2月16日 DVDで『戦火の馬』を見ました

スティーブンスピルバーグの『戦火の馬』を見ました。

映画館に観に行きたかったのだけど、「あっ」と言ってる間にロードショーが終わってたのです。

「絶対に泣くだろうなぁ」と思っていたから、映画館じゃなくて正解だったかもしれませんけどね。

戦争をくぐり抜けて生還してくる馬。

単純にそう言い切ると面白くないんですよ。

主人公の青年との信頼や、主人公の馬の何とも言えない心の様子がスピルバーグらしく描かれています。

そう、馬に心がある・・・彼らしい映画です。

戦争の悲惨さも人間の愛情の美しさも、監督ならではの描き方なのです。

素晴らしい映画だと感動しましたが、映画館で流されていた時はあまり話題になってませんでしたね。

スピルバーグにしては、おとなしい感じにまとまった映画だからでしょうか。

監督、歳とってきたかな?

ただ、言えることはスピルバーグの映画には心が裏切られないってことです。

人間捨てたもんじゃないと、馬を通して教えてもらう・・・・そんなホッコリ映画です。




それから・・・・

DVDの『空飛ぶペンギン』と、ディズニーの『ゴーストバディーズ・小さな5匹の大冒険』も見ました。

空飛ぶペンギンは面白かったぁ。\(^o^)/

ん~、小さな5匹の大冒険はMIKANが小学生の時に見ればよかったと思いました。(^^ゞ

そんなに何本も見たのかって?

なにせ、ツ〇ヤの新作準新作4本1000円ですからね。

え?それなら、あと1つあるだろうって?・・・・ハイ、当りです。後1本残してます。

1日で4本は流石に疲れるので、残りは明日にしようと思います。

そんなこんなで、最近、現実逃避ぎみのσ(^_^)です。
[PR]

by keshi-gomu | 2013-02-16 21:00 | 芸術シアター