12月25日 ホワイトクリスマス

下手な作文をお読みいただきありがとうございます。
ホワイトクリスマスがなんとなくロマンチックだと、物語の中で設定してみたら。
言ってみるものですよ。

本日、我が家の方では、雪が降りました。
物語のようにイブの夜ではなかったけど・・・本日25日午後3時ごろから4時ごろにかけて白いものが。
いっときは、「積もるのかしら」と思わせるほどの降りようだったのです。
ちょうど花をたくさん買ってきていざ植えようかと庭にいた時でした。

根が子供のMIKANは、もうテンションがすぐに上がります。
周りを見渡すと、だれ一人いない。
きっとクリスマスの日曜日、家族で家の中なんでしょう。

これは近所の仲間にお知らせすべきだと・・・
携帯を取り出して、家の中にいる主人に電話をかけました。
「雪が降ってきたよぉ~、ホワイトクリスマスになったねぇ~」と、ものすごく大きな声で。
主人に知らせたかったわけではありません。
大きな声で言いたかったのです、近所の仲間に。

ふふ、出てきました、出てきました、近所の小学生が。
雪を喜ぶのは、小学生ですよね。

そうとは知らない家の中の主人は、
「そうかぁ、どうりで寒いわけだ」と言って携帯を切りました。
炬燵の中の大人は雪なんぞで表に出てくるわけがない。
我が家の場合、犬すら出てこない。

「雪」の単語に反応するのは、子供たちとMIKANさん。

ホワイトクリスマスの歌を口ずさみながら、ガーデニングに取り組みました。
・・・って、濡れながらかい?

d0012611_19115785.jpg

雪がつもったら、スノーマンですよね。
可愛いでしょ。
d0012611_1913495.jpg

スタバのクリスマスバージョンです。


       ・・・・・つづくって書かなくていいのか・・・久々の普通のブログでした。
[PR]

by keshi-gomu | 2011-12-25 19:14 | 今日のデキゴト