1月24日 新鮮味のないホテル朝食バイキング

ホテルに泊まると、翌朝はバイキングに決まってる。
d0012611_2121531.jpg

それぞれがトレーを持ち前の人に続いて歩いていく。
気がついてみると、おかずの順番に回っている我々は、時計と反対回りを強いられている。
そこへ、イスラム系か・・ブラジル系か・・ちょっと濃い顏の外人さんが入ってきた。
あらら?好きな所から・・・時計回りだ。
そうよね、別にみんなとそろえる必要はない。
どこにも「こっち回り」なんて書いていない。
外人さんが、鮭を避け、梅干しを嫌って、ウインナーから皿に取っても、次にその左隣のスクランブルエッグに移っても、何ら問題はないのだ。
d0012611_21215593.jpg

最近、朝のバイキングを食べる機会が多くて・・・ふと思う。
いっつも、どっこでも、一緒のメニューって、なんとなく寂しいなって。
卵焼き、ウインナー、ベーコン、スクランブルエッグ、焼き鮭、煮物、ハンバーグか肉団子、フライ物・・・
サラダ系にフレークヨーグルト系、フルーツ、パン、御飯、お粥、味噌汁、スープ、納豆、お新香、梅干し・・・
このあたりは、どこのホテルでも定番だ。
今日は、これが「特別メニュー」と言うのが日替わりであってもと面白いのにな。

・・・って、どれだけ泊まりたがってるんだろ。
[PR]

by keshi-gomu | 2013-01-24 13:52 | 食いしん坊!乾杯!