8月6日  オリンピック女子マラソン やっぱり寂しい結果ね

オリンピックの舞台は大変だと・・・・
あそこまで行って頑張っている選手はすごいと・・・
参加することに意義があるのも・・・・

分かっちゃいるんです、分かっちゃ・・・・

でもぉ~、ちょっと残念だったかな、女子マラソンの日本勢の結果は。
木崎良子選手の2時間27分16秒、16位が最高だったとのこと。

しかし・・・

*********高橋尚子の記録破られる…ゲラナが五輪新***********

 ロンドン五輪の女子マラソンで優勝したティキ・ゲラナ(エチオピア)の2時間23分07秒は五輪新記録。
高橋尚子が2000年シドニー大会で記録した2時間23分14秒が破られた。 

                    ***********2012年8月5日 読売新聞*********


優勝したゲラナ選手は「2時間23分07秒」、16位の木崎良子選手は「2時間27分16秒」。

なんと、「4分」しか違わないんですねぇ。

それで、MIKANに残念とか言われている。スミマセン。

やっぱり世界の壁って言うヤツなんでしょうか。

そう考えていくと、やっぱり高橋尚子選手はすごかったのかぁ。

数字は現実を浮き彫りにしてしまうものなのですか。

そして数字は、記録は破られていくものなのですね。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-08-06 00:01 | 今日のデキゴト