6月12日  『しりとり』は人生かな  こぶた・・・たぬき・・・きつね・・・ねこ

最近バイクに乗っていると、この歌が頭をよぎってしかたない。

♪こぶた・・・たぬき・・・きつね・・・ねこ♪

意味もなくこの繰り返しを歌っている。

しかし、「こぶた、たぬき、きつね、ねこ」って繰り返していると飽きてきて、

出てくる動物がまっとうすぎて面白くないので、

この2,3日は動物を替えて歌ってみることにした。

自分ひとりで『しりとり』をするのは案外難しいものだ。

何故って、考えているといろんな動物を思い出してしまうからだ。

他人が言い放てば1つの名前しか出てこないけれどね。

さて、

♪むじな・・・ナナフシ・・・しろさい・・・いたち♪

は、どうだろう?

♪むじな・・・♪と初めて、♪なぎら・・・♪といこうとしたのだが、動物のくくりではなぎら健壱は反則だものね。

♪むじな・・・なぎら・・・らいちょう・・・うそ♪ もちょっと好きだ。

ま、だいたいなんで『むじな』から始まるのかよく分からなけど。

♪貉・・・海鼠・・・蝙蝠・・・栗鼠♪も漢字で書くとよくない?

♪むじな・・・なまこ・・・こうもり・・・りす♪と、ひらがなにすると字余りがばれる。


『しりとり』って言うものは、哲学だ。

人生の縮図のように思えてくる。

岐路に立って、行く道の選択を誤るととんでもない方向へむかってしまうのだ。

むじなから始まって、いたちで終わってもりすで終わっても、似たようなものじゃないのと言われればそうなんだけどね。

人の尻を捕まえて頂戴してはそこに自分の思いつきをつなげていくのだから、無責任この上ないおちょくり方のようにも思えてくる。

人生の岐路に立って悩んだときは、ゆっくりと大いに悩んで行く道を決断しよう。

決して、50音の中から『なのつくもの』なんて選び方はしないように・・・ってか?

では、しりとり再開。

中学時代の先生のあだ名から出発。

♪かば・・・ばく・・・くらげ・・・ケサランパサラン♪

残念、『ん』がついちゃったから、おしまい!
d0012611_20334295.jpg

♪ほたるいか・・・かきフライ・・・・・・って、オイ!
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-12 20:09 | MIKANの部屋