5月21日  さあ、お天気は?『金冠日食』の日になりました

**********雲切れるの願う?「金環日食」さあ21日朝**********

 太陽が月に隠れてリング状に輝く「金環日食」が21日朝、九州から東北までの広い範囲で起きる。
 晴れる地域は19日までの予報よりは増える見込みだが、快晴とはならず、雲が切れるのを願って世紀の瞬間を待つ地域が多くなりそうだ。
 日本気象協会によると、近畿、東海と関東地方北部では晴れ間が出る。東京など関東地方南部は曇りの予想だが、雲の切れ間から薄日がのぞく可能性もあるという。
 曇り空でも太陽を直接見るのは危険だ。人の目には空を見続けているうちに、まぶしさを感じなくなる性質があるうえ、急に雲が薄くなって強い日差しを浴びると網膜が傷つく危険性もあるからだ。

                  **********2012年5月20日 読売新聞**********


さあ、今日になりました。

大騒ぎして待っていて、お天気が悪かったら日本国中・・・がっくし・・・ですね。

でも、まあまあ、予報では見ることのできるお天気のようですよ。

絶対に太陽は直接見てはいけないそうです。

今まことしやかに流れている話、『曇り空ならば・・・』なんてデマに惑わされてはいけません。

これだけ言っているMIKAN、大丈夫なんでしょうかね?

起きたら、「あらら、終わってた」なんてことになってませんかね。

2012年5月21日、東京では
金冠日食の初め・・7時31分59秒
食の最大・・・・・・・・7時34分30秒
金冠日食の終り・・7時37分00秒

でしたっけね。

さ、夜更ししていないで、寝ましょうか。
[PR]

by keshi-gomu | 2012-05-21 00:13 | 自然百景