5月29日 『今夜も生でさだまさし』 いつも偶然に見てしまうのだ

何年前のことだったか、正月元旦になり、「ゆく年くる年」が終わったなぁ・・・とぼーっと思っていたら、突然さだまさしが画面に出てきたことがあった。

それが、初めての『年の初めはさだまさし』だった。

偶然に見てしまったのら。

さだまさしが中心の投稿ハガキを読むさだお得意のトーク番組。

なんだかだら~んとした面白い番組だった。

そこから始まった『年の初めはさだまさし』が何年か続いて、元旦の楽しみになったかな・・・と数年思っていたら。

気が付くと、正月じゃないのに深夜同じような番組が放送されるようになっていた。

番組名も変わって『今夜も生でさだまさし』になった。

季刊雑誌のようにたまに気が付くと放送されていた『今夜も生でさだまさし』は、今はいつのまにか毎月深夜放送されているようである。

各県を行きつくしたのかな?とうとう、この間はオレゴンまで行って放送していた。

さだまさし曰く「フジテレビではありません、NHKです。勇気あるNHKです」。

この番組の面白さはいつもさだが言ってしまう『商品名』。NHKなのにである。

「ネズミのキャラクター」や「猫のキャラクター」と言わなきゃいけないところを「ミッキーマウスね」とか「キティちゃんね」とか言うさだまさし。

そのたびに「それは商標登録名です」やら「意見には個人差があります」やらのコメントを入れるNHK。

そこんところが面白いのかもしれない。

もう一つ、MIKANはあのさだの両脇に座っている人が好きだなぁ。

右側の井上知幸(放送作家)と左側の 住吉昇(音響効果)。

特に井上知幸の人柄が大好きだ。

いい人間だなぁ・・・と、尊敬すら覚えて毎回見ている私である。

でもね。

「セロテープ」とも言えないNHK。

ドラマなら「毎夕新聞」や「大日ビール」などの小道具すら作成するNHK。

ただいつも不思議なのは、井上知幸が使っているノートパソコンの蓋にd0012611_043625.jpg
『白いリンゴ』マークが光っているのは許されるみたいだなぁ・・・

だから面白いのだろうね。




http://www.nhk.or.jp/masashi/    『今夜も生でさだまさし』  この番組・・・

なんだかよくわからない偶然(?)で、いつも見ているみたいなのよねぇ。σ(^_^)

      ※ 次は6月24日0:05から 『ギョギョ!宇都宮でギョウザいます!』  だそうです。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-05-29 23:06 | 週刊テレビ批評