10月28日 国宝彦根城に行ってきました

無事、本日は2便しかない船の帰りの便に乗り込むことができました。
さて、一度ホテルに帰って昼食をとって、午後は彦根に向かうことにしました。
タクシーに乗って彦根に向かいます。
運転手さんも観光の人間だと分かると親切です。
「ここは、琵琶湖で一番長いところです。23キロありますよ」とか・・・
いろいろとその場所を説明してくれながら走ってくれます。
観光タクシーじゃないのにね。
あっという間に到着。

電車では待ち時間が長いからね、ちょっと楽しました。
(と、言うものの我が千葉京葉線より電車の本数は多いです)

今度は彦根城を見学です。
国宝の彦根城を主人がどうしても見たいというのです。
昨日は海洋堂を突き合わせたからね、今度は付いていきますよ。

d0012611_20524797.jpg

d0012611_20531851.jpg

とはいうものの疲れ切ってきたMIKAN。
写真の枚数も少なくなってきました。
ま、写真を写してはいけないところばっかりでもありましたがね。
おや、本当に疲れてるのね、お城が傾いて写ってる。

城は天守閣まで登らなきゃ意味かない。
老若男女、頑張って登っていました。
天守閣は攻め落とされたら終わりですものね。
その内部の階段は、人が上りにくく(敵が攻めにくく)出来ています。
つらい階段でしたよ。

しかし、上り詰めてみると気持ちがいい。
天守閣で井伊の殿様は何を考えていたのだろうと思いました。
天守閣一番上のまん真ん中でMIKANは大の字になって寝そべりました。
え?そばに人はいないのかって?
いますよぉ~、ものすごい数の観光客が。
気にしない、気にしない。
井伊家の殿様になりたかったんですから。
高い天井を見上げて大の字になって寝ころぶと「人間小さくちゃいけねぇ~」と思いますよ。(MIKANは態度がデカすぎだろって?)
彦根城天守閣の屋根裏にロフトがありますよ。(うふ、私だけが知っている)
この上に忍びの者がいたりして・・・ロマンだなぁ。

そう、一人珍しい女が天守閣で大の字になっていると、側を通る観光客は不思議なもので、『見なかったことにしよう』と避けているようでした。
もう一人、うちの主人はと言えば、もっと変わっていて、寝そべっている私に声をかけてきます。
ふふ、『あの人は、僕とは関わりありません』って態度するかと思ったのに・・(慣れ?)
おかしな夫婦です。
d0012611_2125316.jpg

[PR]

by keshi-gomu | 2011-10-28 15:43 | 日本の車窓から