11月29日 お土産に『風邪』はいかがですか

お見舞いに行ってきました。

病院と言うところは、手ぶらで帰すようなことはしないのですね。
ご丁寧にお土産をいただいてきました。

表書きに『風邪』と書いてありました。

なんだか熱っぽいし・・・と思ったので、風邪薬を買うことにしました。
病院帰りに市販の風邪薬を買う・・なんとなく矛盾。

世の中、そんなもんです。(どんなもんなじゃい?)

風邪薬を飲むと風邪をひくという・・星新一の短編小説がありましたが。

風邪薬が効くか、効かずに本格的に風邪にのめり込むかの分かれ目は、風邪薬を飲み始めるタイミングに寄るんですよね。
風邪と体力との根競べに、風邪薬がその手助け役に間に合うか・・・・ってことなんでしょうね。
下手すりゃ、体力の手助けせずに、風邪の手助けしちゃったりしてね。

もうひとつ。
風邪薬が『変身』をして、効かなくなるってこともあるみたいです。

いつも風邪をひくと、「これを飲めばなおるぞ」と言う、MIKAN御用達の風邪薬があるのですが・・・
この冬、その風邪薬が変身をしました。
なんだか、その変身のせいで、効果が薄れた気がしたので、薬剤師さんに聞いてみました。

すると・・・私の感があたっていました。
今年の冬、この薬は大変身をしたそうです。
のどの痛みに効くように、新しく『トラネキサム酸』と言うものが多量に入ったとのこと。
よく聞く成分の名前ですね。
新しい変身後の風邪薬は咳やのどの痛みに焦点をもっていったようです。
d0012611_1935561.jpg

今はあんまり喉は痛くないけれど・・・
さて、この『新』風邪薬、私には効くのでしょうか?
[PR]

by keshi-gomu | 2011-11-29 19:36 | 今日のデキゴト