2月21日 ホンダのLEAD 使い勝手

「グリップヒータってさ、トイレの便座のように温かくて気持ちいいのよ」
「・・・・」
「すごいよ、今度のバイク。ナンバープレートの上に屋根がついてるの。ほら、お墓のお線香が雨に濡れないようにちょっと屋根がついてるじゃん、あれみたいだね」
「・・・・」
嬉しそうに新車バイクを説明するσ(^_^)に、主人が言った。
「表現するのに例えが全部変じゃない?トイレの便座にお墓の線香か?」
「だって、分かり易いじゃん・・・」

冬だからグリップヒーターを取り付けた。
d0012611_20572484.jpg

運転していても両方のグリップが温かい、されど、握れなくなるほど熱くはないのだ。
最初はグリップカバーを取り付けて素手で運転していたが、カバーがついているとウインカーやら指操作がしにくくて取り外してしまった。
グリップカバーとグリップヒーターの両者だと、素手でもOK。
カバーの中がハワイの砂浜にいるようで快適なのだけどね。(ちなみにハワイに行ったことはない)
本音を言えばホンダでグリップカバーの形をもう少し検討してくれればいいと思う。
だからと言って、カバーなしで素手で運転をするのは無理。
掌だけがほんのり暖かくても、この時季外気温の低さで指先までガチガチに震える。
やはりグリップヒーターを取り付けてもグローブは欠かせない。

ナンバープレートの上に小さな屋根がついている。
d0012611_21104887.jpg

ピンクに変わったプレートが大切に扱われているようでちょっと嬉しい。
これなら雨に濡れても自賠責のシールも剥がれる心配もないよね。
初めて付けた三角形マークも汚れないために。

このホンダのLEADに決めた最大の理由は、何と言っても収納力。
シート下スペースにはヘルメットが2つ入ると言う売りの大容量なのだ。
毎日の通勤に使うのだから、ハンドバックとヘルメット、不意の雨対策でレインコートは入れなきゃらなぬ。
それは全部収納可能だ。
A4サイズの書類を入れたバッグですら入る。
こんな感じ・・・・
d0012611_2125285.jpg

マツ〇ヨ帰りに常備品レインコート上下の脇に12ロールトイレットペーパーをふわっ~と入れてみた。(主婦だねぇ)
長っぽそい物も楽々入りそうでしょ。
レインコートは押し込んでいないから、この上にショルダーバックくらいならまだ入れられる。
トイレットペーパーの両脇には厚みのある本(例えば雑誌『文芸春秋』位)を1、2冊ずつは入れられる余裕がある。

ただ、ふと思うのは・・・・
シートに座っているとなんだか温かい気がするのだ。(それこそ便座風にね)
中のシステム構造などは苦手で分からないけど、バイクの稼働時の熱がシートの所に集まっている感じ。
すなわち、シート下のスペースにお買い物の冷凍食品なんて入れておくとちょっと心配。
大容量スペースだけど、日常買い物の生鮮食品は入れない方が安心かも。
だけど、冬のこの時季、暖かいシートはやはりなんといっても嬉しいぞ。

走っても、心地よい。
さあ、スピード出して行くぞぉ~なんて感じのスタート感はない。
スタートダッシュのバイクじゃない感じ。(よっぽど今までのホンダの原付トゥデイの方がスタートは速かった)
静かにスムーズに走り出したなぁ・・・・と思うと、いつの間にかす~とスピードが上がっている。
スピードが上がってきたと言っても、振動もないし、安定感があるので私を支えてくれる気さえする。
ガッチリした筋肉のサラブレドに乗ったみたいだ。(ちなみに阿蘇で観光用乗馬ならあるがサラブレッドの乗馬経験はない)

ここまで、「ホンダのLEADは素晴らしい」としか聞こえない文章だが、気になる箇所もあることはある。

私が女性だからか・・・白魚のような華奢な手だから(?)か・・・・
ブレーキハンドルが握りにくい。
きっと、グリップとブレーキとのあの三角形角度はどのバイクも一緒なのだろうけど。
今までの原付がグリップとブレーキの角度が小さかったのかと錯覚するほど・・・
ブレーキハンドルを握り込むのに指を伸ばす意識的な動作が必要だし、握るのに思ったより力がいる。
逞しい男性仕様なのかな?

もう一つは・・・
原付の時も付けていたので、今回も防犯ブザーを取り付けた。
解除しなければ、ビー~と音がして周囲に注目を集めさせると言うものだ。
新車の取り回しに難儀をしている状態だから・・・
なんと今のところ周囲に注目を浴びているのは持ち主のσ(^_^)だ。
その注目度がLEADになってから倍増した。
なんと、そのビーと言う音が今までの3倍くらいに大きくなっているのだ。
考えてみたら、シート下のスペースが大容量になったため、その空間に共鳴して音も大容量仕様になったようだ。
防犯的にはいいと考えるべきなのだろうが、このビー~音に引っかかるのは毎日の私。
その度に、「私は泥棒ではありません、このバイクの持ち主です」と分かるようなパフォーマンスを要求される。
[PR]

by keshi-gomu | 2013-02-21 20:49 | 今日のデキゴト