5月14日  千葉の大手電器量販店は突然消える

電気機器を買おうとする場合、昔は行きつけの小売店だった。

MIKANの子供のころは八百屋さんや魚屋さんの隣に、『ナショナルの電器屋さん』『日立の電器屋さん』などがあり、電気製品を買いたければそこのお店に行って電器屋さんのおじさんに聞いたものだった。
その代り、子供のMIKANがテレビのつまみを色々いじってしまって色調整やらトーン調整やらをめちゃくちゃにしただけでも、電器屋さんに電話をかければ飛んできておじさんがなおしてくれた。
そんな時代だった。

東京からこの千葉に引っ越す時も、引っ越してからも、製品を買う時はそのおじさんのお店に電話をして持ってきてもらったし、直もしてくれた。
それが、突然おじさんは「お店をたたむ」と言ってきた。
そのころから台頭してきた電器機器量販店に小さな電器店は軒並潰されていった時代だったのだ。

千葉郊外にだんだんと増えてきたその量販店だが・・・
電器機器量販店に足を踏み入れていなかったMIKANは最初戸惑った。
どこも、入りづらかったのだ。
それでも偶然、今までの小売店の延長のような量販店がそばにあった。
店名を『第一家電』と言った。
白物家電と呼ばれる、冷蔵庫や洗濯機などが多く並び、東京の『電気屋さん』を思い出すようで『第一家電』には入りやすかった。
買う時も丁寧に説明をしてくれたし、修理も家にすぐにやってきては直してくれた。
子供のころから慣れていた電器屋のおじさんだった。

ところがこの『第一家電』は、突然店を閉めた。
跡地には、そのころ出初めの『マツモトキヨシ』が出店した。(こちらはまだ営業している)

さて、その『第一家電』もなくなり、電気製品を買うのにどこへ行ったらいいか、またMIKANは戸惑った。
店によって店員さんの雰囲気も違っていたからだ。
結局は説明をよくしてくれた『朝日無線』に落ち着いた。
そのうち『朝日無線』は『ラオックス』と社名変更し、その進撃はその頃ものすごいものだった。
大人になってきていたMIKANは、時代のバブルを追い風として、電気製品をたくさん買ったものだ。
パソコンは当然、オーディオ、テレビ、クーラー、果はマッサージ器に至るまで。
「おまえは嫁に行くのかぁ~」ってほど『ラオックス』で電気製品を買い込んでいたっけ。

それから何十年経ち。
行きつけのだった『ラオックス』の優しい店員さんが突然やる気がなくなった。
我々客にはいつものように言葉は優しいのだが・・・
仕事の意欲がなくなってるよぉ~・・・と思ったので「何かあったのですか?」と思わず聞いたことがある。
「まだ発表されていないんですけど、会社がなくなりそうなんです」と店員さん。
「え~、ラオックスがなくなるのぉ~?」

その後しばらくして、千葉の『ラオックス』は突然消えた。
今は中国最大手の家電量販店に買収されてしまっている。
秋葉原の店は中国人向けのお土産店と化してしまい・・・
あの秋葉原時代から有名だった『朝日無線』は"中国人のための会社"となってしまったのかぁ。
MIKANとしてはものすごく残念である。

もう一店舗、家の近くに昔からの量販店がある。
MIKANの家からしてみると、東の『ラオックス』、西の『コジマ』だ。(ただ、家と店の位置的な話)
「安さに挑戦!!」のあの『コジマ』である。
家のそばにできた頃、昔の『コジマ』は店のうたい通り、「あっちの店では同じ商品が10000円だったわよ」と言えば、「じゃぁ、9000円で」と本当に安くしてくれたものだった。
数年前から、「コジマさんでは、〇〇製品は10000円なの?あっちの店では9000円だったわよ」と言っても、「すみません、この値段で売るようにと言われています」となんとなくエネルギーがなくなってきていた。
1週間前、プリンターのインクを買いに行ったら・・・『なんだ?この静けさは?』と思うほど、客も店員もいなかった。
なんだか、一時期の『ラオックス』みたい・・・と思ったMIKAN・・・どうやら大当たりらしい。

**********ビックカメラ、コジマ買収で調整 業界2位規模へ浮上**********
家電量販店大手のビックカメラが、同業のコジマを買収する方向で調整していることが10日、分かった。コジマが6月に実施する第三者割当増資をビックカメラが引き受けることで調整しているもよう。
 家電量販業界ではビックカメラは5位。コジマは6位で、買収が成立すれば、売上高ベースでヤマダ電機に次ぐ、2位の規模に浮上する。家電業業界では、安値競争などで薄利多売の状況が続いており、両社は統合で経営の効率化を進めるとみられる。
                       **********産経新聞 5月11日(金)1時42分配信********


そうなんだ、店の最前線は一番こういうニュースの影響を受けやすい場なのか。
店員さんのやる気・・・これが、踏ん張りどころなんだけどね。

しかし、同じ買収でも、日本企業でよかったな。
頑張れ、『コジマ』。

どうも、MIKANは『〇マダ』商法が嫌いだ!
[PR]

by keshi-gomu | 2012-05-14 23:55 | 今日のデキゴト