8月28日 ≪梅ちゃん先生≫昭和32年にそんな洗濯機あったっけ?「洗濯物を横から入れるドラム式洗濯機」

昨日のNHK朝の連続ドラマ『梅ちゃん先生』の会話が気になって仕方がない。

家族で洗濯機の話をしているのだが・・・・

松子が「この間電器店を見たらドラム式洗濯機と言うのを売っていた」と言うのだ。

電機メーカー本社、工場、ショールームならいざ知らず・・・・

電器店でいくら展示しているだけだと言っても、横から出し入れするドラム式洗濯機が昭和32年の普通の商店街の電気店に置いてあるはずがない。

断言できる。

洗濯機だけ、そんなにすぐに進化したかぁ?

手回し脱水機から、先ずは脱水機のついた二層式に変わり、そこから水流がどうだのこうだの、洗濯ものが絡まないだの、カビないステンレスだの・・・歴史が順送りに進化してきて・・・全自動式が出て、ドラム式じゃなかったかぁ?

それも松子の言う「洗濯物を上からじゃなくて横から入れるのよ」型の洗濯機が出回りだしたのって、特に最近な気がするのだが。

ドラマを作る上で調べてないはずはないのだろうけど。

百歩譲って、ドラム式洗濯機は開発はされていたとしても、民間に売り出していたのかなぁ?

あんなに家族の会話に上るほどに浸透していないだろう。

昭和32年にそんな洗濯機が売られていたのなら、絶対に我が家にあったと思うよ。

新し物好きの両親だったから、昭和28年には我が家にテレビもあったしね。

我が両親が知らなかっただけなんだろうか?

それとも、我が父も、梅子の父同様、母の仕事が楽になることには無頓着だったのだろうか?

あ、・・・って以上親から聞いた話ですよ、昭和32年だなんて、MIKANの生れるず~と前のお話ですもの^m^
[PR]

by keshi-gomu | 2012-08-28 05:48 | 週刊テレビ批評