人気ブログランキング |

3月17日  『ヒートテック』と『ヒートファクト』を一緒に洗ってみました

去年の冬、温かさを求めて『ヒートテック』を買いました。
初めて着た時の感想は、「1枚多くTシャツを重ねた感じ」とそれまでの普通の綿シャツの重ね着と似たような感触しかありませんでした。
ところが、そのまま寒い外気に飛び出して行っても寒く感じなかったのを覚えています。
綿シャツの重ね着では、くしゃみし放題だった寒さに耐えられました。

「ヒートテックって温かいじゃん。今年はこれで暮らしていこう」と決めたのです。
バイクに乗るMIKANにとっては最適と感じました。

しかし、温かいからと一冬着倒すことはできません。
洗濯しなくちゃ不衛生です。
洗い替えが必要になりました。

そんな矢先、スーパーで『ヒートファクト』が安く売られていました。
「似たような名前だし、似たような謳い文句だからヒートファクトを1枚買ってみよう」と洗い替えに買いました。
初めて着た時の感想は、「あ、こっちの方が温かい」と起毛のシャツをもう一枚重ねた感がありました。
ところが、そのまま表に出てみると寒くて仕方なかったのを覚えています。
家の中にいる時に着込むと温かいけど、バイクなんかでは風邪ひきそうでした。

寒さをしのぐために『ヒートテック』を着て外出する。
帰ってきた家の中では『ヒートファクト』で着ぶくれ予防。
それほど寒さが感じられない時は、『ヒートファクト』で出かけることもありました。
それを繰り返した去年の冬は、結局2枚を同時に洗ったことはありませんでした。
交互に使っていたのですね。

2年目の冬、去年の『ヒートテック』と『ヒートファクト』を引っ張り出してみました。
先ずは『ヒートファクト』の襟や袖口がよれていて、表に着ていくことは不可能になっていました。
完全に家着の下着じょうたいです。
『ヒートテック』にはよれはありませんでしたが、セーターの下に着込んでバイクに乗ると、去年ほどの暖かさが、あの頼りがいが失せていました。
「そうなんだね、ヒートなんたらは両方とも、冬の1年草みたいなもので、旬が過ぎたら終わるのだね」
そう実感した2年目の冬です。

仕方がありません、今年の冬も1枚ずつ購入しましたよ。

やっぱり新品はどちらも温かい。
「目が詰まって機能的にも進化してるんじゃないの?」って感じです。
我が家に『ウルトラなんたら兄弟』のように、『ヒートなんたら』も数が多くなってきたので、洗濯も交互ではなく同時にすることができるようになりました。

そして偶然、『ヒートテック』と『ヒートファクト』を一緒に洗ってみました。
そして偶然、同時に、同じように干してみました。
すると、なんと『ヒートテック』の方が半日くらい早く乾きました。
同じように干してるのに『ヒートファクト』には湿った感がいつまでも残りました。
今年が寒すぎるからなんでしょうかね?

ヒートなんたらの冬の戦いは、来年もヒートアップする一方のようです。
d0012611_4382161.jpg

by keshi-gomu | 2012-03-17 22:19 | 今日のデキゴト