6月8日  なんで親ツバメが子ツバメに冷たいのよっ

今朝、紹介したツバメの親子の写真です。

コンビニの壁に作られたツバメのお家です。

4羽のツバメの子供が口を大きく開いて親鳥に餌をおねだりしていました。
d0012611_21361875.jpg

ツバメは生きた餌を食べるのよねぇ・・・と見ていたら、親鳥が戻ってきました。

子供のツバメは鳴き声が一段と大きくなります。

ところが、親鳥は手ぶらの様子。

巣の端っこに止まったまま、中を覗こうとしません。

子供たちに見向きもしないのです。
d0012611_21323029.jpg

それどころか、ご自分の衣装の毛づくろいを始めました。

ツバメまで今時の風潮なんでしょうかねぇ・・・・
d0012611_2138461.jpg

と、ここまでは、今朝のお話でした。

実はこの続きがあるのです。

なんでこの親ツバメは、子供に餌をやらないの?

その決定的瞬間を写真に写すことができなかったので・・・

夕方もう一度、コンビニ壁のツバメのお家に寄ってみました。
d0012611_2140843.jpg

夕方には2羽寄り添って、アツアツカップル度を見せてくれました。

ほらほら、お話に夢中の2羽の親鳥です。
d0012611_2143519.jpg

^m^
ふふふ、ちょっと変だと思いませんか?このツバメの巣の向き。

本当はね、ここ『ツバメマンション』だったのですよ。
d0012611_21444041.jpg

朝見た巣は右側のお家。

親ツバメは、お隣の親だったのです。

なぜって、あれから左側のお家に飛び移ったのでした。(その決定的瞬間を写せなかった・・)

どうやらこのマンションの構造上、飛んできたツバメが右側の巣の方が止まりやすいと見えます。

一度右側のお家にお邪魔してから、左の自分のお家に帰ったツバメ。

お邪魔したら、手土産くらい持参したらいいのにねぇ。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-06-08 21:58 | どうぶつ奇想案外!