12月7日 人間ドック バリューム検査は元気じゃなきゃ受けられない

今日は、人間ドックを受けてきました。
会社命令のため、逃げることができませんが、逃げていいものからあのバリュームからは逃げたいです。

身長体重から始まって、視力、聴力、血圧、採血、眼底測定、肺活量、エコー、心電図、X線撮影、内診。
そこまではいいのですよ、最後に残っているんですよねぇ、胃のレントゲン撮影。

バリューム飲まなきゃいけない・・・あれ。

「美味しくなっているんでしょ?」なんてよく聞かれるけど、美味しいわけがない。
ま、飲みやすくなってると言うのでしょうか。
会社にやってきたレントゲン車で飲んだバリュームは苺味でしたが・・・苺つければいいってもんじゃないよぉ。
あれは子供の歯磨き粉みたいで余計に辛かったです。

その時から比べれば、まだまし?
今日のバリュームさんは「ビオフェルミンの味をした水に溶かした石膏」って感じ。
飲めなくはないけれど、やっぱり飲みにくいわなぁ。
おまけにその前に発泡剤とやらを飲まされているから、胃の中で発泡酒みたいになっているのですよ。

さらにさらにおまけに・・・
昨日の夜9時から食べ物も水分もとっていないから、今日初めて口に入れるものがバリュームかと思うと、どうも気持ちが悪くなる。
d0012611_23194075.jpg

「左手に持っているコップの中の物を(バリューム)一口、口に含んで下さい」とマイクで指示があります。
素直に一口口に入れると・・・
「まだ飲みこまないで下さいよ」
このままかい?このザラザラ感、どうにかしてくれないかねぇ・・・
「はい、飲みこんで。左向いてください」
左ってどっちだったっけ?・・・ああお茶碗持つ方かぁ・・・・この考えた間が不思議だったのだろう・・・技師さん、
「そうです、そっちです」
ははは、左右が分からないの見抜かれてます。(^^ゞ
「では、もう一口口に含んで、はいそのまま、右回りで一回くるっと回ってみましょうか」
その口に含んだままと言うのやめてくれないかなぁ・・・
「はい、飲み込んんで。息を吸って、止めて。はい、今度は2回続けて飲みこんでみましょう」
ヤケダヨ、飲ゃいいんでしょ、飲ゃ・・・・ゴクゴク。
「はい、また右回りで1回転してください。あ、もっと早く」
回り方が遅いってかい?ここはジムじゃないんだから・・・・

「口に含んで・・」「飲み込んで・・」「息を吸って・・」「吐いて・・止めて」「一回転して・・」の繰り返し。
レントゲン台も、遊園地のアトラクションのようにギッタンバッコン回転してるしぃ。
なんだか、日ごろ運動不足のMIKANは汗だくだくです。

「じゃ、最後に2口飲んで下さい」
「・・・・」
「さ、口に含んで」
「あのぉ~、コップの中、カラなんですけどぉ~」
「なくなっちゃいましたか。じゃあ、ちょっと待ってください」
なんと、バリュームのオカワリ状態になっちまいました。
ああ、ヤケで飲むんじゃなかった・・・こんなもん(失礼!)オカワリしてどうするんだよぉ?

さっき待っている間、前の人に対する声が聞こえていたましたが、技師さん確かに言っていましたよ。
「じゃ、最後にそのコップの中のものを飲み干してください。はい、そうです」
前の人、コップ1杯で済んでたんだ。

てなわけで、大盤振る舞いのここの病院は、私にたくさんの白いジュースを飲ませてくれました。
まな板の上のトドσ(^_^)は、汗だくで疲労困憊していましたとさ。

大盤振る舞いの病院さんは、全ての検査後、お昼まで出してくれました。
d0012611_23204033.jpg

私の『胃』は、驚いているでしょうね。
『今日は、色んな物が入ってくるんだなぁ』と。
つくづくその我が胃の存在を感じたお弁当の時間でありました。
そっちかい?
[PR]

by keshi-gomu | 2012-12-07 23:22 | 今日のデキゴト