間を過ごせた記念にとっておきます。

料理研究家のお家の特別パーティにお呼ばれしたみたい。

美人の双子のようなお嬢さんたちともお目にかかれて、幸せな家族にどっぷりつかってきました。

いいねぇ、若い家族って。

d0012611_2243466.jpg

ウエルカムボードもクリスマスバージョン。

玄関飾りもさりげなく素敵です。

また、行っちゃうからねぇ(^^ゞ

by keshi-gomu | 2012-12-19 22:04 | MIKANの部屋

12月1日 押尾コーターローSUPE RLIVE

押尾コータロー10thコンサートに行ってきました。
場所はクリスマスムードいっぱいの東京国際フォーラムです。
d0012611_20403967.jpg

夏の谷村新司のコンサートで初めて知った名前『押尾コータロー』。
その時共にその美しいギターの音色に衝撃を受けた友達と2人で、今日は『コータロー道場破り』です。
「え~、知らなかったのぉ~?」と驚かれた私たち、勉強不足だったのでしょうね。
東京国際フォーラムAホールいっぱいの人でした。
本人の弁、「今日は5000人のお客さんが入っています」とのこと。
スゴイ人気なのだと改めて現実を知りましたよ。
d0012611_18321391.jpg

会場に入るとそれぞれの椅子の上にパンフレットと何やらキャンディーの棒のようなものが配られていました。
なんだぁ?・・・これ・・・・光る棒だぁ!
「わぁ、ジャニーズ系のコンサートみたいなのかなぁ?」

初めて聞く押尾コータローのギター演奏。
周りを見回してしまいました。
え?オーケストラはいないの?後ろでベースギターとか仲間が弾いているんじゃないの?
たった1人のギターの音色とは思えないのです。
音に厚みのある、曲に深みのある、まるで1人オーケストラみたいな迫力でした。
最後のアンコールの方で、コータロー本人もジョークを交えた構成で説明をしていました。
「では、メンバーを紹介します。ベースギター、押尾コータロー。ギター、押尾コータロー。小太鼓、押尾コータロー。ドラム、押尾コータロー・・・」と。
そうなのです、全てを一人で演奏しているとは分かっているのですが、スゴイ。
スゴイとしかいいようがない何人かで醸し出しているようなその音が、あの1つのギターから出ているとは。

彼の指先はどんなふうになっているのでしょうか?
豆だらけ?もしかして指先サイボーグ?

アップテンポの曲もいいし、バラードも聴かせてくれます。
本人のジョークで「この人はいつ歌い出すのだろうと思っている人いませんか?」と言っていましたが・・・
なんと、歌いましたよ、アリスの『チャンピオン』を。
歌もなかなか上手じゃないですか。
話も谷村新司風だし、影響をうけているのかな?
d0012611_17364065.jpg

コンサートの構成はとても丁寧で、痒いところに手が届く感じでした。
熱狂的ファンは1階席に固まっているようでしたが、その方々は最初から総立ち。
その方々も満足できる『押尾コータローLOVE』に答えるアイドルコータローを表現し。
クラシックファン系やギターの音にシビレてファンになった方々もいたようです。
その方々をも満足させる『高度テクニック演奏LOVE』に答えるプロギター演奏者コータローを表現し。
私たちのように初めて入り込んだ超素人もチラホラいるようで。
そんなコータローシロウトにも分かり易い曲選びとひきつける会話で『どんな感じなのドキドキ』に答える人間性を前面に出した飾りのないコータローを表現していました。

「アンコール!アンコール!」の声がかかってから、なかなか出てこなかった時間がありました。
何か驚くことを考えているのだろうとは予想していましたが・・・
突然、2階席に登場したのです。
2階席はビルの6階にあたります。
どうやら着替えて6階までエスカレーターで上ってきたのに時間がかかっていたようでした。
私たちのすぐそばでギターを爪弾き、2階席を全て回って次に1階席に降りて行きました。
こういう細かい心配りが、痒いところに手が届く構成だなぁと思ったのです。

全員での合唱や、あの(名前が分からない)光る棒の7色が美しい会場は、押尾コータローと客席が一体となって素敵な時間でした。

見終って友達が言いました。
「私の葬式に押尾コータローの曲を流してほしいな。こう言う曲の流れる葬式って素敵じゃない?」と。
「言っていることはよくわかる。素敵だと思うよ。でも自分にはその曲が聞こえないじゃない。その前に息子さんの結婚式で流すって言うのはどう?」
「結婚式は先の話だもの」
「葬式の方がもっと先でしょう。何十年先の〇〇式に彼の曲を使おうとする時って、押尾コータローってどうなっているんでしょうね?」
「大物になっていると思うわ」
「そうねぇ、10年経ったと言うここから急にもっともっと有名になりそうね」

すっかりそのギター演奏にとりこになった2人は、日常から解き放たれたいい心持で東京の夜を歩いていました。
d0012611_20344876.jpg

by keshi-gomu | 2012-12-02 17:36 | MIKANの部屋