10月29日 戦い済んで・・

新幹線で有楽町あたりの夜景が見えてくると・・・
「帰って来たねぇ」と決まって言うMIKAN。
帰ってきた気がするのよ、まだこれから総武快速に乗らなきゃならないけど。
そして、津田沼のタクシーに乗ると・・・
「現実だねぇ」とこれまた決まって言うMIKANなのであった。

一晩明けて、体重をこわごわ計る。
あれだけ飲んで、好き放大食べて、夜のフルコースは腹をさすり、朝のバイキングは限界に挑戦。
さぞかしウエイトは行くところまで行っているだろう・・・と思っていた・・が。
なんと、このところの私の体重の内、最少ウエイトだ。
あれれ?

そうかぁ、体重を減らすのは食べるものじゃないんだ。
くたくたになるほどの運動量なんだ。

そうである、本日、足はもとより腰も立たない。
全身クタクタだし・・・
上ったものねぇ、石段。
歩いたものねぇ、史跡。
旅は、思ったよりもMIKANを動かしているようだ。

そう言えば、竹生島でお土産物屋さんの女将さんと話したっけ。
石段が多くて大変だという話で・・・
「私は、今日はえらいんですよ。これだけの石段を上がったのだから」
と、いつものように自分を褒めていた。
すると、女将さんが、
「いやぁ、お年寄りでも若い人でも、ここの石段はえらいですよ」
と、返してきた。

あ、そうかぁ。
『えらい』って言葉は、関西の人にとっては『大変』とか『きつい』ってことだった。

それに普通は自分を『偉い』って褒める人いないしね。σ(^_^;私くらいか。
この地域性ギャップと話のスムーズなズレがムショウニ楽しい時間だった。
これも楽しい旅の思い出だ。
d0012611_21593550.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2011-10-29 22:01 | 今日のデキゴト